バイト先の激カワJKに二股されたら美人すぎる人妻に迫られてるんだけど、これって俺のせい!?

作者 創つむじ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第57話 表と裏の確かな千思万考へのコメント

    男の子たちは愛華さんに良いところを見せようと必死ですね(笑)そして父親に会いに行くではなく父親の会社を見に行く?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    男の子で特に兄弟がいる場合、とりあえず自己主張して優れてることをアピールしたがりますし、相手が綺麗なお姉さんであれば尚更なのかと思います(笑)
    これまで作中ででてきた揉め事に比べると微笑ましく、愛華さんもそんな中で上手くやれそうな一面が見られて、益々ホッとする回でした。
    陽葵ちゃんはじっくり様子見してる印象ですが、彼女とのやり取りで蒼葉くんが会社を見に行く意思が示唆されましたね。
    これにつきましては次回詳しく明かされますが、彼らにも色々と考えがあるみたいです。
    初日から度重なるイベントで石切一家それぞれの人物像がだいぶ明るみになりましたが、残るお父さんは一体どんな人で、蒼葉くんは今何を思ってるのか、その辺りもどうぞお楽しみください☆

    2022年7月3日 19:40

  • 第56話 それは秘めた後悔と走り方を今…へのコメント

    例えどんな夫婦であろうとも、最終的にどんな決着にするかは二人にしか決められ無い事だからね……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    第三者として、そして現在のパートナーとして思うところがあるにしろ、やはり夫婦間の問題に口出しするには限度がありますね(汗)
    妹によって蘇った過去から、ずっと蒼葉くんが漠然とモヤモヤしてた部分がハッキリしたわけですが、ちょっとだけ食い違う二人の思いは仕方がないのかもしれません。
    自分が被害者だった時の妹の視点から、現在の加害者への怒りをどう飲み込むか考えた蒼葉くん。
    夫婦の問題に周囲を巻き込んでる後ろめたさを持ちつつ、夫婦としての決着を望む愛華さん。
    環境が変わって心境にも変化が起こりそうですが、どう折り合いを付けながら課題をクリアしていくのか、ぜひご注目ください☆

    2022年7月2日 21:50

  • 第56話 それは秘めた後悔と走り方を今…へのコメント

    蒼葉くん昔から向こう見ずで危なっかしかったんですね……わかる気がします。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    これまでの蒼葉くんを見てると、いかにもやってそうな危なっかしさですよね(笑)
    彼の場合は穏やかに見えて、実は内面に熱いものを秘めてるからこそ、不安にさせる行動が目立ってしまうのかと思います。
    それをよく理解してる家族からすれば気が気でなく、自覚が薄い彼に苦言をもらした陽葵ちゃんによって、彼自身も今の自分をちょっとだけ振り返るお話でした。
    帰省したことで愛華さんを匿うと同時に、蒼葉くんも違った視点から自分達を見つめ直すことになるでしょう。今回のケースを含め、本当に守っていく為に彼はどう自分を変えていくのか、ぜひご注目ください☆

    2022年7月2日 21:36

  • 第55話 騒々しくも晴れ渡る幕開け(2)へのコメント

    良い母ちゃんだなぁ。緩い感じで包み込んでくれそうだけど、その緩さが蒼葉くんの中途半端な性格が形成されちゃったのかもね。

    先を見返るためにも、まずはDV野郎と決着を付けないとね。したら、定職に付かんと蒼葉くん。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    優しく親身になってくれるお母さんで、愛華さんの過去を考えると、とても救いになってくれそうです♪
    蒼葉くんの性格への影響は大きくありそうですね……
    愛華さんとは逆で、困った時は家族が支えてくれるし、本当の意味でハングリー精神と言いますか、追い込まれてがむしゃらになるって経験が無かったかもしれません。
    良くも悪くも恵まれた環境だと思いますので、正念場はこれからでしょう!
    そして離婚問題が初交渉の前日で現在進んでおりますが、旦那の出方も目的も未知数ですので、不安が残ります。
    その間にも蒼葉くんは家族と触れ合い、愛華さんが加わっての状況を見て色々考えていくことでしょう。
    しっかり全てが片付き、二人が無事に結ばれることを一緒に応援いただけると嬉しい限りです☆

    2022年7月1日 22:36

  • 第55話 騒々しくも晴れ渡る幕開け(2)へのコメント

    まぁ蒼葉は人の心配するのは良いけれど、自分の将来や今のフリーター状態をどうするんだかしっかり決めないとこの先どうしようも無いよね。

    愛華の心を開いたのは蒼葉だが実質的に色々段取りしているのは他の人だしな。
    今も親に丸投げに成るのに頼ってるし。

    自分が両親ならば、愛華を好きに成る事も助ける事も人としてはとても善いことだけれど、それはそれとして大学中退フリーターで大した貯金も無く社会的な責任も一切取れない癖にいつから人様の人生に口出し出来る立場に成ったんだ?って聞いちゃいそうだわ。

    恋愛小説だからそんな細かい所はツッコんじゃいけないんだろうけどな笑

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさにその通りでして、ここまで来る過程から現状に至るまで周囲の助けが大きく、蒼葉くんの成した実利は愛華さんの精神面でのフォローくらいです。
    人助けをする為には、まず自分の足で立てる基盤が必要ですし、将来を見据える相手がいるのであれば尚更です。
    お母さんは愛華さんを受け入れてくれましたが、その内容を噛み砕いてみると、今は一旦安息の為に、その先は本人の将来の為にと、二人の人生ではなくそれぞれ別で捉えておりました。これは暗に息子が今のままでは、彼女を支えるのに相応しくないとも受け取れます。
    とりあえず愛華さんが落ち着けそうだと分かり、これから蒼葉くんは離婚後の生活についても考えていくことになります。果たして彼はどんな道を選び、また愛華さんの波乱も終焉に向かうのか、今後の展開もお楽しみください☆

    2022年7月1日 22:25

  • 第55話 騒々しくも晴れ渡る幕開け(2)へのコメント

    素敵なお母さんで良かったですね。蒼葉くんはお母さんに似たんですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    蒼葉くんが最も信頼できると言ってただけあり、息子の彼女だからと言うより、純粋に愛華さんの力になってくれそうなお母さんでひと安心です♪
    これまでの状況を聞いた上で、こういう迎え入れ方をできる人はなかなかいないかもしれません。
    まだお父さんは出てきておりませんが、愛華さんの発言から、蒼葉くんがお母さんに似てることは間違いなさそうですね!
    個性豊かな兄弟達もいて、だいぶ作中の雰囲気が変わってきましたが、このまま問題もクリアされていき平和になっていくのか、乞うご期待ください☆

    2022年7月1日 22:06

  • 第54話 騒々しくも晴れ渡る幕開け(1)へのコメント

    まぁ子供は元気が一番ですね!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    おっしゃる通り、子供は元気過ぎるくらいでちょうどいいです!(笑)
    最初に出てきたやんちゃ坊主感溢れる末っ子、ツッコミ役の苦労人感漂う妹、そして不思議ちゃん(くん?)っぽい次男と、1話の中でそれぞれのキャラの濃さが出ておりました。
    この賑やかな家庭に放り込まれた愛華さんが、果たしてどんなふうに馴染んでいき、どんな展開を見せてくれるのか、その辺りもご注目くださいませ☆

    2022年6月30日 22:09

  • 第54話 騒々しくも晴れ渡る幕開け(1)へのコメント

    うん、動物園もどき
    キャラ強いなあ

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    ニワトリ並みに忘れっぽい、サル扱いされてる末っ子くん、だいぶ濃いキャラとして初っ端から飛ばしております(笑)
    元気が有り余っていて、周りを振り回してくれそうな予感ばかりです。
    これまで直接は触れてこなかった蒼葉くんの兄弟達ですが、個性豊かな彼らとの関わりで、二人の関係がどの様に変化していくのか、新天地でのお話をぜひお楽しみくださいませ☆

    2022年6月30日 22:04

  • 第53話 巡り巡って未来への逃避行へのコメント

    ↓に同意。心臓に悪い展開が続きますね……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    心臓に悪いですか……作者的には違う見方になっております。
    愛華さんと同じようにDVによる離婚のケースだと、いくつか対策が考えられます。
    一番多いのが、被害届を出した上で裁判所から保護命令をもらい、加害者との一定の距離を確保してもらう。この場合、被害者のほとんどが実家に避難、少数が元の家から相手を退去させて住み続けます。
    次に自身で訴えるのを躊躇う場合、親族や友人によって弁護士に相談、その後身内に匿われるケースです。これは本人からの証言や証拠も出にくいので、被害届の受理も難しかったりします。なので身内が守るしかありません。
    割と軽度なDVの場合は、さっさと別居して弁護士伝いに協議を詰め、被害者側も悠々自適に暮らしてたりします。

    愛華さんにおいて二つのネックは、頼れる身内がいないこと、あと旦那に対して怒りを覚え始めても、まだ実害ほどの加害者・被害者意識になれていないことです。
    ならば友人が事件性を主張し、保護命令まで持っていけば……となりますが、その場合旦那は彼女や親族に近付けないだけで、友人は対象外です。つまり身を寄せる場所が友人宅しかない彼女は、必然的に周りへの被害に怯え続けなくてはなりません。そして他人である以上、友人もそこまで深く安全保障はできないのです。

    長々と申し訳ありません。
    以上のことを踏まえた上に、彼女のメンタルケアを考えると、離婚する上でタブーとなる現在の恋人に守ってもらうというのは、決してデメリットとは言えないのです。
    ちなみに保護命令後に退去命令が出ますので、旦那契約の社宅(宿舎)に住み続けることも不可能となりますので。

    2022年6月29日 21:19

  • 第53話 巡り巡って未来への逃避行へのコメント

    この状況で連れ歩いたり実家に連れていくのはマイナスだなぁ……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    色々と心配な点が残りますが、帰る場所も無く、いれば大切な人達に迷惑がかかるし引きこもりを余儀なくされる。そんなストレスから愛華さんが逃れるには、危険を犯してでも離れたかったのかもしれません。
    行き先がバレてしまうのが最悪のケースですが、果たしてその点はやり過ごせるのか、この辺りが重要になってくるかと思います。
    代理交渉は連絡を取りながら進められるでしょうが、新たな拠り所の開拓、そして離婚の成立を遂げられるのか、新天地での二人にもご注目ください☆

    2022年6月29日 20:26

  • 第52話 重なる不条理は予期せずにへのコメント

    面倒な事をしてくれたなぁ……汗

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさにそのひと言に尽きますよね(笑)
    彼女が流したデマは作中では貴船家にお泊まりするより前、すでに1ヶ月は経ってる頃ですので、どんな広がり方をしてたか想像もできません。
    旦那がこれを知って相手探しをしてたと考えても、不思議ではありませんね……
    厄介な時に面倒なことをした挙げ句、まだ自覚が足りずに愛華さんを責めてた辺り、自分主義の塊みたいに感じてしまいます(笑)
    元カノちゃんと距離を置けるのが一番の利点かもと思えるくらいですが、蒼葉くんの実家&代理交渉はどんな展開になるのか、今後もお楽しみくださいませ☆

