ぼくらの冒険譚

作者 しちみ

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全93話

更新

  1. Ⅰ はじまりの冒険譚
  2. 序章
  3. 小さな事件
  4. 第一章 少女は今日も嵐を起こす
  5. 1 事件のあと
  6. 2 奔走のち、遭遇
  7. 3 ヴェローネルの便利屋
  8. 4 契約
  9. 5 冒険のはじまり
  10. 第二章 魔窟の銀色
  11. 1 方陣と隠されていたもの
  12. 2 遺跡の地下
  13. 3 魔の影
  14. 4 散らばる謎と銀の腕輪
  15. 5 苦悩、あるいは願い
  16. 第三章 それぞれの傷
  17. 1 突撃
  18. 2 小鬼と火
  19. 3 暴れん坊
  20. 4 呪い
  21. 第四章 光の下に誓う
  22. 1 真実の断片
  23. 2 銀色の獣
  24. 3 信じること、寄り添うこと
  25. 4 最期の輝き
  26. 5 新たな一歩
  27. 終章
  28. 彼らの日々
  29. Ⅱ 闇の五芒星
  30. 序章
  31. 真夜中の黒と白
  32. 第一章 出会いと波乱の馬車の旅
  33. 1 六月の暮れ時
  34. 2 馬車に揺られて
  35. 3 黒い盗賊
  36. 4 見えない壁を知った日
  37. 5 救いの黒
  38. 第二章 ポルティエの夜と朝
  39. 1 夢と現と憂鬱と
  40. 2 彼らが背負うもの
  41. 3 新たな依頼
  42. 第三章 星の檻
  43. 1 地上に輝く星六つ
  44. 2 草木の狭間を巡る
  45. 3 黒と白、再び
  46. 4 狂気と理知
  47. 5 答えを探して
  48. 終章
  49. 薄曇りの空の下
  50. Ⅲ われら少年探検隊
  51. 序章
  52. 野花の町の少女
  53. 第一章 噂の編入生
  54. 1 再会
  55. 2 晴れのち雷鳴
  56. 3 暗い感情
  57. 4 ひとめぼれ
  58. 第二章 探検
  59. 1 幽霊屋敷
  60. 2 声
  61. 3 崩れて、落ちる
  62. 4 地下室の獣
  63. 第三章 絆のかたち
  64. 1 小さな勇気
  65. 2 灰色の仔
  66. 3 友達
  67. 4 芝居
  68. 終章
  69. 太陽のささやく日
  70. Ⅳ 栄華の都と幻影竜
  71. 序章
  72. 白き翼の戦士たち
  73. 第一章 豊穣節
  74. 1 祝日の前
  75. 2 旅は道連れ
  76. 3 動きだす人々
  77. 第二章 華やかなる都
  78. 1 王都の姿
  79. 2 青年と軍人たち
  80. 3 情報院
  81. 4 青い玉
  82. 5 二日目の朝
  83. 第三章 交わる三色
  84. 1 黄色い玉
  85. 2 赤い玉
  86. 3 後始末のさらに後
  87. 4 記憶の色と玉の色
  88. 5 最後の玉が呼んだもの
  89. 第四章 まがい物の獣
  90. 1 やるべきこと
  91. 2 魔女の《爪》
  92. 3 黒い竜との戦い
  93. 4 剣舞の魔術師と剣(つるぎ)の獣
  94. 5 虚ろなる像を映すもの
  95. 6 紅玉を貫く
  96. 7 隠された歴史
  97. 終章
  98. 祝祭
  99. Ⅴ 帝国の遺産
  100. 序章
  101. 暗がり
  102. 第一章 子どもたちの戦い
  103. 1 放課後の遭遇
  104. 2 青年の調べ物
  105. 3 自由の条件
  106. 4 南の遺跡
  107. 第二章 暗中模索、道の途中
  108. 1 盲亀浮木、ちいさな二人
  109. 2 和気藹々、食堂にて
  110. 3 朝真暮偽、人の心
  111. 4 一期一会、その先に
  112. 第三章 罪と誓い
  113. 1 岩と方陣
  114. 2 地下と地上
  115. 3 逃亡者と家紋
  116. 4 言葉と証
  117. 終章
  118. 終わりの前に
  119. Ⅵ 無色の魔女
  120. 序章
  121. 黒羽の鴉
  122. 第一章 終わり、はじまる
  123. 1 音のない予兆
  124. 2 年の瀬のこと
  125. 3 影はあれども姿を見せず
  126. 4 年の明け
  127. 第二章 進級試験
  128. 1 おかしな一日目
  129. 2 クレマンの戦い

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!