カフェオレと君と私

作者 きつねのなにか

詳細な説明の一切いらない、ただ愛おしく温かい物語。

  • ★★★ Excellent!!!

あれこれと詳細な説明の一切いらない物語って、あるんだなあ。そう思いました。

甘い、苦い。痛い、悲しい、愛おしい。
全ての感情が溶け込んだ、熱いカフェオレ。
ただ、胸が、ぎゅううっと。
この上なくシンプルで、淡々と——それでいてどんな詳細な描写よりも一言一言が胸に訴えかけてくる不思議。

静かに湧き上がる熱いものに、胸が震える掌編です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

aoiaoiさんの他のおすすめレビュー 674