ふたりぼっちの星の家

作者 ここのえ九護

生きていくには希望がいる、切なさで心が溢れる終末系SF

  • ★★★ Excellent!!!

人は一人では生きてはいけない。でもそれなりに生き延びることはできる。でも……最後にはやっぱり寂しくなるんだなと、そんなことを考えながら読ませていただきました。
それが愛だったのかは分かりませんが、情から生まれるものも確かにあります。出会えた二人がいつまでも幸せに過ごせたら……。
そんな切なさいっぱいの作品でした。

余談ですが、新海誠監督作品に出てきそうな気がしました(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

誠澄セイルさんの他のおすすめレビュー 49