    2022年6月28日 20:06

  • 第52話 重なる不条理は予期せずにへのコメント

    なんていうか、元彼の言い分にハラワタが…
    なんなん?こいつ…

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    実はそこ重要ですよね……
    旦那が何か握ってそうな部分に、莉珠ちゃんの流したデマが含まれるとすれば、旦那の態度の一端にも説明がついてしまいます。
    貴船家の社宅(宿舎)と橘家は序盤から近いことが明かされていたので、友人の家も近そうで有り得てしまうんですよね……
    蒼葉くんのみならず、愛華さんまで面倒事に巻き込んでいく元カノちゃんですが、近々距離を置くのが良い方向に向かうことを祈るばかりです。
    そろそろ場面が切り替わっての、代理交渉しながら新生活が始まりますので、そちらもぜひお楽しみくださいませ☆

    追伸
    すみません、元彼←ここ、なぜか旦那と勝手に勘違いしてました(笑)

    2022年6月28日 20:02 編集済

  • 第52話 重なる不条理は予期せずにへのコメント

    いい加減呆れて物が言えない……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当に作者もそんな気持ちです(笑)
    何度罪を繰り返し、それを正当化しようとして印象を下げていくのか……
    高校生だとしても、ちょっと分別つかな過ぎですよね。
    さすがの浅間さんも大激怒、蒼葉くんは呆れながらも忠告はしておりました。
    追い込まれないと白状しなかった辺り、莉珠ちゃんの罪の意識もあったのかなかったのか分かりませんが、これ以上問題を起こしてくれるなと願いながら続きもお楽しみくださいませ☆

    2022年6月28日 19:56

  • 第51話 そして決行前夜に道は示されたへのコメント

    他の方もコメントしていますが証拠が揃っているのなら弁護士さんと警察に連絡して保護してもらうのが一番安全ですよね。脇が甘すぎてヒヤヒヤします。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    他の方への返信でも記入しましたが、警察が動く場合は証拠から得られる実害の重さが重要となります。
    そして基本的に保護ではなく、警察がやるのは身辺の見回りです。
    仮に命を重要視したとして、愛華さんが現段階で住める家は無理して伯父の所くらいで、シェルターも基本的には数日泊めてもらうのが限度です。更に言えば、彼女は蒼葉くんとの接触が難しくなるでしょう。
    全ての条件からメンタルのバランス、他にも荷物の置き場や離婚後の生活を考えると、現在の交際をひた隠しにしてでも、弁護士の代理交渉で協議、もしくは調停離婚を成立させるメリットは大きいのです。
    脇の甘さと言うよりは、どこに重きを置いてるかの違いでしょうか。ここら辺も実例を元にしていますが、命の危機に晒される実害でなければ、メンタルケアをしながら将来を見据えるのはありかなと思います。
    ちょっとラブコメから外れ過ぎてるのが作者的には気掛かりなので、早くまた二人の甘い時間がきてくれないかなぁと思っております(笑)

    2022年6月27日 21:15

  • 第51話 そして決行前夜に道は示されたへのコメント

    DV被害を受けていて、診断書もあるなら、弁護士に連絡の上、警察に傷害罪として被害届と保護要請するのが一番安全なんじゃないかな。
    事件性にしてしまえば、相手は公務員で、仕事方面での対応に追われて身動きが取れず、また、第三者の協力者も、ストーカーなどの容疑で牽制、または逮捕、職質できるから、牽制できる。
    仕事はバイトなんだから、はっきり言ってどうにでもなる。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    確かに被害届を出し、事件性のあるものとするのが有効と思いますよね。
    警察の対応については、診断書等から得られる相手の罪の重さで変わるので、証拠が弱い可能性があります。過去に受けたDVやモラハラの証拠を集めてなかったのは、ここに響きますね。
    加えて愛華さんの場合、離婚前に警察の保護下に入るデメリットがあります。運び出した荷物の保管や、離婚後に身を置く場所を持たない彼女にとって、蒼葉くんの実家と繋がる方がメリットが大きいですので、その辺りを考慮して、弁護士に代理交渉を任せてトンズラ――みたいな措置を取っております。
    淡々とした話が続いておりますが、まだまだラブコメ要素も盛り返していきますので、今後もお楽しみいただければ嬉しいです☆

    2022年6月27日 21:08

  • 第51話 そして決行前夜に道は示されたへのコメント

    うだうだ逃げたりしないでさっさと弁護士に頼んで離婚調停を進めた方が楽なのよな。
    バイトとかしてる場合じゃないし。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まず前回までの時点で弁護士と終着点について話し合っておりますので、今の愛華さんは代理交渉を任せ、協議を拒まれて調停に進むのかどうか、その辺りの進捗待ちとなります。
    本人達も逃げると表現しておりますが、これまでの流れで愛華さんを実家に連れていく理由はいくつか出てきたので、安全確保以外も含んだ上での対策ですね。
    バイトに関しては本当にすぐ考える話ではありません(笑)
    蒼葉くん的には数ヶ月、数年と離婚までが長期になった場合を想定してるのかと思います。
    シンプルなようで色々な状況が絡み合っておりますが、今後も広い視点でご意見いただければ幸いです☆

    2022年6月27日 20:48

  • 第51話 そして決行前夜に道は示されたへのコメント

    せ、盛大なフラグにならない事を願う
    ってかホテルの写真気をつけろよ…(; ̄ー ̄A

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    その点がちょっと心配ですよね(汗)
    寒川さんも提案しながら注意を促しておりますが、現状、離婚条件をひっくり返される一番大きな可能性かと思われます。
    尾行してる人間と旦那の本気度にもよりますが、果たして深夜の電車まで尾けられるのでしょうか……
    方向性がある程度決定した彼らが予定通り歩んでいけるのか、ぜひご注意くださいませ☆

    2022年6月27日 20:42

  • 第50話 静かに流れる虚々実々へのコメント

    ↓なるほどそれは知りませんでした。自分の地位を守るのに必死なのかも知れませんね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪

    実は仕事柄、離婚の仕方も非常に重要になるのが旦那でした。
    旦那の話をしたがらない愛華さんと、あまり気にしない(と言うかどこを気にすべきか分かってない)蒼葉くんとの中では、職業に関する話題が出ておりません。
    詳しく訊いていた寒川さんによって、作中でようやく地方公務員だと判明しました。しかも役所勤めで出張の機会が多いとなると、地域活動(イベント等)に関わっていたりする、イメージが大事な仕事です。
    役所だけでも調停は厳しい、その上外面が良くて人脈も広そうみたいな、旦那像が浮き上がる回でありました。

    ちなみに本来公務員の住宅は宿舎と呼びますが、作中ではあえて社宅と呼称して可能性を狭めないようにしておりました。
    序盤で蒼葉くんは外観から社宅と判断し、彼以外からは数話前の旦那の発言に出ております。作者の知人の公務員が「伝わり易いから」とそう呼んでいたので、そのまま反映させてみました(笑)

    相手の不穏な動きや、蒼葉くんが割と警戒心強めていたこと、あと寒川さんの協力的な部分がさら〜っと描かれた今回を終え、近いうちにだいぶ大きな変化も起こります!
    これからも引き続きお楽しみいただければ嬉しいです☆

    2022年6月26日 22:04

  • 第50話 静かに流れる虚々実々へのコメント

    ふむ、旦那の嫁に対する固執って、公務員だからかなぁ。
    公務員が、DVによる離婚調停で離婚すれば、まず間違いなく出世は望めないし、下手すれば、解雇も有り得るからなぁ。良くても閑職か解雇に近い出向。市役所とかだったら、特にその辺厳しそうだし。

    作者からの返信

    物語をじっくり読んで考察していただき、嬉しい限りです♪
    ありがとうございます!

    役所勤めの公務員という立場上、調停を起こされての離婚というのは、その後の人生に大きく響いてしまいます。
    そこが今回明るみになり旦那の視点で見た場合、諦めて円満に別れるか全部隠すしかないですよね……
    放置してるようで縛り付ける言動行動が目立つことから、おっしゃっていただいた理由が背景にあり、手放す気が無いと考えられそうです。
    なんにせよ、闇が深そうですね(汗)

    今回は淡々としたお話でしたが、公務員のポイント含め、今後の展開に繋がってまいります。
    相手側が何かしら動いていると察知した蒼葉くん達は、次はどの様に対抗していくのか、どんどん移ろう展開をお楽しみくださいませ☆

    2022年6月26日 21:52

  • 第49話 臨みは抱えて理想さえ越えてい…へのコメント

    微笑ましくて良いんですが不安が残りますよね。このままだと足元をすくわれる気がします。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    ここ最近ラブコメ展開から離れてる感を否めなかった彼らですが、ちょっとだけラブコメっぽいムードになりました。
    どちらかと言えばこの回は、浅間・寒川ペアの為にあったかもしれません(笑)
    禁断の関係から先に進んだ離婚というテーマ+重い内容を含むので、緊張感や悲哀が表面化しやすいですが、そんな中でも微笑ましい瞬間があると良いものですよね♪
    キスを拒まれてムッとする愛華さんとか、想像すると和みます。
    ですが不安は拭えませんね。何しろ相手は現状予備軍を超えた犯罪者であり、油断は禁物だと思います。
    緩急の波は放っておけば荒波と化しますので、拐われないよう注意しながら、どの様に鎮めていくかが鍵でしょう。
    難しい課題でありますが、なんだかんだで彼らの結束は固く、更に石切家の皆様をパーティに加えようという流れに乗り切れるのか、次回からも足元までご注目ください☆

    2022年6月25日 19:36

  • 第49話 臨みは抱えて理想さえ越えてい…へのコメント

    いや二人きりなら構わないが、他に人いる前でベタ誉めするのは惚気超えて…晒し者なりうるレベルですよ…
    &プロポーズ含んでるようなものだし┐(´~`;)┌
    少し配慮覚えよう

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    蒼葉くんなりに真剣な気持ちを伝えられて、そこで終われば良かったのですが、最後の最後におちゃらけてしまいました(笑)
    大袈裟に褒めれば喜ぶと思い込んでるのか、続いてる緊張感から別の真面目な雰囲気に変わり、それに耐え切れず自ら晒されにいったのか。
    あえて描写を入れておりませんが、間が空いたあの発言時、彼は通じ合った嬉しさに顔を真っ赤にして、照れ隠しのヤケクソ混じりに言っちゃった。もしくは友人達をチラ見して愛華さんの大胆さに気付き、滑稽さで笑いを取って今はネタにしておこう。みたいなシーンだろうなぁと作者は予想しております。
    ただしやり過ぎ注意状態ですので、配慮を覚えようは間違いありませんね(笑)
    元々荷物を預けるだけの予定が、実家に匿ってもらう決心を固めたわけですが、残りの数日間があります。もう離婚以前に犯罪者から身を守れという状況であり、そもそもラブコメとはなんぞや? とさえ思えてしまいますが、時には緩みながらも頑張る彼らに、引き続き素敵な助言をいただければ嬉しいです☆

