語りし者はさいわいなり

作者 島野とって

「言葉」をテーマとする壮大なる物語

  • ★★★ Excellent!!!

この作品は「言葉」を題材としているんですが……それにふさわしい文章力。風景描写が美しく、感情表現は繊細で、戦闘場面は迫力満点。

小説という「言葉で作られた作品」で、あえて「言葉」をテーマにする。これはものすごく難しいはず。そこに対する挑戦心がすばらしいし、それを見事に完成させている実力に脱帽。

作中に出てくる論理展開も丁寧で、言葉と論理に対する作者さまの真摯な姿勢が伝わってきます。

そして伏線とストーリー構成がめちゃめちゃ上手く、終盤の盛り上がりがすごい。物語が加速していく。

小説だからこその作品、圧倒されるSFです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

イマ猫|作品紹介エッセイさんの他のおすすめレビュー 163