セマザサ族の刺繍

作者 くれは

この刺繍が本当はどこにも無いということが信じられない

  • ★★★ Excellent!!!

どこを取ってもリアリティのある描写で、願いや思いを込めたセマザサ族の刺繍について、もっと知りたいと思ってしまいました。
このお話がくれはさんの想像力によって生み出されたことのへ驚きと、創作の面白さ、その純粋な喜びを改めて感じられる作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

日記のような役目を果たす布を持つ民族の話。
架空のお話でありながら、その文化のリアリティがすごい。
海を越えて、大地をゆけば、どこかの山や川を過ぎたそこに、その民族は確かに存在する。
そんな質感をも… 続きを読む

萌木野めいさんの他のおすすめレビュー 828