    2022年6月25日 19:21

  • 第48話 臨みは抱えて理想さえ越えてい…へのコメント

    奴はこれっぽっちも離婚に応じる気は無いし裁判になっても勝てると踏んでいますね。弁護士どころか国会議員くらいバックにいそうな気がします。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にとてつもない支援者でもいそうな、そんな強気さですよね!
    煽りに来る余裕、DVの事実をとぼけたような態度、図ったかのようなタイミング、全部把握済みに思える口振り。何もかも不敵過ぎて、対峙した蒼葉くん的には疑念と不快感でいっぱいになっても不思議じゃありません。
    対面した事実を知るだけで、ハチャメチャに取り乱した愛華さんを見ても、どれだけ恐怖と狂気の対象だったか計り知れないレベルです。
    その支配を剥がそうと言うのですから、生半可な策ではすぐに蘇ってしまうでしょう。
    若干ポンコツ化してしまった愛華さんには早く戻ってほしいところですが、状況は刻一刻と変化していきます。
    各々が決断を迫られながらも守るべきものの為に、動きを見せる旦那へと対抗していきますので、この先切り替わっていく場面も見届けていただけると幸いです☆

    2022年6月24日 17:00

  • 第48話 臨みは抱えて理想さえ越えてい…へのコメント

    暴行の証拠じゃ弱いと踏んでる…かな?ま、性格の不一致とかでも離婚持っていけるけど…慰謝料とかに拘らなければ尚更ね。流産とか引き合い出せばモラハラで叩けるし、一番危ないのは蒼なんだよな

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    旦那の強気の原因が不明ですと、何を根拠に? と疑ってしまいますよね。
    条件が緩ければ離婚の理由なんてすでにいくらでもありますし、多少厳しめにして責めたとしても手札が強いので、充分に勝機があると思われます!
    そしてひとり負けするならば蒼葉くんで間違いなく、実はこの点が少し先で重要だったりします(笑)
    現状、旦那視点で蒼葉くんとの浮気バレ回避、更に旦那の行動原理に焦点が当たってますので、不安が拭いきれません(汗)
    発狂から覚めたか微妙な愛華さん、対するは理解不能行動ばかりの旦那であり、どんな未来が待ってるのか全く想像できない状態です。徐々に互いの動きが激しくなる展開を、ぜひ当事者目線や俯瞰した形を切り替えながらお楽しみいただけると嬉しいです☆

    2022年6月24日 16:44

  • 第48話 臨みは抱えて理想さえ越えてい…へのコメント

    ここまで執着している割にほとんど家に居なかったり行動が謎だよね?
    どうやってこの数週内の出来事を嗅ぎ付けたやら?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    これまでの状況から旦那の目的を考察する回となりましたが、結局浅間・寒気コンビの予想も蒼葉くんの予想も、どこかしらに疑問が残ってしまいましたね(汗)
    旦那が自身の潔白を証明する自信があるなら、浅間さん達の言う離婚は構わないから慰謝料搾り取ろう作戦の方が、ありそうな気がしてきます。
    異を唱えた蒼葉くんの、愛華さんを手放す気が無いという主張は、過去の仕打ちを考えると本当に謎に満ちた行動です。
    ちなみにテンパってる愛華さんは、会話すら何言ってんのか分からん状態でした(笑)
    旦那がどこまで把握してるのか、もしくはほとんど予測とカマかけなのかも不明ではありますが、主人公陣営の動きに合わせて判明していきます。どんな真相が待ち受けているのか、一緒に予想しながらお楽しみいただけると幸いです☆

    2022年6月24日 16:24 編集済

  • 第47話 だから朽ちても譲れない(3)へのコメント

    うーん大丈夫かどうか不安ですね……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    旦那の煽りが予想以上に蒼葉くんの心に響き、また目先のことに囚われてしまいました。
    自分でも少し前に言ってた通り、見通しが甘く、後手後手に回りがちなところが心配になります……
    しかし今回も浅間さんに助けられ、更に先手を打つ案を提示されたので、上手く通せればまだ間に合うかと思われます。
    本当はいの一番にやるべきことを、愛華さんの喜び優先で遅れてしまった辺り、いかにも変な方に突っ走ってしまう蒼葉くんらしいです(笑)
    またしてもとばっちりのように泣かされてしまった浅間さんですが、頼もしい味方であることには違いありません。彼女の援護を受けて大好きな愛華さんを守り通せるのか、蒼葉くんの成長も見守っていただけると嬉しいです☆

    2022年6月23日 17:21

  • 第47話 だから朽ちても譲れない(3)へのコメント

    成長せんなぁ…
    そのままだと多少痛い目あいそうだな
    思慮浅すぎる┐(´~`;)┌

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    正直であるが故に、相手の言葉の裏を探らないと言いますか、込められた思いの部分を読み取らない性質なので、考えの浅さが目立ってしまいますよね(笑)
    嫌味のつもりがなく傷に触れる発言をしたり、根本の解決よりも急場凌ぎに走りがちなので、色んな意味で痛い目に遭う日がきそうです(汗)
    とりあえず頑張るってところが、最善策を絞り出して全力を尽くすってやり方に変われば、ひと皮もふた皮も剥けるんですけどね。
    さて、いよいよ旦那との全面戦争が始まったような状況ですが、協力的な仲間達に助けられてばかりの蒼葉くんは、いつ自分の力で道を切り拓くのか。不安が残る展開ですが、どうぞお楽しみくださいませ☆

    2022年6月23日 17:10

  • 第46話 だから朽ちても譲れない(2)へのコメント

    病気ねぇ。。。
    出来るケガと出来ないケガあるのを失念しているかな
    詰めが甘い

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    自傷による怪我か、外部の影響でできたものかはだいぶ違いがあるので、通用するとは思えない言い訳ですね。
    ただこの口八丁と平気で愛華さんを見下す態度が、蒼葉くんには大きなダメージとなってしまいました……
    発言内容は出任せばかりで、煽りながら敵情視察にでも来たような態度でしたが、これを受けた蒼葉くん達が離婚に向けてどう愛華さんをサポートしていくのか、これからの展開もあたたかく見守ってあげてください☆

    2022年6月22日 23:22

  • 第46話 だから朽ちても譲れない(2)へのコメント

    出た!典型的な「妻の為を思って」ムーブに見せかけた煽り!まんまと乗せられてしまいましたね。興信所は当然使っているでしょうね。浅間さんの返答は……?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    自分を正当化しつつ、相手に責任を負わせる常套手段ですね!
    サラッと出てきたところが、性悪さを感じさせます。
    なにやら情報を色々持った上で宣戦布告に来たようで、探偵を雇ってたとしても不思議はありません。
    やはり蒼葉くんが頼ったのは浅間さんでしたが、連絡を受けた彼女がどんな行動に出るのか、次回もどうぞお楽しみください☆

    2022年6月22日 23:11

  • 第46話 だから朽ちても譲れない(2)へのコメント

    かなりタチが悪いな汗

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    前回までに想像されてた人物像も良くはありませんが、改めてとんでもない性格であると判明しましたね(汗)
    イラッとする発言を淡々と口にする感じで、今後も愛華さんが傷つけられないか心配です……
    いよいよ向き合うべき敵が正体を明かしてきましたが、挑発された蒼葉くんがどのように対抗していくのか、ぜひご注目ください☆

    2022年6月22日 23:04

  • 第45話 だから朽ちても譲れない(1)へのコメント

    えてしてDVモラハラ男というのは外面だけは良いですからね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にとんでもない思考や行動をする人間って、その狂気を隠すのが巧かったりしますよね(汗)
    その分自分の長所を活かす術を心得てたりするので、外では好印象になり、被害者だけは周囲とのギャップに孤立してしまったりします。
    愛華さんは追い込まれながらも理解者を得られたので、反撃をする覚悟ができれば平気でしょう!
    唐突な質問に対し、情報を一切与えない応対で躱した新キャラ杉本さん、かなり有能な予感がありますしこれからの流れに影響するのか、緊迫感溢れる次回からもお楽しみくださいませ☆

    2022年6月21日 18:13

  • 第45話 だから朽ちても譲れない(1)へのコメント

    この会話の感じからすると旦那は本性を隠していただけかなぁ……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    どうも白々しいと言いますか、とりあえず裏表が激しそうなやり取りでしたね。
    外見に関しても攻撃的になっており、万に一つの別人の可能性を捨てれば、どちらが本物に近いのか分からないところです。
    売り場にもスタッフがいる中、わざわざ小柄な女子高生に最初に尋ねたのも、良い人柄は全く想像されない男でした(笑)
    蒼葉くんにとってまさに宿敵と呼べる相手との対面となりますが、ここ最近嘆くことが多かった彼はどんな行動を見せるのか、次回もどうぞお楽しみくださいませ☆

    2022年6月21日 18:01

  • 第45話 だから朽ちても譲れない(1)へのコメント

    イメチェンしたか?
    画像回ったから変装?
    どちらにしろ、開戦ぽいなぁ
    録画、録音しとかなきゃ…

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    なにやら怪しげな人物が……と言うより背格好と発言的にほぼ間違いない男が、堂々と店に来て探ってる様子ですね(汗)
    イメチェンも変装もあり得ますし、すました感じが蒼葉くん的にも引っ掛かりそうです。
    開戦になってしまうのでしょうか。
    愛華さんの受けてきた暴力と、スマホに録音した会話から、突然キレるタイプに思えたので危ないです。
    疑ったところで今回は終わりましたが、次回、蒼葉くんは対策を講じるなり行動を起こすのか、ご注目くださいませ☆

    2022年6月21日 17:52

  • 第44話 目の前で導く手は未だ同じ(2)へのコメント

    とりあえず同棲するわけには行きませんからね。しかし蒼葉くんは一生浅間さんに足を向けて寝られませんね。浅間さんが不憫で……。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    二人が恋人同士である事実を隠しつつ、浮き彫りになっている問題を解決せねばなりませんので、すんなりとはいかなそうですよね(汗)
    もう蒼葉くんは浅間さんに助けられまくってますし、なんなら愛華さんもだいぶお世話になってるので、二人して頭が上がらないでしょう(笑)
    浅間さんの気持ちを考えると、泣きたくなってしまいますね……
    だいぶ序盤から蒼葉くんを理解して支え続け、それに至った経緯も恋愛感情を持たれない(女として見られない?)からせめて彼の幸せを願って! という感じなので、あとから好きになってあっさりくっ付いてしまった愛華さんにジェラシっても仕方ありません。
    でも二人は友達だからと協力してくれる彼女は、器が大き過ぎます!
    サッパリした性格と面倒見の良さが相俟って、一番モテそうですね(笑)
    もちろん愛華さんの行く末も心配ですが、おんぶにだっこされまくってる浅間さんにも幸せが訪れるのか、急展開を迎える次回以降もぜひお楽しみくださいませ☆

