語りし者はさいわいなり

作者 島野とって

亡き兄の面影を残すゴーレムは何を語るのか。圧倒的知識に裏打ちされたSF

  • ★★★ Excellent!!!

 甚大な被害をもたらした『破局』の後の世界。
 その後人類は衰退の一途をたどっていた。
 復興に思うような人材が確保できず、土くれで構成されたゴーレムが労働力になっている。
 ゴーレムはともすると暴走を起こす。家族を喪い一人で暮らすヒロインヘレナ。
 彼女の窮地を救ってくれたものとは。
 錬金術の過程で生み出されたとされるゴーレム。
 その動力源、動く理由をファンタジーではなく、数学的証明で解説していく本作。
 先生や師匠に提示される説話によって、新たな事実が展開されていくのには唸らされます。

 兄によく似たゴーレム。ヨゼフと名付けられた彼との出会いはヘレナにどんな変化をもたらすのか。

 豊富なSF知識が活かされたロジカルなSFをどうぞ。

 (ちゃんと、巨大戦もあるよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

星村哲生さんの他のおすすめレビュー 508