カフェオレと君と私

作者 きつねのなにか

なんとなく、寂しいところが、いいところ。

  • ★★★ Excellent!!!

心地よいショートショート作品です。

雨月物語を連想させますし、こういった作品はわりとよくあるという印象をうけるかもしれません。
実際たくさん読んだ気がします。

ですが勘所を押さえ、読者に空想の余地を与えていることで、とても広がりのあるものとなっています。

なんとなく寂しいところも素敵です。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

まず、わたしの読解力を高い棚にあげてから、お話ししようと思う。
最初に読んだ時、なにかラストに納得出来ないものを感じていた。
唐突にそのラストなの?そんな思いを。

その後、短いお話だからともう一度… 続きを読む

キタハラさんの他のおすすめレビュー 158