    2022年6月20日 18:52

  • 第44話 目の前で導く手は未だ同じ(2)へのコメント

    同棲していたら離婚には不利だからな
    浅間さんが、ある意味不憫…
    無自覚イチャイチャ見せつけられ欲求不満に(;´д`)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    浮気・不倫の事実があったとされると、離婚においては調停も裁判も大きく揺らいでしまいますからね(汗)
    蒼葉くんと愛華さんが二人きりにならない! という部分はクリアせねばならず、かと言って状況を理解した上で、リスク承知で協力するには信頼関係が必要です。
    白羽の矢が立った浅間さんは非常に協力的で、尚且つ二人の為に気を回しまくってくれますが、それがまた切ないです。
    ただの友達だとしても、デレデレ愛華さんからくる無自覚イチャイチャは悶々としそうなのに、相手は複雑な想いを抱く蒼葉くんですから……
    次回から愛華さんの秘密は親しい間柄以外にも伝わることとなりますが、果たして状況は好転してくれるのか、ドキドキハラハラの展開をお楽しみくださいませ☆

    2022年6月20日 18:37

  • 第44話 目の前で導く手は未だ同じ(2)へのコメント

    セックスしている場面やラブホテルを出入りする瞬間を撮影されたりした訳じゃ無いからね。
    もし問い詰められたとしても「DVを知った為に親しい仲間内で保護した。」で押しきれますわ。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさに今後の展開に繋がる部分でして、作中の状況を深く理解していただき、とても嬉しくなりました♪♪
    現状、不倫関係らしいという噂がバイト先で広まっており、発端も仕事中の二人の様子からでは? という点が判明しております。
    肉体関係を裏付ける証拠や、恋人同士であると確信を持たれる要素は揃ってないので、DVから仲間内での保護という本人の証言の方が信憑性が高いです。
    なので愛華さん自ら真相を告げて押し切るのが、最善策ですね!
    方針が決定し、いよいよ愛華さんの夫婦関係が明るみになるわけですが、浅間さんや蒼葉くんの懸念を乗り切って離婚まで突き進むのか、ぜひご注目くださいませ☆

    2022年6月20日 18:25

  • 第43話 目の前で導く手は未だ同じ(1)へのコメント

    要らん考えはするのに、肝心の基盤は考えない。それをどうしたら出来るかとか蒼には問題山積みだね
    長所は短所というからね。情けなさを嘆く暇あるなら穴埋め含めて考え動け
    今のままでは愛華さんの足引っ張るよ

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    作者も常々感じていた部分でして、蒼葉くんの思考領域はどんどん狭まってないか!? と、余計なことばかり気にしいで困惑しております(笑)
    恋は盲目と言いますが、彼の目には最早愛華さんしか映ってないのに、その愛華さんにどういった危機が迫るかをほとんど考えなくなってしまいました……
    まだ両想いになる前の方がマシだったくらいです(汗)
    現状愛華さんはDV夫からのメンタル的な脱却に必死ですし、叱咤激励役が同い年の美里ちゃんとなってきましたが、蒼葉くんへの複雑な想いが残るのか甘さが見え隠れしてます。
    ここからが踏ん張り所という展開になり、蒼葉くんの成長は必須条件となりましたが、今後の波乱にどう立ち向かうのか見守ってあげてください☆

    2022年6月19日 17:18

  • 第43話 目の前で導く手は未だ同じ(1)へのコメント

    ここから不倫があったとされて離婚に不利になったら元も子もないですからね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    私の作品の中でも通算コメント数がトップに並び、毎回のお言葉が本当に励みになっております♪♪

    さて物語に戻りますと、本当に苦しい事実が判明してしまいました。
    それを匂わせずに自然に招き、蒼葉くんに自覚を持たせるところから始めた美里ちゃん、素晴らしいファインプレーだったと思います!
    噂の段階でしたら、今後の二人の行動次第で巻き返しが図れそうですが、どの程度の信憑性で広まってるかも定かではありません。
    しかし少し前に元カノ莉珠ちゃんに指摘を受けたばかりですので、蒼葉くん的に焦る思いが尋常ではないのでしょう。
    愛華さんに非があると認められてしまえば、少なくとも協議でまとめるのは難しくなり、相手の出方次第で逆に慰謝料請求される可能性まで見えてしまいます。
    崩れ落ちそうな蒼葉くんを、なんとか支えてるのが美里ちゃんという構図になっておりますが、果たして愛華さんを無事にサルベージできるのか、乞うご期待ください☆

    2022年6月19日 17:06

  • 第43話 目の前で導く手は未だ同じ(1)へのコメント

    まぁ所詮社会にも出ていない大学初期に中退した高卒の小僧でしかありませんからな。
    脇が甘過ぎですわい。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    そうなんですよねぇ……
    若さ故の一直線な想い方と言えば聞こえは良いですが、周りが見えなくなりがちな上にリスク管理そっちのけで突っ走ってしまうので、予測できたはずの沼地に足を突っ込んでから嘆いております(笑)
    愛華さんと両想いだと確信する前は割と警戒心があったので、この甘さは必要とされる嬉しさ+元カノと別れた経緯の反動でしょうか。
    現在判明してる蒼葉くんの過去を考慮しても、それなりにやってこれちゃってた印象なので、酸いも甘いも本当に学ぶタイミングなのかもしれません。
    瀬戸際に追い込まれてしまった彼らですが、このまま息苦しい未来に向かってしまうのか、今後の展開もお楽しみくださいませ☆

    2022年6月19日 16:53

  • 第42話 密かに焦がした感情は迸る(2)へのコメント

    ムードもへったくれもないのは、蒼葉もだろ( ´-ω-)y‐┛~~

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさにおっしゃる通りで、むしろ先にムード壊したのは蒼葉くんでした(笑)
    真面目と言うか、帰宅時の基本や冷房をつけたいのは良いとしても、もう少しさりげなくやるなり説明を後回しにするなりしていれば、雰囲気を保てたかと思います。
    この辺りもどこか抜けてる彼らしいところであり、ボケとツッコミが狂っても和む二人の相性の良さなんでしょうか(笑)
    知りたがりの愛華さんは普通に微笑ましいので、蒼葉もきっと照れ笑いでもしながらツッコミ入れたのでしょう♪
    緊迫の展開かと思いきや、なんの緊張感も無い今回のお話でしたが、新たな局面が迫りつつあります。
    見ていて時々不安になる蒼葉くんが、しっかり男を見せてくれるのか、ぜひ見守ってあげてください☆

    2022年6月18日 23:05

  • 第42話 密かに焦がした感情は迸る(2)へのコメント

    お互い良い雰囲気なところで最後に愛華さんの優しさが出ましたね。優しさと言うか不安かな?愛華さん尽くすタイプですよね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさかのタイミングでスイッチが切り替わりましたね(笑)
    優しさや不安による部分もありそうですし、流れからして蒼葉くんをもっと知りたい! お互いを更に分かり合いたい! って想いも含まれてそうです。
    そして完全に尽くすタイプですよね♪
    嬉しくなると尽くす、苦しいときでも尽くす、励ましてあげたいと尽くす、好きな人の笑顔が自分の喜びです! 的な、聖母様のようなお方です(笑)
    ちなみに悲しくなると甘えん坊モードも発動するので、我慢し過ぎ傾向以外は非の打ち所が無いかもです!
    逆に利用されやすい特徴なのが可哀想ですが……
    ここから物語はどんどん進み、名前や特徴だけ明かされてた人物達も出てきたりします。
    益々目が離せなくなる彼らの行方を、一緒に応援していただけると嬉しいです☆

    2022年6月18日 17:23

  • 第41話 密かに焦がした感情は迸る(1)へのコメント

    他の方もコメントしていますが今さら「こんな気持ちにさせてしまったんですね……」って言われてもねぇ……って感じですね。お前にそれが言えた義理かという。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    常に自分が悪いと思いがちで、相手の為に何ができるかを考えて動く愛華さん。
    対する莉珠ちゃんはいつも自分の主張が強めであり、分かってくれと同情を買いにいこうとする辺り、この二人も両極端な位置付けとなっております。
    どちらの気持ちを優先してあげたくなるかは、言うまでもありませんが(笑)
    多少反省したかに見えた元カノちゃんですが、愛華さんと浅間さんの我慢強さや遠慮がちな部分を、もっと見習ってほしいところです。
    彼女の出番が来る度に苦い思いをさせられる蒼葉くんですが、今後の愛華さんとの関係にも影響が無いとは言えなさそうです。
    特に蒼葉くんを止めた愛華さんが何を思っているのか、色々想像しながらお楽しみいただけると幸いです☆

    2022年6月17日 17:32

  • 第41話 密かに焦がした感情は迸る(1)へのコメント

    別れて初めて気付く。自分の甘さとも言える行動からだからなぁ、逃した魚は…ってやつになるのかな
    けど、幼馴染みという逃げ処あるだけマシだろ。悲劇のヒロインぶるのは、ちょっと…
    愛華さんの心境が心配かな

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当に離婚に至るほど強い繋がりになるとは思ってなかったでしょうし、まさに逃した魚は大きかったってところでしょうね……
    にしても、最後に自分が悲劇のヒロインぶって気を引こうとしたのは、いかにもぶりっ子的な行動で、やりおった! という感じです(笑)
    莉珠ちゃんも愛華さんを立てる意味で、ある意味いい元カノ役をブレずにやってくれております(笑)
    最後の愛華さんの心境を考えると、確かに心配になってしまいます。
    ここで何かしらの変化をもたらすのか、乞うご期待ください☆

    2022年6月17日 17:26

  • 第41話 密かに焦がした感情は迸る(1)へのコメント

    いや、元カノの場合は、交際中に浮気していたのを彼氏に目撃された。
    主人公は、とっくに彼女とは別れた後で、元カノに目撃された。

    どう考えても、元カノの方が比べものにならないほどひどい(主人公の方がずっとずっとショック)ので、
    >「こんな気持ちにさせてしまったんですね……」
    で分かったつもりになられても。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    実はおっしゃっていただいた通り、状況も条件も全然違うんですよね!
    久しぶりの莉珠ちゃん登場で、あれ? 少し前からやっぱり反省の色が見えてる? と思ったら、最後の最後でヘイトを買いにきました(笑)
    蒼葉くん目線では気まずい展開ともっともらしい指摘によって、同情したくもなってしまうかもしれませんが、第三者目線では何言ってんだコイツ? というお話でした。
    そしてその目線で見届けていた愛華さんですが、最後はしっかり蒼葉くんを止めております。次回はこの流れがどのように響くのか、ぜひご注目ください☆

