【詩集】残月詩情

作者 つきの

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全180話

更新

  1. 残月詩情
  2. 冷たい雨の降る朝は
  3. 今日を生きる
  4. 好きって言ってよ
  5. せめて泣けますように
  6. 茶粥の想い出
  7. 可愛げ
  8. 蹴飛ばして
  9. この不条理な世の中で
  10. 豊かな時間
  11. 冬晴れの日
  12. うたた寝の午後三時
  13. いいのいらないの
  14. しょうがない
  15. 思考回路
  16. 復誦
  17. うそつき
  18. わたしというもの
  19. 眩暈
  20. 息継ぎ
  21. 苺のケーキ
  22. 澱み
  23. 虎落笛(もがりぶえ)
  24. 孤独な夜に
  25. 今日はまた別の一日
  26. 明日は大晦日
  27. しあわせ
  28. ふるさと
  29. 冬の匂い
  30. 生きて、生きて、生きて
  31. 心の糸
  32. カレンダー
  33. のほほん
  34. 壊れかけのロボット
  35. ウインク
  36. ほんとうのこと
  37. かもしれない
  38. にらめっこ
  39. 流星
  40. 世界とわたし
  41. 泡沫
  42. コトノハ
  43. 無口になる
  44. 百色眼鏡
  45. 生まれてきた日
  46. 世の中ってもんが
  47. ぬくもる
  48. ブラック珈琲
  49. 硝子瓶
  50. 母からの手紙
  51. 耐冬花
  52. ポンコツ
  53. 真冬の蝉
  54. わたしのからだ
  55. カッコ悪い生き方
  56. それぞれ
  57. ひとひら
  58. 曇り空みたいな日
  59. 心配性
  60. 心的外傷
  61. こやみ
  62. うーん
  63. クシャミ
  64. タラッタラッタ
  65. ピノッキーナ
  66. 忘れてなんかあげない
  67. きっと道は開ける
  68. 心を一滴
  69. 冬の娘
  70. つながる
  71. 闇と光と
  72. 花一華
  73. こいうた
  74. この名、ひとつだけ
  75. 豆腐のつかみかた
  76. 何でやろねぇ
  77. 書きかけの手紙
  78. 哭く声
  79. 失敗するのはいつでも怖い
  80. 青い鳥
  81. ゆらりゆらり
  82. 夜の色
  83. 毛布の森で
  84. 小さな棘
  85. 優しい記憶
  86. 単純
  87. 口癖と本心
  88. 掌編「揺れる」
  89. 覚束ない
  90. 心を乗せて
  91. やっぱり本が好き
  92. 三月になると
  93. 晩冬
  94. メランコリー
  95. クラゲみたいに
  96. 今日はまた新しい一日
  97. 空と話す
  98. 一期一会
  99. カレー狂詩曲(ラプソディ)
  100. わかってるなんて言えない
  101. バスに揺られて
  102. わたしのモノガタリ
  103. めいそう
  104. 自分のご機嫌
  105. 春が来たというのに
  106. 春の憂鬱
  107. 寒の戻り
  108. そして詩になる
  109. うまく鳴けないウグイス
  110. 気づけますように
  111. 寂しいわたしをみつけて
  112. シアワセノキオク
  113. 腰痛と花粉症
  114. 低空飛行
  115. 桜雨
  116. 嘘と本当
  117. わたしのノート
  118. モンシロチョウ
  119. みえないもの
  120. 足るを知る
  121. げんこつの花
  122. いたわる
  123. まるくなる
  124. 否が応でも
  125. 駆け足の春
  126. 温室
  127. 花粉症のトナカイ
  128. 思考迷宮
  129. ガオー
  130. 手のひら返し
  131. 病院の日の朝
  132. 痕跡(あと)
  133. 交通渋滞
  134. 踏ん張る
  135. 夜の音
  136. 葉桜
  137. わたしへ
  138. それでいい
  139. 緑まぶしく
  140. ふきのとう
  141. 月暈(つきがさ・げつうん)
  142. おろしがね
  143. 誰のためでもなく
  144. 問答
  145. アオバズク
  146. 春の嵐
  147. 朝霧
  148. 耳のなかの風
  149. チャイ
  150. 草むしり
  151. 鍍金
  152. 春雷
  153. ゆっくり
  154. ここからはじめる
  155. ひとり
  156. 新緑の季節
  157. 胸の中の渾沌
  158. 何度でも
  159. 憶測
  160. 命の糸
  161. 雨の日の手紙
  162. 幻の爪
  163. 梅雨の走り
  164. 懐かしい味
  165. おかあ、ぎゅうう
  166. 空白
  167. 囚われて
  168. 価値
  169. 駆け抜ける一週間
  170. 切れないナイフ
  171. せめて優しい言葉を
  172. 焦らないでね
  173. 逢魔が時
  174. またね
  175. 空はこんなに遠くなってしまった
  176. 夏のはじまり
  177. 無口
  178. 雲外蒼天
  179. 詩集「残月詩情」あとがきとこれから