魔王になりたい俺の友は善人として称えられる

作者 狼煙

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全120話

更新

  1. 魔王になりたい俺の友は善人として称えられる
  2. 第1話 魔王になりたかったのはヴァン
  3. 1ー① ついにこの時が来た……
  4. 1ー② この世界には2つの種族が存在する。
  5. 1ー③ 寒いんだよ痛いんだよ辛いんだよ!
  6. 1ー④ これだって一兆歩くらい譲ってるからな
  7. 1ー⑤ 生徒会長とは何か?
  8. 1ー⑥ もっと誉められろ崇められろ!
  9. 1ー⑦ 手をはなさなけりゃいいんじゃねーの?
  10. 1ー⑧ せんぱいはピエロ萌えてことですね!
  11. 1ー⑨ 砲台?
  12. 1ー⑩ 一切合財含めた森羅万象の全てが分かりました!
  13. 1ー⑪ ヴァンの奴が一番成長することがねぇよ
  14. 1ー⑫ しかしそれは過ちである
  15. 1ー⑬ 世の中の皆が幸せでありますように……
  16. 1ー⑭ 兆里眼とさえ言っていいですよ!
  17. 第2話 不良と喧嘩したのはヴァン
  18. 2ー① ちょっとエッチな本持ってきただけだぞ!
  19. 2ー② さすが会長!
  20. 2ー③ 俺へ! 俺に! 俺が! 俺を!
  21. 2ー④ 女子供の入り込む世界ではない
  22. 2ー⑤ 『思っていた』に変える気か!
  23. 2ー⑥ その位置がちょうどいい
  24. 2ー⑦  何か反論はあるか?
  25. 2ー⑧ あなた方を裁きに来た
  26. 2ー⑨ いいぜ、やろう
  27. 2ー⑩ 本当に欲しいのはそれですか?
  28. 2ー⑪ 気持ちよさそうだったなぁ!
  29. 2ー⑫ 男は誰しもそういう風に言って話をごまかす
  30. 2-⑬ どうしてせんぱいはお尻を擦っているんですか!?
  31. 2-⑭ 許せミリア
  32. 2-⑮ お前に愛の海で溺死して欲しい
  33. 2-⑯ 伝説ののぞき穴の場所も知っているのか!?
  34. 2ー⑰ ……なんと出来のいい菓子だ
  35. 2-⑱ 今俺は生徒会長さんが欲しいんだ
  36. 2-⑲ だって私たちは青春ですよ!
  37. 2-⑳ なら打つべき手は……
  38. 2-㉑ 俺が俺であるのは……!
  39. 2-㉒ 折れてしまっては困る!
  40. 2-㉓ だってヴァン会長だもん
  41. 第3話 罠に嵌められたのはグレイ
  42. 3-① 後は明日になれば……
  43. 3-② お前の顔が見られる今の席が一番好き
  44. 3-③ もし言ったのなら何でもしますよ!
  45. 3-④ 生涯の恥
  46. 3-⑤ だが金がなきゃ何が出来る?
  47. 3-⑥ お前と、したい
  48. 3-⑦ だけど誰しも愛されないと歪んじまうんだよ
  49. 3-⑧ 恋人持ちは死ぬべきだって!
  50. 3-⑨ 5年後って未来じゃないんですか!
  51. 3-⑩ 今からせんぱいの家にお邪魔しますね!
  52. 3-⑪ それが世界の意志だからだ!
  53. 3-⑫ あんた思いのほか悪党だな
  54. 3-⑬ これからの勝負、見ていてくれ
  55. 3-⑭ 大負けに負けて頸椎で許すぞ
  56. 3-⑮ 強えけど、負けたくねえ!
  57. 3-⑯ 俺はこんなことでしか差を埋められねえんだ!
  58. 3-⑰ それしか道はねえんだ!
  59. 3-⑱ 勝者なき戦場、か……
  60. 3-⑲ 勝ち組ども爆発しろ!
  61. 3-⑳ あんなわけわからんお笑い自己満足集団!
  62. 第4話 妙な奴に気に入られたのはグレイ
  63. 4-① 洗剤を飲みこんでは無意味そのものだな
  64. 4-② 王ではない! 魔王だ!
  65. 4-③ あたしが突っ込み役じゃないですか!
  66. 4-④ だからお前はお前の仕事を果たしてこい
  67. 4-⑤ お前がさみしいときはいつでも俺が抱きしめてやる
  68. 4-⑥ 今日中にできたら特別にグレイ本体が無料で付いてくるぞ
  69. 4-⑦ ……悲しいけど惹かれている俺がいる!
  70. 4-⑧ 『今じゃない』とは言わなかった!