    2022年6月17日 17:19

  • 第40話 ただ一輪の花の咲みを想い描いてへのコメント

    そうそう母親ってまずご飯食べてるか心配しますよね(笑)付き合って3日で両親に紹介されると聞いて鳩が豆鉄砲を食らったような顔の愛華さんがかわいいですね。そして蒼葉くんの母親との仲の良さを見て半べそになってしまう愛華さんが切ない……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    お母さんあるあるですよね!
    作者も一人暮らし時代に毎回これがあって、会話のスタートはこれで確信しておりました(笑)
    普通にもうそっちの家行くの!? って驚愕ものだと思います。
    この流れで自分の実家持ち出すところも、その行動力も、愛華さん以外だったらついていけないかもしれません。
    布団に潜って半べそになってたシーンは切ないですね。嬉しいって言ってた愛華さんも、本心なのか微妙なところです。
    とりあえず荷物の確保が終わり、本格的な離婚へ向けての駆け引きが始まりますが、蒼葉くんには愛華さんを引っ掻き回さない程度に、しっかり守ってほしいと願うばかりです☆

    2022年6月16日 20:19

  • 第40話 ただ一輪の花の咲みを想い描いてへのコメント

    も、もう少し配慮しようよ(;´д`)
    その子がなかなか出来ないで悩んでいた人なんだから…┐(´~`;)┌

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    貴船家の実家のゴタゴタで思い出したかのように石切家の実家が出てきて、兄弟までたくさんいることが判明し、なんとなく愛華さんの傷を抉るような話ばかりしていた蒼葉くんです(汗)
    真逆の世界に生きてきたアピールのような、普通に考えると酷な感じに聞こえますが、どうやら蒼葉くん的にはこれからこっちがあなたの味方だと伝えたかったみたいですね。
    愛華さん目線、蒼葉くんのお母さんを妬んでもおかしくないのですが、その辺りも嫌味じゃないと理解してそうな寛容さがあって、ほっと一息です。
    次回からいよいよ本格的に離婚へ向けて動き出しますが、二人の思いが同じ方向に向かって上手く進んでいくのか、その辺りもぜひご注目ください☆

    2022年6月16日 20:12

  • 第39話 翳りの中に彩りが瞬くようなへのコメント

    協議離婚を円満に済ませるためにも弁護士さんへの報連相は大切ですからね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    自身の弁護をしてもらう以上、報告連絡相談を徹底して、信頼を深めるのは必須ですね!
    愛華さん的には最初の意思を伝えるところと、なにをされてきたかって部分を伝えるには、自分一人でなんとかしたいって様子でした。
    先行きが思いやられる展開ですが、こうした点も二人で納得しながら進んでほしいと願うばかりです。
    次回以降は報連相を徹底していけるのか、その辺りも注目しながらお楽しみください☆

    2022年6月15日 20:57

  • 第39話 翳りの中に彩りが瞬くようなへのコメント

    関係者に会ったり話した内容含め、弁護士に相談しながらやらなきゃ離婚協議が難しくならないかな?それこそ要った言わないだとか含めて…

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    今回の愛華さんの主張は、ちょっとややこしくて分かりにくい感じでしたね(汗)
    これまで何一つ伝えてこなかった分、離婚の意思とその理由についてまず自分が出向いて直接伝え、義理の両親に同意を得たいってところだと思います。
    そこからは弁護士を交えた話し合いになるのか、もしくはノータッチでいてもらうかのどちらかになりますが、最初から危険も誤解も減るように弁護士に付き添ってもらうべきでした
    なんとか思い直し、和解できた雰囲気の二人でしたが、この先行きの不安定さを消しながら離婚まで漕ぎ着けるのか、ぜいお楽しみください☆

    2022年6月15日 20:49 編集済

  • 第38話 こうして朝日は夢路の果てを照…へのコメント

    前回の大学推薦入学→退学の流れで主人公が考え無し野郎(母校の推薦枠が取り消されるなどの影響を気にしない)だということが描写されていましたが、自分達のやっている事がDV夫からの保護、緊急避難から逸脱してタダの不倫旅行に堕していることを全く気にとめない(離婚調停では不利要素)ここ数回の展開が、「お前、彼女が知らない男と歩いてただけで振ったくせに、ダブルスタンダードだなあ」というところも相まって、この主人公に安易なハッピーエンドは許されないよなあ、とこの先の物語の進み方に興味がつきません。

    作者からの返信

    物語をしっかり把握した上での深い考察とご意見をいただき、ありがとうございます♪
    先見性がなく、その場の正義感や自分指標の感性で動いてる部分が露呈し、彼への信頼度はだだ下がりになってしまいますよね(笑)
    現状では一時しのぎとなっておりますが、知られれば当然調停での不利要素。旅行以外での関わり方も慎重になるべきですが、自制しそうな予感は一切してきません。
    もちろん、穏便な流れは待っておりませんが(笑)
    帰ってきてからの展開が果たしてどうなるのか、色々と予想を立てながらお楽しみいただけると嬉しいです☆

    ちなみに蒼葉くんのモデルになった人物によると、翌年からの推薦枠は残せたようです。夏休み中、高校の元担任に頭を下げてミラクルを起こしてくれたそうですが、余裕があればその辺りの裏話も組み込んでいきたいと思います!

    2022年6月15日 01:31

  • 第38話 こうして朝日は夢路の果てを照…へのコメント

    本当に大丈夫なんでしょうか?心配ですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    作者的にも心配でなりません。
    これまでは旦那のマインドコントロールによる危うさでしたが、今回はどうなのかもまだ不明です。
    純粋に姑夫婦を良く思ってたとしても、それはそれで危険な気がします。
    次の重要ポイントが出てきたところで終了しましたが、次回からどんな流れになっていくのか、ぜひお楽しみください☆

    2022年6月14日 19:46

  • 第38話 こうして朝日は夢路の果てを照…へのコメント

    嫌なフラグな予感が・・・(;´・ω・)
    ってか、しっかりマーキング返ししなきゃ( ´艸`)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    最後に突然フラグが入ってきましたね(笑)
    これには蒼葉くんも冷や汗ものでしょうが、本当に不安しかありません……
    愛華さんは思いも語っておりますが、危うい雰囲気です。
    マーキング返しまでは、恋愛初心者の蒼葉くんには厳しかったでしょう!(笑)
    愛華さん的には欲しかったでしょうし、マーキングだぞと示してますが、伝わりそうもありません(笑)
    今回の不穏な空気が物語にどう影響するのか、乞うご期待ください☆

    2022年6月14日 19:43

  • 第37話 消えずに残る軌跡と希望へのコメント

    う~ん、そういうのも踏まえて話すべきだと思うんだよね。確かに弱い部分晒すのは怖いけど、考え方とか擦り合わせなきゃ離れる原因になりかねない。変態思考は隠して可だろうが…このくらいならね

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    非常に共感できる内容で、思わず読みながら頷いておりました(笑)
    蒼葉くんの照れてしまう部分や、愛華さんの過去を聞いたからこそ気にしてしまうところは、実際には隠すレベルではないですよね。
    むしろ察してもらうことを彼女に委ねてしまってると言いますか、別の人ならハッキリしないことに苛立つかもしれません。
    ちょっとムッツリした感じに見えてしまいますが、交際初期の他人行儀感や、経験の薄さが無くなることによって、解消されてくれればと期待してます!
    ある意味健全な男子っぷりが露呈し、ハラハラとワクワクが入り交じる二人ですが、経験を経て成長した姿まで見届けていただければ嬉しい限りです☆

    2022年6月13日 19:11

  • 第37話 消えずに残る軌跡と希望へのコメント

    大学中退がずいぶんと情けない理由だな汗

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にそこなんですよね(笑)
    蒼葉くんの性格上、バカ正直に真っ直ぐ進むくせに自信なさげなので、もうムリかも……って思ったらそっち方向に突っ走っちゃったのかもしれません!(爆)
    それかバイトが楽しくなっちゃったんですかねぇ〜
    ともあれ進学先を選ぶのも通うのも、もうちょっと計画的にやってくれないと、今後に関しても頼りない感じで見てしまいます。
    さて順調に仲を深める二人ですが、のんびりしてる時間は徐々に減っております。
    このまま上手く事が運ぶのか、ぜひご注目くださいませ☆

    2022年6月13日 18:26

  • 第37話 消えずに残る軌跡と希望へのコメント

    蒼葉にはそんな過去があったんですね。愛華さんと出会えたのはもう運命ですね!まだ辛いでしょうに包容力を見せてくれる愛華さん。少しだけ元気が出たのでしょうか?女神のような愛華さんに心休まる日が来ますように……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    今回は過去回想が大半を占めましたが、第1話で浅間さん達にボヤいてた部分の経緯が明かされました。
    指定校推薦で大学を決めてなければ今のコンビニに勤めず、中退してなければフルタイムで働いておらず、フルタイムでなければお客さんとして来ていた愛華さんとの仲も深まらないという、まさに運命でした!
    間接的に女神愛華さんを救った、蒼葉くんの高校の担任gjです!(笑)
    前回泣いて甘えて発散できたのか、愛華さんの余裕も見れました。
    このまま離婚まで無事に漕ぎ着けられるよう、一緒にお祈りいただけると感謝感激です☆

    2022年6月13日 18:17

  • 第36話 例え涙に埋め尽くされるとしてもへのコメント

    全部…言質取られましたよね?( ; ゚Д゚)
    あぁ、引っ込みつきませんなぁニマニマ

    作者からの返信

    2話続けて応援コメントいただき、ありがとうございます♪
    とんでもないビックマウスを言質取られてしまいました。
    都合のいい男宣言からの、尻に敷かれる宣言、本当に引っ込みがつきません(笑)
    愛華さん一直線過ぎて、この20歳の青年が普通に心配になります(笑)
    この発言を受けて愛華さんが何か要求でもするのか、今後の展開にもご注目くださいませ☆

    2022年6月12日 15:45

  • 第35話 手探りだって信じていける(2)へのコメント

    蒼が無自覚で周りを見れてないから
    起きた現象ってのを言いたくなかった
    んだね…
    そして、そういうの含めて舞台を
    整えてないのが愛華さん的には
    嫌だったと。
    ま、言いたくないけど、実情知ってしまったしどうもならんし┐(´~`;)┌

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    序盤から浅間さんにおんぶにだっこだった蒼葉くんですが、避難場所にって言われた時は、とうとうやりやがったなコイツ! と拒み続けていた愛華さんでした(笑)
    離婚を決意する前の三人の飲みの時点で、愛華さんは軽く自己嫌悪に陥っており、結果的に中途半端な状態では浅間さんに申し訳ないと腹を括ったのでしょう。
    女性二人が折り合いをつけにいく中、蒼葉くんが引っ掻き回して起こった騒動でした(笑)
    目に余る無自覚鈍感さが露呈した主人公ですが、なるべく問題を大きくしないよう、あたたかく見守ってあげてください☆

