あかときのうた

作者 八住 とき

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全77話

更新

  1. 序章 開幕を望む世界
  2. 沈黙の文字 その一
  3. 急啓
  4. 沈黙の文字 その二
  5. 太神伝承
  6. 一の節 鮮血の獣。
  7. 二の節 運命の双刃・運命の双璧。 その一
  8. 三の節 運命の双刃・運命の双璧。 その二
  9. 四の節 少年、二人。
  10. 沈黙の文字 その三
  11. 八番目の世界・レーフ。
  12. 第一章 鳴動する世界
  13. 五の節 シザーレ眞導都市。
  14. 六の節 交流会。
  15. 七の節 思い、分かたれる事なく。
  16. 八の節 八聖・璜準太師。 その一
  17. 九の節 八聖・璜準太師。 その二
  18. 十の節 神獸族・絽候。 その一
  19. 十一の節 神獸族・絽候。 その二
  20. 第二章 選択する世界
  21. 十二の節 邂逅。
  22. 十三の節 再会の白薔薇。 その一
  23. 十四の節 再会の白薔薇。 その二
  24. 十五の節 切願の果て。 その一
  25. 十六の節 切願の果て。 その二
  26. 十七の節 シザーレ眞導都市、陥落。
  27. 十八の節 絽候と、初めての戦場跡。
  28. 十九の節 雌伏の都。
  29. 二十の節 シザーレ眞導都市、解散。
  30. 二十一の節 問われる生命。 その一
  31. 二十二の節 問われる生命。 その二
  32. 二十三の節 問われる生命。 その三
  33. 二十四の節 根無し草の行方。 その一
  34. 二十五の節 根無し草の行方。 その二
  35. 第三章 糧を得る世界
  36. 二十六の節 サン・バステアンの攻防。 その一
  37. 二十七の節 サン・バステアンの攻防。 その二
  38. 二十八の節 サン・バステアンの攻防。 その三
  39. 二十九の節 サン・バステアンの攻防。 その四
  40. 沈黙の文字 番外編
  41. 璜準の憂鬱。
  42. 三十の節 フローリオの、飛べない歌姫。 その一
  43. 三十一の節 フローリオの、飛べない歌姫。 その二
  44. 三十二の節 フローリオの、飛べない歌姫。 その三
  45. 三十三の節 働くと言う事。 その一
  46. 三十四の節 働くと言う事。 その二
  47. 三十五の節 働くと言う事。 その三
  48. 三十六の節 働くと言う事。 その四
  49. 三十七の節 落日の、フィーツ・ワイテ帝国。 その一
  50. 三十八の節 落日の、フィーツ・ワイテ帝国。 その二
  51. 三十九の節 洋々たる、ダンターシュ。 その一
  52. 四十の節 洋々たる、ダンターシュ。 その二
  53. 四十一の節 洋々たる、ダンターシュ。 その三
  54. 第四章 進み行く世界
  55. 四十二の節 カヤナ大陸・ルリヒエリタ。 その一
  56. 四十三の節 カヤナ大陸・ルリヒエリタ。 その二
  57. 四十四の節 ハドの決意。 その一
  58. 四十五の節 ハドの決意。 その二
  59. 四十六の節 ハドの決意。 その三
  60. 四十七の節 ハドの決意。 その四
  61. 四十八の節 夜明けの綺想曲。 その一
  62. 四十九の節 夜明けの綺想曲。 その二
  63. 五十の節 夜明けの綺想曲。 その三
  64. 五十一の節 夜明けの綺想曲。 その四
  65. 五十二の節 可愛いは、一騎当千。 その一
  66. 五十三の節 可愛いは、一騎当千。 その二
  67. 五十四の節 可愛いは、一騎当千。 その三
  68. 五十五の節 可愛いは、一騎当千。 その四
  69. 五十六の節 無い腹の探り合い。 その一
  70. 五十七の節 無い腹の探り合い。 その二
  71. 五十八の節 無い腹の探り合い。 その三
  72. 五十九の節 無い腹の探り合い。 その四
  73. 六十の節 無い腹の探り合い。 その五
  74. 六十一の節 鬨の奮え、風の謳い。 その一
  75. 六十二の節 鬨の奮え、風の謳い。 その二
  76. 六十三の節 鬨の奮え、風の謳い。 その三
  77. 六十四の節 鬨の奮え、風の謳い。 その四
  78. 六十五の節 夕餉は照柿色に染められて。 その一
  79. 六十六の節 夕餉は照柿色に染められて。 その二
  80. 六十七の節 馬車は、愛の伝道師を乗せて走り行く。 その一
  81. 六十八の節 馬車は、愛の伝道師を乗せて走り行く。 その二
  82. 六十九の節 自由を語りたがっている伝道師は、目的地で下車する。 その一
  83. 七十の節 自由を語りたがっている伝道師は、目的地で下車する。 その二
  84. 七十一の節 華麗なる王者、プラッティン・マクシム・カネル。 その一
  85. 七十二の節 華麗なる王者、プラッティン・マクシム・カネル。 その二
  86. 七十三の節 華麗なる王者、プラッティン・マクシム・カネル。 その三