【詩集】月想うひとありて

作者 つきの

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全180話

更新

  1. 月想うひとありて
  2. 塩炒り銀杏
  3. テンプレート
  4. 心がパチンと弾けたら
  5. わたしが詩を書く時は
  6. ヘタレーノザウルスの憂鬱
  7. 寂しい夢
  8. あの夏の日々
  9. 飴玉みたいに
  10. 命綱~イノチヅナ~
  11. 薄目を開けて
  12. フリーズ
  13. 泣きっ面にハチ
  14. 嵐の夜に目が覚めて
  15. 大丈夫やから
  16. わたしね、ずっと寂しいの
  17. 出口を探して
  18. 月が哭いている
  19. それでもね
  20. promise(約束)
  21. ぐるぐる
  22. それも悪くない
  23. 浮き上がれ!
  24. 小さな丸い世界
  25. 優しい便りを書く時は
  26. どうにもこうにも
  27. 独りごつ
  28. また違う一日
  29. いいの、大丈夫
  30. 洗濯物と秋の空
  31. 人生の道連れ?
  32. 眼鏡
  33. ポキッと折れて
  34. 言葉の灯
  35. わたしの肝っ玉
  36. 向かい風に立ちながら
  37. 待ち時間
  38. 深爪
  39. ひとつを重ねて
  40. 美しいひと
  41. 言霊
  42. 誰だってみんな
  43. 七転び八起き
  44. 色々あります
  45. 曇りの日には髪を切る
  46. 一喜一憂
  47. 暮らし
  48. 電話の後で
  49. 窓辺にて
  50. 硝子の湖
  51. 空の表情
  52. 真夜中のカレー作り
  53. いつかはひとりの旅路を
  54. 種をまく
  55. 何事もない毎日を
  56. 息つく暇
  57. 焦らないで
  58. 幻の手紙
  59. オンナノコというものに
  60. スルメに捧ぐ
  61. 泣いても笑っても
  62. 想いごと
  63. ひとのみち
  64. 言葉という声
  65. 母というひと
  66. こんなに愛しい
  67. お鍋の日
  68. SOSは届かない
  69. 予防線
  70. おはよう
  71. 再びの命
  72. あなたにだけは
  73. 縁(えん)
  74. 蕾(つぼみ)
  75. 泡(あぶく)
  76. 山も谷も
  77. わたしにできることを
  78. 空よ
  79. 残されて
  80. 海月
  81. 海を漂う夢をみた
  82. 発想ノ転換
  83. ゆらり
  84. あたりまえということの
  85. 泣きたくなるような夜がある
  86. 鳴かぬ蛍
  87. おやすみなさい
  88. 強風
  89. ばかねぇ
  90. 感情というもの
  91. 大きな扇風機
  92. 焦る心を撫でながら
  93. 今年初めての北風
  94. ありのまま
  95. お猪口の気持ち
  96. ジンジン
  97. ボンヤリしてなきゃいけません
  98. 詩よ、ありがとう
  99. わたしがあなたを好きなのは
  100. 12月の約束
  101. 最初から無いものならば
  102. 蜂蜜雲
  103. 夜のお風呂
  104. イノチノ
  105. 激情
  106. 怪我をして
  107. 流れゆく
  108. 肩に魚
  109. 言葉を紡ぐ
  110. 物語の種
  111. 鳩に豆鉄砲
  112. 傷のあと
  113. 切り替えレバーが入りません
  114. オトナの仮面
  115. 寒い夜、冬の夜
  116. それでも願うのは
  117. ねんね毛布
  118. 問(とい)
  119. 負の感情
  120. 咳と生姜湯
  121. ずっと空を見ていた
  122. 吐く息も白く
  123. お月さま
  124. クリスマス狂騒曲
  125. おまけ
  126. 揺らぎながら
  127. 雨から霙(みぞれ)に
  128. 今、此処にいるという喜びを
  129. わたしは惑星
  130. 想い出の扉
  131. 除夜の鐘を聞きながら
  132. お正月さん
  133. コタツムリの幸せ
  134. 駆け足三が日
  135. 雪中花
  136. 山の冬
  137. 欠落
  138. 子供がえり
  139. 病幻影(やまいげんえい)
  140. 風邪の日
  141. 薄紙をはぐように
  142. たかが、だけど、たかが、でも
  143. 嵐の海で
  144. 夜のベランダ
  145. 雨はただ降るばかり
  146. この頼りないわたしを見失い
  147. 人形芝居
  148. 赤鼻のわたし
  149. 母を想う詩
  150. 違っているから
  151. もしも、わたしがいなくなっても
  152. 時計とわたしの鼓動の音と
  153. 白と黒と
  154. 欲しいものはなんですか
  155. 雨だれ子守唄
  156. 冬の紫陽花
  157. ほわん
  158. 空っぽ
  159. 心を少し休ませて
  160. 『ん』
  161. 四十八文字
  162. 心と心
  163. 果てない疼き
  164. 困難の呑み込み方
  165. 夜明け前のこの時間に
  166. 愛の方向
  167. 柔らかな声
  168. 言葉を!
  169. 引き寄せ合う
  170. ちっぽけだけど
  171. 秘密
  172. こんなふうに
  173. 諦めない
  174. まだ厨二病
  175. 弱気の虫
  176. 雨降る朝に
  177. 独白
  178. わたしたちは多分
  179. 今は、まだ
  180. 詩集「月想うひとありて」あとがきとこれから