    2022年6月12日 15:39

  • 第36話 例え涙に埋め尽くされるとしてもへのコメント

    あぁもう……愛華さんが幸せになれますように!少なくとも悲しまなくてすみますように!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    度重なる悲しい出来事から一旦落ち着いたかと思えば、浅間さんとの諍い、そして蒼葉くんが尽そうとし過ぎちゃう辺りを懸念したのか、心のダムが決壊してしまいましたね……
    その後は幼児的な甘え方をしてバランスを取ったのか、貰うばかりでなく与えてあげたいって意思が、いかにも愛華さんらしい健気さでした♪
    応援したくなりますし、むしろここまで頑張った彼女には、幸せが待っててくれないと泣きたくなります。
    最後に大見得切った蒼葉くんですが、この発言が二人をどのように進展させるのか、ぜひお楽しみくださいませ☆

    2022年6月12日 15:29

  • 第35話 手探りだって信じていける(2)へのコメント

    もってもてやな。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    実はもってもての蒼葉くんでした(笑)
    彼の過去についてはちょっと先で軽く語られますが、スペック的にはなんでこんなにモテてるのかイマイチ謎かと(笑)
    大学を中退し、一人暮らしを始めたことで覚醒したか、もしくは単に好みの人に振り向いてもらえなかったのかです。
    その辺りも余裕があったら物語に組み込んでいきますので、これからも応援いただけると幸いです☆

    2022年6月11日 19:14

  • 第35話 手探りだって信じていける(2)へのコメント

    愛華さんは今までのことがあるから1人で抱え込んじゃうんですよね。しかし浅間さんも辛いですよね……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にその通りでして、今回のお話は二人の持論的な部分がハッキリ出ていたかと思います。
    お母さんや旦那のケースから悲痛を背負いがちな愛華さんは、本来繊細な人だからこそ、近しい人に我慢させるのが耐え難いのかと。
    一方浅間さんは序盤から蒼葉くんのサポート役に回り、ずっと期待通りのいい友達として支えてましたが、それも強い想いを秘めていたからでした。
    蒼葉くんの気持ちが理解できず、自分の想いはグイグイぶつけていく初期の莉珠ちゃんとは、対比の存在です。
    対照的な二人のどちらにもキレ気味となった愛華さんですが、かなり安定感の無い状態が続いてるので、ここからどう巻き返していくのかお楽しみくださいませ☆

    2022年6月11日 18:49

  • 第34話 手探りだって信じていける(1)へのコメント

    そこで夫を恨めないのが愛華さんがDVとモラハラでマインドコントロールされていた証拠なんですけどね……解かなくて良いのでしょうか?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    飼い殺し状態が続けられたほど、強烈なマインドコントロールの影響が明るみになってますね……
    催眠術のようにかけるのも解くのも自在なら良いのですが、こうした日常的に繰り返されて習慣化したマインドセットは、環境を変えて徐々に正しく導くしかありません。
    蒼葉くんは手探りでありながら、解く為の準備をしているのかと思われます。
    浅間さんと軽く衝突し、愛華さんも未だ囚われてるような状態だとハッキリしましたが、彼らが無事に乗り越えられるよう見守っていただけると幸いです☆

    2022年6月10日 18:46

  • 第33話 切なる願いを追う限り(2)へのコメント

    浅間さんに愛華さんを匿うようにお願いして戻ってくると愛華さんが泣いていました。まだまだ愛華さんは不安定なんですね。浅間さんには愛華さんからも連絡することに。愛華さんには愛華さんの思いがありますからね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんは現状、かなり不安定な状態かと思われます。
    むしろこれまで気丈に振る舞えていた精神力がとんでもなくて、甘えさせてくれる人がいてくれることで、ようやく少しずつ解放されてる感じです。
    あとは離婚を決意するにも、かなり消耗が激しかったかと(汗)
    浅間さんの件に関しましては、これまでの流れでお気づきの方も多いかと思われますが、次回から深掘りされていきます。
    どのような話し合いになり、二人の道に関連してくるのか、ぜひご注目ください☆

    2022年6月9日 17:11

  • 第32話 切なる願いを追う限り(1)へのコメント

    どのタイミングで旦那が気付くか…
    弁護士動いてからが理想だけど( ; ゚Д゚)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    そこ、本当にかなり重要なんですよね……
    現在は4泊の旅行中とのことで、二人が遊べる余裕もありますが、帰ってきてからは時間との勝負かと思われます。
    先手を打てれば旦那も対抗手段に追われますが、間が空くと無法地帯ですね(汗)
    その辺りも含め、愛華さんと蒼葉くんがどういう考えを示すか、次回から順次明かされていきます。
    二人の行く末を今後も応援いただけると嬉しいです☆

    2022年6月8日 18:43

  • 第32話 切なる願いを追う限り(1)へのコメント

    元々取り繕った猫を被って居たんやろな。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    DV夫あるあるですよね!(笑)
    少なくとも真っ当な人の行動ではないので、現在の姿が本性だと思われます。
    この辺りを愛華さんが気付けなかった理由として、育った環境に男性がいなかったことが影響してるなと思っております。
    外面と内面的な部分は、特に異性において最初に学ぶのは家族からですので、その違いを見分けるのは彼女には難しかっただろうなぁと。
    猫被りの宿敵と決着がつくのはまだ先になりますが、今後も二人を応援していただけると嬉しいです☆

    2022年6月8日 18:37

  • 第32話 切なる願いを追う限り(1)へのコメント

    お墓参りの後は熱海で温泉で一泊!愛華さんの無邪気な姿が見られて一安心ですね。そして浅間さんに頼みたいこととは一体……?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    こういう部分で蒼葉くんの性格が出ると言いますか、純粋に愛華さんを喜ばせたい一心だなぁって感じます。
    すぐに切り替えてウキウキになっちゃう愛華さんも、素を出せる人の隣だからって考えると、安心して二人を見守れますね♪
    浅間さんへの頼みは次回明らかになりますが、今回のお話の中のそのままの流れって感じです!
    離婚という大きな課題が残る中、まずは心のリフレッシュから始めた二人ですが、どんなひと時を過ごすのか、ぜひお楽しみくださいませ☆

    2022年6月8日 18:23

  • 第22話 いつもと違ったそこの景色(1)へのコメント

    「彼の見解で一理あると思ったのは、石切さんが友人同士のコミュニケーションだと受け取れるのが、どこまでなのかを把握するところです」

    なんかこう、主人公の許容範囲ギリギリいっぱいまではやるつもいりでいるように聞こえるのがなんとも…
    交際相手の許容範囲関係なく世間一般で疑われるような行為はつつしむのが普通ですよね?

    作者からの返信

    とても興味深いコメントをいただき、ありがとうございます♪
    物語をしっかり読んでいただき嬉しい限りです!

    実は橘莉珠ちゃんと幼馴染の関係、作者も腑に落ちておりません(笑)
    おっしゃっていただいた通りでして、りっちゃんは蒼葉くんと付き合うにしても、幼馴染とギリギリの関係を続けたいと言ってるようなものです。
    そこを好きな人に合わせるくらいの覚悟がほしいですが、彼女みたいに離れられない恋人未満がいる人、結構多いなと常日頃から思っておりました。
    こうした価値観に共感できるかどうかも、この作品の楽しみ方のひとつとなりますので、今後も意見などいただけると嬉しいです☆

    2022年6月7日 23:57

  • 第31話 この胸に刻まれているから(2)へのコメント

    どうして神様は愛華さんにこんな仕打ちをするのでしょうか?蒼葉くんが愛華さんの心を埋めてあげないとですね!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    神は乗り越えられない試練は与えない――なんて言葉もございますが、愛華さんの体験を見る限り、とてもそうは思えませんよね(汗)
    作者なら絶対に耐えられません。
    それでも蒼葉くんという光に手を伸ばした彼女は本当に勇気があり、誰よりも素敵な女性になるのでしょう。
    もちろん、二人揃って本当の幸せを築き上げたときが、真に報われる瞬間だと思います。
    蒼葉くんは彼女を支え続け、順調にハッピーエンドまで導けるのか、乞うご期待ください☆

    2022年6月7日 19:40

  • 第31話 この胸に刻まれているから(2)へのコメント

    仲の良い親族が居れば夫との関係が悪化した時に逃げられたんだけどね……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    この件に関しましては、本当にその部分が一番のネックで、愛華さんが耐え続けた理由と旦那がエスカレートした原因も、そこに行き着くかと思います。
    恐怖と痛みならどちらを我慢するか。
    相手が逃げられないと知っていれば、支配欲はどこまで膨らむのか。
    こうした悪い連鎖は身近なところで起きてる場合も多いので、周囲の介入が重要だと、たくさんの人に知ってもらいたいと願うばかりです。
    一生懸命前に進む二人を、これからもあたたかく見守ってくださいませ☆

    2022年6月7日 19:31

  • 第30話 この胸に刻まれているから(1)へのコメント

    離婚成立までが途方もなく長いとかいうフラグ?
    またキレて暴力振るわれそう( ; ゚Д゚)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    相談後の愛華さんの発言とか、ちょっと心配になりますよね(汗)
    もう全部弁護士さんに任せた方が良くない!? って、作者もツッコミたくなりました(笑)
    暗雲立ち込める重苦しい空気になってたのも、気になる点です。
    ここから彼女の考え方の根本部分が明かされていき、目指す先が見えてくるような内容が続きますので、二人の望む幸せがどんな形なのか想像しながらお楽しみいただけると嬉しいです☆

    2022年6月6日 18:53 編集済

  • 第30話 この胸に刻まれているから(1)へのコメント

    調停ではなく協議離婚で済みそうとは弁護士さん優秀ですね。そしてやっぱり実家じゃなくてお墓参りでしたか……しかし夫だけでなく家庭環境も親戚もこれでは愛華さん辛かったでしょうね。蒼葉くんと2人で幸せになりましょう!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんがどんな内容で相談したのかにもよりますが、協議で終わらせてくれるというのは頼もしいですよね!
    なぜか作者の周りにいる心が綺麗な人って、ものすごい境遇に育ってたりするんですよね。
    そのせいか、どうしても不幸な部分を際立たせてしまう節があります(笑)
    愛華さんが行きたかった場所まで来たわけですが、次回ここで何を語るのか、そして二人の行く末を見守ってくださいませ☆

    2022年6月6日 18:46

  • 第29話 求めたものは以前よりも確実にへのコメント

    甘えん坊な愛華さんかわいいですね!夜中に脱いでしまった件といい蒼葉くんに心を許しているのがわかってキュンキュンしました。甘えるのも甘やかすのも大好きな愛華さん最高です!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    ラブコメらしいお話に戻り、完全にデレデレ状態となった愛華さん、本当に可愛らしいです♪
    蒼葉くんに目いっぱい甘えて、また元気な小悪魔顔もできるようになってほしいですね。
    重い内容が続いた分、こうした平和なひと時が尚のこと愛しくおもえます。
    次回からも甘々な二人が見られるのか、はたまた何かが巻き起こるのか、乞うご期待くださいませ☆