  71. 4-⑨ 背徳的かつ征服的、嗜虐的行いなんて最高だと思わないかしら
  72. 4-⑩ 私が決めたの。私は偉い神様なんだって
  73. 4ー⑪ 光には影が付き添うものよ
  74. 4-⑫ 矛盾してんだよあんたの主張は!
  75. 4-⑬ 大丈夫よ、死なないから。肉体が消滅するだけだから。
  76. 4-⑭ 親子間で猥談ってするのか?
  77. 4-⑮ 少しは恥ずかしさってのをもったらどうですか!
  78. 4-⑯ でもミリアを無視できないよな……!
  79. 4-⑰ 私はいつでも座れるものなので、ありがたみもありませんのでね
  80. 4-⑱ この人は俺を心底理解してくれている……
  81. 4-⑲ 私が悪であることを。魔王になろうとしていることを
  82. 4-⑳ 俺悪人認定! 魔王確定!
  83. 4-㉑ な、何だってー!!!
  84. 第5話 止めを刺したのはミリア
  85. 5-① 『無視は愛情の反対』なんだよ
  86. 5-② また会おう
  87. 5-③ それはお前以上の友はいないということだ
  88. 5-④ 全部経験できるのが友達なんだよ
  89. 5-⑤ それを守り通そうとする俺はもっとアホだな
  90. 5-⑥ 友達が困ってるとき、能天気に学校には行けねえよ
  91. 5-⑦ 俺は昔から可愛げのない男だったが、老けてはいなかったぞ
  92. 5-⑧ 骨より痛い布様の一撃をくらいやがれ!
  93. 5-⑨ これからもお前以上は、いない
  94. 5-⑩ 生徒会! 生徒会! 生徒会! 生徒会! 生徒会!!
  95. 第6話 魔王になろうと開発したのはヴァン
  96. 6-① 皆……勝つぞ!
  97. 6-② 最高だ! 彼女にしたい! 結婚したい!
  98. 6-③ てめえ悪魔だ! 魔王だ!
  99. 6-④ その傷心は彼女が慰めてくれるさ
  100. 6-⑤ 早速ブルマを履いてせんぱいの前に参上しますね!
  101. 6-⑥ つまりブルマは下着なんです!
  102. 6-⑦ ……一体お前らは何の議論をしているんだ?
  103. 6-⑧ 何1つ分からないことが分かったぞ!
  104. 6-⑨ お願い! そのままの君でいて!
  105. 6-⑩ あなたは花瓶に牛乳を注いで飲むの?
  106. 6-⑪ 汝その名は、ケガスクワー!
  107. 6-⑫ 本命はこれなんだよ!
  108. 6-⑬ 俺の得意技は気に食わない奴はぶちのめす!
  109. 6-⑭ ふざけてるけど、こいつ本気で強いぞ!
  110. 6-⑮ 強大な力を持つものは、強大な力そのものが弱点なんだ
  111. 6-⑯ 最初に言ったよなぁ……俺の得意技……!
  112. 6-⑰ 勝ちました! ヴァン会長大勝利!!
  113. 第7話 『社会』の厳しさを知ったのはグレイ
  114. 7-① せんぱいの膝枕の前には塵芥にも等しいですよ!
  115. 7-② せんぱい! 会長! 提案がありまーす!
  116. 7ー③ すいませーん、また反面教師でーす
  117. 7-④ もしどうしても当たり散らしたいんなら俺にしろ
  118. 7-⑤ 優しく暖かくていっつも近くで感じてるせんぱいの……
  119. 7-⑥ 誰か助けてくれえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!
  120. 7-⑦ 僕も明日の朝食から皮付きの小麦を食べるようにします!!
  121. 7-⑧ 『社会見学』と言っていながら本当に私達は『社会』を見ているのだろうか?
  122. 7-⑨ 満身創痍となった俺を病院に担ぎ込んだのは誰だ!
  123. 7-⑩ ………………グレイ、助けてくれ
  124. 7-⑪ 失礼に対するお詫びとして今日から3日間は祝日にするわね
  125. 7-⑫ ところで結婚か養子か甥か義父のどれがいいのかしら?
  126. 7-⑬ あなたは、私に何を隠してるの?
  127. 7-⑭ 何故分かった!!
  128. 第8話 ヴァルハラント学校の日常を見てきたのはウドツカヴ
  129. 8-① 私は早速彼の後援会を始めようかとさえ思うのよ

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!