マリファナのマリー

作者 鹿路けりま

39

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

幻想的な出だしから始まる二人の愛のカタチ

地の文に綴られる主人公の気持ちが痛いほど伝わってきます

あまりにも哀しくて、切ないマリーとのふれあいなのですが

主人公が依存していたのはマリファナではなく

マリーの愛だったのだと思います。

こんな引き込まれる物語を読ませて頂き、ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

飾らない言葉で主人公の心を最後まで純粋に書き綴った作風は、私には書けないなと思わず脱帽しました。悲しい物語ではありましたが愛もマリファナも共通点があり、心を癒やしたり依存し合ったり、視点をどこに置くかで意味合いも大きく変わります。
そんな中で自分の弱さや過ちを経て、マリーへの想いを貫く姿は感動でした。次回作も期待しております。