    2022年6月5日 18:45

  • 第29話 求めたものは以前よりも確実にへのコメント

    出来れば興信所に依頼して素行調査もしたいけどね。不倫や犯罪やら。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    余罪が色々見えてきそうで、その辺りもハッキリさせたいところですよね。
    特に豹変したという時期の前に浮気でもあれば、それがキッカケとなり罪が益々重くなるかと思われます。
    その点については今後少し触れますが、愛華さんの現状からして、一刻も早く平穏を取り戻したいと考えていそうです。
    休憩のような回を挟み、物語はどんな方向に進んでいくのか、お楽しみいただけると嬉しいです☆

    2022年6月5日 18:39

  • 第28話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    わかっていましたが真っ黒ですね。他の方もコメントしているように今のうちに打てる手は打っておきましょう。お互い告白出来て良かったですね。早く離婚調停をしてしまいましょう。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    黒光りしそうなくらい黒々してましたねぇ……
    前後半でだいぶ温度差のある回でしたが、旦那の濃さに塗り潰されてしまいました(笑)
    愛華さんの本質が相当前向きだからこそ、これまでの振る舞いができていたのだと、しみじみ書いたのを覚えてます。
    家裁にならずとも、調停段階で言い逃れ不可ですので、見守る側としては鉄槌を下してほしいところです。
    蒼葉くんが連休を取りましたが、どんな展開に持っていくのか、次回以降もお楽しみください☆

    2022年6月4日 17:09

  • 第28話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    とりあえず病院行って診断書、それもって警察に傷害で訴えて訴訟。弁護士使って離婚協議とDV提訴で賠償請求かな…
    治る前に診断書は急がなきゃ
    屑旦那は落とさなきゃね…

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    かなり生々しい展開を迎えまして、さっさと犯罪者のクズ男を成敗してしまえーって気分になりますよね!
    あとは愛華さん本人がどこまで洗脳から逃れ、恐怖心を克服してるのかが重要かと思います。
    メンタル面は遅かれ早かれ乗り越えられそうな二人に思えますが(笑)
    ドロドロした流れは休憩を挟みつつ、また新たな局面を迎えます。
    今後とも色んな視点で見守っていただけると嬉しいです☆

    2022年6月4日 16:59

  • 第28話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    例えカップルや夫婦でも強姦罪や強制性交罪は成立するのにねぇ……
    DVと合わせて普通に犯罪ですわ。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当に傷害罪や強姦罪が適用される、紛うことなき犯罪なんですよねぇ……
    こうしたクズ男にありがちなのが、夫婦だから強姦じゃないとか、所有物のように扱うことに罪の意識が皆無の、とんでもない暴論を展開できる点だと思っております。
    それでいて外面が良かったりするので、タチが悪いかと(笑)
    愛華さんが抱えてきた大きなものがハッキリして、また一歩も二歩も前に進めた二人ですが、今後どのような選択をしていくのか、ぜひご注目ください☆

    2022年6月4日 16:48

  • 第27話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    うちも流産経験したけど、その産婦人科の先生に言われた言葉
    『精子と卵子が受精し核形成し心音の元が出来なければ流産。たまたま精子、もしくは卵子が受精し不具合で受精卵が産まれるのを拒否したのだと思いなさい。両親に苦難負わせるなら今回止めときますって意思だったんだよ。また機会あったら会おうねって』
    確かに何億という精子全てが健全じゃない時もあれば、卵子が不調もある。その巡り合わせのものだから…。また、その相性もだしね。
    にしても旦那さん化石時代人か?腹立つね

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    とても素敵なお医者様で、心がほっこりしました☆
    本当に巡り合わせと相性が大切なので、責任を感じないというのは難しいとしても、決して無駄ではなかったと思える言葉や支えが重要ですよね。
    このお話にも元になった作者の経験がありますが、パートナーの無関心や責任の押し付けがいかに酷なことか、より多くの方に感じていただければという思いもございます。
    この旦那、次回もっととんでもないことが発覚いたしますが、似たような人物が現実にいるだけでゾワッとします(笑)
    今回を機に蒼葉くんと愛華さんがどうやって前に進んでいくか、今後とも応援いただけると嬉しいです♪

    2022年6月3日 18:29

  • 第27話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    DVに加えてモラハラまで……愛華さんの引け目に付け込んで都合の良い道具として手放さず飼い殺しにしていたわけですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    まさに仰っていただいた通りでして、この飼い殺しという行いがどれほど被害者を苦しめるのかは、言うまでもありません。
    そうした中で蒼葉くんの存在がどれだけ大きかったか、これまでのお話と今後の展開で感じていただけると嬉しいです。
    愛華さんが助けを求めて良いのかどうか悩んでいた部分を想像すると、作者目線でも胸が苦しくて堪りません。
    次回は今回のDVに至った経緯、そして二人の決断が描かれますので、どうぞご期待ください☆

    2022年6月3日 18:19

  • 第27話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    今までの発言や行動を記録し録音をしっかりしていれば、今回のDVが無かったとしても慰謝料貰って離婚出来る話やね。

    まぁ負い目のせいで精神的に追い詰められていて、そう言う風には行動に移せなかったんだろうけれど……

    おそらく不倫もされてると思うんだけどなぁ……諸々証拠が必要ですな。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんに訴える意思さえあれば、もっと早い段階で呪縛から逃れられただろうと想像できる内容ですよね。
    実際こうしたケースに作者も触れてきまして、被害者が一歩踏み出す為に周りの助けがどれほど大きいのか、痛感してまいりました。
    愛華さんは悩みながらも、一番味方になってくれそうな蒼葉くんと良好な関係になれたことで、勇気を持てたと思います。
    今後の展開につきましては、仰っていただいた部分がポイントとなります。
    離婚を決意した愛華さんがどんな行動を取り、今回のDVに繋がったのか、その辺りにご注目ください☆

    2022年6月3日 18:09

  • 第26話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    あのケガはまさか夫からのDV?!果たして愛華さんから聞かされる衝撃の事実とは?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんの様子とこれまでの夫婦仲への言及、そして蒼葉くんの感じてる予感も、そこに行き着いてるかと思います。
    正直辛そうな愛華さんは、書いてる作者も心が痛むばかりです……
    彼女自身、たくさん伝えてないことがあると述べており、ここから怒涛の真相ラッシュとなってまいります。
    無事に乗り越え、二人に幸せな未来が訪れるよう、あたたかく見守っていただけると幸いです☆

    2022年6月2日 19:49

  • 第26話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    病院と警察に行って診断書を用意して裁判の準備をしたいレベルですな。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    離婚するに当たって、偽造のほぼ不可能な医師の診断書は効力の高い証明となる為、DVでしたらすぐに診察を受けてほしいところですね!
    まだ断定はされておりませんが、流れと状況的に最早無関係とは思えないレベルです。
    彼女に一体何が起きたのか、そしてこれから何をしようとしてるのか、物語は急展開へと突入しております。
    次回以降もぜひ二人の幸せを応援していただけると嬉しいです☆

    2022年6月2日 19:46

  • 第26話 もう後戻りする気はありません…へのコメント

    あぁDVか、別れ話がもつれたか…あたりかな
    にしても酷いな…

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    物語をしっかり読んでいただき、嬉しい限りです☆
    序盤から匂わせていた夫婦仲の悪そうな様子、そして前回の愛華さんの決意の後なので、その辺りの可能性が高そうに思えますよね……
    蒼葉くんも何やら予感があるみたいなので、同じように考えてるのではと思います。
    次回から彼女が抱えてきたものが次々と明かされていきますので、ぜひ優しく見守っていただけると嬉しいです!

    2022年6月2日 19:41

  • 第25話 夜空の月に魅せられていくへのコメント

    浅間さんの助けもあってついに蒼葉くんと愛華さんがお互いの想いを打ち明けましたね。愛華さんは覚悟を決めた様子。愛華さんが伝えていないたくさんのことを聞いても蒼葉くんの想いは揺らぐことはないのでしょうか?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんが決心してくれて、蒼葉くんとしては本当に嬉しい瞬間だったと思います。
    なんとなく損な役回りになってる浅間さんですが、作者的には彼女にも報われてほしいところです。
    愛華さんの秘密についてですが、これまでの行動を裏付けるような、すごく重いものばかりです。
    蒼葉くんがしっかり支えていけるかが鍵となりますので、ぜひ二人を応援しながら見守ってあげてくださいませ☆

    2022年6月1日 18:42

  • 第24話 それこそが始まりに他ならなくてへのコメント

    いきなり寒川さんに匂いでバレたのでしょうか?そうとしか思えない……そして相変わらずアピールしてくる愛華さん(笑)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    寒川さんが疑問を抱いた点についてですが、今後も描写する予定が無いので、ハッキリお伝えしておきます。匂いでバレております(笑)
    現段階で言えるのは、日頃から他人をよく観察してる寒川さんだからこそ、すぐに気付いたというところでしょうか。
    弁明する間も無く口論が始まったので、蒼葉くんポカーンでしたが(笑)
    愛華さんはブレません!
    ただこの一件を機に、次回からはだいぶ状況が変化していきます。
    これまでよりシリアス展開重視となり、読み返すとただのイチャラブではなかったと感じるかもしれませんので、乞うご期待ください☆

    2022年5月31日 18:07

  • 第23話 いつもと違ったそこの景色(2)へのコメント

    浅間さんの家で浅間さんと添い寝することに。また大事なアドバイスをしてもらいましたね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    浅間さんは優秀なサポートキャラであり、蒼葉くんと近い目線で助言をくれる良い子です☆
    自分から恋人未満と言ってる辺り、二人の仲の良さも窺えます。
    今回のアドバイスでまた展開が動くのか、ぜひご注目ください♪

    2022年5月30日 18:32

  • 第22話 いつもと違ったそこの景色(1)へのコメント

    浅間さんの家に呼ばれてしまった石切くん。これからどうなってしまうのでしょうか?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    だいぶ意外な展開になってまいりました!
    蒼葉くんが何かと頼りにしてる浅間さんは、果たして何を思って自宅に招こうとしているのか、それが重要なポイントであることは間違いありません。
    彼女の行動が蒼葉くんの恋、そして愛華さんとの関係にどう影響していくのか、ぜひご注目ください☆

    2022年5月29日 19:24

  • 第21話 歩んだ分だけ先が長く感じてし…へのコメント

    変化した元カノから突きつけられた言葉「このままではいけない」……重いですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    蒼葉くん的にはグサッときたでしょうね〜(笑)
    莉珠ちゃんの成長を感じながらだったので、尚更取り残されたような、手痛い反撃にあった様な感覚だったかと思います。
    莉珠ちゃん的には自分の話をしていただけって感じでしたが(笑)
    バイト仲間達を巻き込んで、選択を迫られる蒼葉くんがどう行動するのか、ぜひ今後もお楽しみください☆

