語りし者はさいわいなり

作者 島野とって

言葉の意味――ゴーレムを通じて語りかけてくるファンタジーSF大作。

  • ★★★ Excellent!!!

現在、7 - 2 『完全言語』まで読ませていただきました。
人類が絶滅に貧した世界。その中でどうにか社会を成り立たせるために造られたゴーレム。人によって造られたゴーレムだが、そこに至るまでの経緯と理論は目を瞠るものがありました。
そして読み進めていく内に明らかになる真実、そして作者がテーマに据えた物語の根幹が見えてきた時、思わずニヤリと頷いてしまいます。
読みやすい読者に配慮した文章もいいですが、何より世界観構成が頭一つ飛び抜けています。

続きもまた楽しみに読ませていただきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

素晴らしい大作です。ゴーレムが出てくるということでファンタジー的なものを想像するかもしれませんが、すさまじいスケールのSF作品です。終盤からラストにかけて次々と明かされる真実には鳥肌が立ちました。読… 続きを読む

誠澄セイルさんの他のおすすめレビュー 49