語りし者はさいわいなり

作者 島野とって

中世ファンタジックなSF超大作

  • ★★★ Excellent!!!

神の文字が刻まれた泥人形ゴーレム。
現代人はおそらくコンピュータにプログラムを書き込むような感覚で理解できるでしょう。
ファンタジーの雰囲気を保ちつつも「SF」と銘打つだけあって
様々に科学的な裏付けがなされていて、贅沢です。
どんどん広がっていく世界に引き込まれました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

素晴らしい大作です。ゴーレムが出てくるということでファンタジー的なものを想像するかもしれませんが、すさまじいスケールのSF作品です。終盤からラストにかけて次々と明かされる真実には鳥肌が立ちました。読… 続きを読む

友浦乙歌@『雨の庭』8月1日発売さんの他のおすすめレビュー 164