    2022年5月28日 18:20

  • 第21話 歩んだ分だけ先が長く感じてし…へのコメント

    元カノと幼馴染みの関係はその後にどうなってるんだろね?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    蒼葉くん達にも重要で、最も気になる点ですよね!
    橘莉珠ちゃんが二股騒動をどの様に決着させようとしているかは、次回明らかになります。
    文章量の都合上、その部分までを1話に収めきれませんでした(笑)
    それぞれ進展がある中、彼ら彼女らがどんな道を選んで行くのか、引き続きお楽しみください☆

    2022年5月28日 18:14

  • 第20話 そんな普通は変化を続けていた…へのコメント

    愛華さんと蒼葉くん傍目にはラブラブカップルですね(笑)小悪魔な愛華さんと紳士な蒼葉くん。お互い心を許しているのがわかります。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にそんな感じで、お互いがお互いを思いやってる様子が濃くなってまいりました!
    今回の愛華さんはまた少し心境が変化したのか、露骨に照れてしまったり、蒼葉くんが自分にとってどれだけ大きな存在かを暗に伝えていたりします。
    長く続いていたイチャイチャ主体の展開は一旦幕引きとなり、次回からはいよいよ大筋へと繋がっていきます。
    チラホラ出ていた伏線的な部分も回収されていきますので、その辺りもじっくり読んでいただけると嬉しいです☆

    2022年5月27日 17:22

  • 第19話 そんな普通は変化を続けていた…へのコメント

    レストランであ~んと思いきや愛華さんにキスされてしまいましたね!愛華さんは葛藤は残っているけど気持ちは傾いていますね。蒼葉はそこを乗り越えてしまうのでしょうか?!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    二人の心境が揺れ動いてるのを感じますね〜
    蒼葉くんは戸惑いながらも、様子を窺ってるといったところでしょうか。
    愛華さんの希望に応えることだけに尽力してる辺り、尊い愛情を感じます♪
    傍から見れば早くくっついてしまえ〜という状況ですが、果たして平穏に進展していくのか、ぜひ今後もお楽しみください☆

    2022年5月26日 19:31

  • 第18話 そんな普通は変化を続けていた…へのコメント

    またからかいモードかと思いきや一転して真剣に訴えてくる愛華さん。蒼葉くん、恩に着せたせいではないと思いますよ?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    いよいよ愛華さんはおふざけで済ませられないほど、強い感情を示してきましたねー。
    蒼葉くんは一線引かないとって意識があるせいか、喜びよりも戸惑いばかりが目立っておりました(笑)
    このお出掛けを機に二人の関係がどう変化するのか、あたたかい目で見守ってあげてください♪

    2022年5月25日 18:12

  • 第17話 だけど届かない場所にも思えないへのコメント

    愛華さんの手のひらで転がされる蒼葉くんでありました(笑)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    朝っぱらからだいぶ愉快にコロコロされてましたね〜(笑)
    二人の打ち解け具合いに、作者も思わずニヤついてしまいます(笑)
    愛華さんに振り回されるばかりの蒼葉くんでしたが、次回からまた少しずつ変化していきますので、今後もお楽しみいただければ幸いです♪

    2022年5月24日 18:58

  • 第16話 近くにあってなんとなく遠い距…へのコメント

    誰が愛華さんを責められるのでしょうか?「都合のいい男」になっても愛華さんに幸せになって欲しい蒼葉の気持ちが尊いですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    愛華さんが秘める想いの大きさも見え始めて、それ故に自身を責めてしまうところに切なくなりますね。
    早く素直に向き合えることを願うばかりです。
    今回の蒼葉くんは、作者的にもだいぶイケメンなのではないかと思っております(笑)
    禁断なのに純愛。そんな尊さが伝わってきて、報われてくれぇって祈りながら書きました(笑)
    次回はちょっとしたイチャイチャ展開を挟んでから、また物語がどんどん進んでいきますので、今後もお楽しみください☆

    2022年5月23日 20:41 編集済

  • 第15話 近くにあってなんとなく遠い距…へのコメント

    ここで踏みとどまれている主人公を尊敬。

    作者からの返信

    以前の作品から引き続き読んでいただき、本当に嬉しい限りです♪
    今作の主人公である石切蒼葉くんは、ピュアで実直なお人好し青年というイメージで生まれました。
    なので気持ちが膨らんでも相手は人妻であり、良くないことをしてるという意識が働くのでしょう。
    そんな彼が愛華さんの急接近にどう応えていくのか、ぜひ今後の展開もお楽しみください☆

    2022年5月22日 23:02

  • 第15話 近くにあってなんとなく遠い距…へのコメント

    「そっか。でもあたしには本気にならないでね」
    「え? どういう意味っすか?」
    「あたしにとってキミは、友達として大切な人。添い寝もするからソフレかな? そういう認識でいてほしいの」
    「そ、そりゃそうっすよ! 愛華さん既婚者ですもん」
    果たして2人ともどこまで本心なのでしょうか?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    この会話、かーなーり怪しいですよね!(笑)
    蒼葉くんは言わずもがな、愛華さんの発言も行動とかけ離れてる感じです。
    次回のお話でこの時の二人の気持ちが見えてきますので、ジレジレなのかイチャイチャなのか分からないやり取りに、もう少しだけお付き合いください☆

    2022年5月22日 20:47

  • 第14話 幻にも似た儚くも蒼い華へのコメント

    お互い名前呼びするように。そして愛華さんからの告白?!と思いきや……でも蒼葉は誠実ですね。旦那さんとの仲が良くなさそうですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    また一歩距離が近付き、二人の進展が予感される回でした。
    蒼葉くんの誠実さ、実は私の作品の主人公の中では珍しいタイプで、すごく気に入ってる人物だったりします!(笑)
    旦那との仲に疑惑が漂う中、果たして二人にとって幸せな未来に繋がるのか、ぜひ注目しながら引き続きお楽しみください☆

    2022年5月21日 15:48

  • 第14話 幻にも似た儚くも蒼い華へのコメント

    う~む旦那さんとの仲がかなり怪しいね。
    色々有り得るけれど

    冷めきっている
    不倫されている
    モラハラが酷い
    DV(肉体的or精神的or経済的)

    どんな理由だろうねぇ……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    本当にだいぶ陰りが見えてきましたねー……
    以前から夫婦仲の疑いは見え隠れしていた部分ですが、この物語の根幹に繋がっていきます。
    理由につきましても徐々に明かされていきますので、ぜひ彼らの行く末を見守りつつ、楽しんでいただければと思います☆

    2022年5月21日 15:43

  • 第13話 形を変えて色付いていくへのコメント

    貴船さんの美味しい料理とエッチなアプローチに酒も入って石切くんついに陥落?!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    ベロンベロンの状態でしたが、勢い任せに口走ってましたねー(笑)
    貴船さんもやたらと積極的でしたし、時間の問題だった――というところでしょうか。
    軽く流されてましたが、次回から二人の距離感がどうなっていくのか、ぜひお楽しみください☆

    2022年5月20日 17:51

  • 第12話 当たり前のようで歪に絡まる結…へのコメント

    貴船さんのエッチなアプローチに石切くんたじたじ(笑)もちろん夕飯はご褒美だけどそれ以上にご褒美だったのかも?もし貴船さんが素を出せる相手が石切くんなのならばそれは幸運なことですね。

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    止まない猛ラッシュにたじたじでしたね(笑)
    相手が人妻だからと必死で抗いつつ、今にも落ちそうな石切くんはとても可愛らしいです(笑)
    貴船さんも楽しんでるみたいですので、いよいよ旦那から石切くんに乗り換えるつもりかと疑わしくなってまいりました!
    三角関係か四角関係か、はたまたそれ以上なのか? そんな絡まり合うラブコメ展開を、ワクワクハラハラしながらお楽しみいただけると嬉しいです☆

    2022年5月19日 21:12

  • 第11話 当たり前のようで歪に絡まる結…へのコメント

    2人ともお互いに憎からず想っていますね(笑)貴船さんのご褒美とは……?

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    二人の距離感がグッと近付いた感じの回でしたねー!
    遠慮が薄まったというか、素直さを出しながら葛藤が見え隠れする二人と、その雰囲気に周りも気付き始める内容でした。
    ご褒美もとても気になる部分です(笑)
    これからどんな展開が待ち受けているのか、乞うご期待ください!

    2022年5月18日 18:18

  • 第10話 今この時の想いに触れるへのコメント

    貴船さん人妻でさえなかったら石切くんの好みど真ん中?何か夫婦仲は良くなさそうな感じですね……グイグイ来る貴船さんに心揺れますね(笑)

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    実はそうなんです!(笑)
    美人過ぎるという肩書き通り、一般的に見て綺麗な人であることには違いありませんが、石切くんの主観では人妻以外の部分がほぼ理想のように語られております!(笑)
    貴船さんにも心境の変化があったのか、自身のことに軽く触れましたね。
    ここから俺のターンと言わんばかりに怒涛のラッシュが続いていきますので、題名通りの展開をお楽しみください♪

    2022年5月17日 17:40

  • 第9話 これまでよりこれからを見据えて…へのコメント

    大切にもしていなくて、なんなら自分で捨ててもおかしくない物でも、他人に勝手に捨てられたら腹が立ちますよね。

    普段蔑ろにしているど田舎の領土でも、いざ侵略されたら1cmも譲れない愛しの国土になる。

    振られて執着するのは愛情ではなくそういう心理だと思ってますが、この子のはどうなのだろう。

    作者からの返信

    貴重なコメントをいただきありがとうございます♪
    人が誰しも持つ執着心や独占欲。それが刺激されて愛情と錯覚するケースも充分に考えられますよね!
    自分のことを棚に上げて貴船さんに指摘する莉珠ちゃんにも、当てはまりそうな気がしてなりません。
    今後の展開から彼女の価値観のヒントが得られますので、ぜひその辺りに注目しながらお楽しみください☆

    2022年5月17日 12:09

  • 第9話 これまでよりこれからを見据えて…へのコメント

    橘ちゃんの態度も意味不明だし貴船さんもどうしてそこまでしてくれるのかわからないですね。客観的な情報が足りなすぎる……

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます♪
    今回の話によって、莉珠ちゃんの行動は本当に意味不明状態になってしまいました。
    彼女が何を求めているのか、現状では想像するのも極めて難解でして、ただ1点のみ主人公への好意だけを主張しております(笑)
    今後の展開でどこまでスッキリ飲み込めるかも、恐らく読者様次第かと考えてしまうレベルであります。
    ちなみに作者は腑に落ちておりません(笑)

    貴船さんに関しましては、次話以降でどんどん判明していきます!
    行動の動機を匂わせる話が続き、急展開に感じるかもしれません。
    その辺りもぜひお楽しみいただけると幸いです☆

    2022年5月16日 18:00