【詩集】十六夜書簡

作者 つきの

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全93話

更新

  1. 十六夜書簡
  2. 小さなわたし
  3. もうすぐ梅雨も明ける
  4. コトバノカケラ
  5. ハンカチは贈らない
  6. 八月、葉月
  7. “Sturgeon Moon”の夜に
  8. もやもや
  9. 太陽を仰いで
  10. ゆっくりともだち
  11. すこしでも、おおくのことばを
  12. すきなもの
  13. 夏の朝に
  14. 息を吸って吐いて
  15. あしもと
  16. 冷たいTシャツ
  17. よっこらしょ
  18. 揺れて沈んでまた浮いて
  19. もういいかい、もういいよ
  20. 考えること、忘れないこと
  21. そのくらいでいい
  22. 優しい嘘と残酷な誠実
  23. 摘みたくなるの
  24. 欠片ノ カタチ
  25. 「鍍金硝子」「きいてわたしのこえ」
  26. あたりまえの夜
  27. 其処に救いがあればいいのに
  28. 檸檬🍋の氷
  29. 理屈じゃないの
  30. 胼胝(たこ)
  31. 言の葉が凶器になる時
  32. 楽しいことだけで
  33. 銀鉤
  34. 馬鹿だねぇ
  35. ほてり
  36. 麦藁帽子
  37. 懐かしい歌と今日という日
  38. 心はいつも自由
  39. 傷のカタチ
  40. 台風、夜明け前(台風19号の夜に)
  41. この夜を越えて
  42. 台風のあと
  43. prayer(2005.9)
  44. 夜ノナミダ
  45. ラクガキ絵本
  46. 言葉の舟で
  47. 何処にもない風景(2007.9)
  48. 秋霖(しゅうりん)
  49. 曼珠沙華
  50. 秋風を感じながら
  51. かくれんぼ(2006)
  52. わたしの歩幅
  53. 意地っ張りの空
  54. 消失
  55. 渇望(2005)
  56. 窓を開けて
  57. 落ち葉の季節
  58. ハッピーエンド(2009)
  59. 泡沫(うたかた)
  60. 電話の声が聴こえない
  61. 秋の夜のクリームシチュー
  62. 胸の内
  63. いつか旅に
  64. 灯りを探して
  65. ぐるぐる
  66. くちなし(2009)
  67. 幾望の月
  68. 大丈夫じゃないよ
  69. 我慢と沈黙
  70. 溜息の数
  71. 追いつけないにもほどがある
  72. 片付かない
  73. 掌の中の世界
  74. 同じ空の下で
  75. 夕暮れの感傷
  76. ノイズ
  77. 孤独の影
  78. 灰色雲とわたし
  79. それぞれの命
  80. オトナの流儀
  81. 窓を開けて
  82. どうか
  83. ひとりの娘
  84. 往く道
  85. 明日の天気はわからない
  86. 散りゆく木の葉
  87. 今日の一曲
  88. 上手くいかないことなんて
  89. 半醒半睡
  90. 雨よ、今だけは
  91. 夜の帳(ヨルノトバリ)
  92. 反故紙