星架ランナー

作者 一初ゆずこ

ずっと夜の街で。交差する人々の想いを、スローな音楽が静かに彩ります!

  • ★★★ Excellent!!!

常夜。それはこの世界と似てもいるけれど、夜が明けることのない不思議な街。
さらに時折、音もなく隕石が降り注ぎ、しだいに荒廃が進んでいるという。

主人公零一は、突如この常夜という謎の世界で目覚めます。
なぜかそれまでの記憶を失っているのですが、ひとりの少女・エリカに出会い、一緒に過ごすことになります。

文章を読んでいるはずなのに、幻想的な光景が目に浮かび、美しい音楽が聞こえてくるような臨場感。
さらに飯テロ要素もふんだんにあり、寒い日に食べるラーメンのあたたかさや、みんなでつつくお鍋の味までも思い起こさせてもらえます。
エリカとの距離が徐々に近づいていくスローライフは、ロマンチックでもあり、キュート&癒しでもあります。

しかし、この終末世界には危険や秘密もあるようです。
不気味なモンスター。それらの目的は、いったいなんなのか。住人をおびやかす正体不明の存在です。
また、個性豊かな常夜の住人は、零一と同じく記憶を失っていたり、思い出しかけていたり、それぞれに過去や葛藤を抱えています。
「この世界にいる人は、現実世界では〇〇なのでは……?」
という不穏な予想が、頭を掠めたり……。
ひとりひとりの事情がわかるにつれて、世界の秘密もだんだんとあきらかになっていきます。
ときおり記憶がフラッシュバックする主人公の零一自身、そしてエリカにも、なにやらのっぴきならぬ過去や事情があるようなのですが…

現実世界とリンクした人々のリアルな想いが、幻想的な終末世界で交差する独創世界ファンタジー。
おいしいご飯とともに、味わってみてはいかがでしょう。

…というレビューを書いては直し、書いては直ししていたら、一ヶ月が経ちました。(本当にすみません。)
現在3章の後半にさしかかり、さらにいろいろな背景や事実があきらかになり、深まってきたところです。
今後ますます目が離せない展開となること間違いなし。あなたもぜひこの、どこか寂寥感を湛えて広がる美しい世界の謎を、追いかけてみては。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

こちらの物語は、『現実』から、常に夜だという不可思議な終末世界『常夜』へなぜか流れ着いてしまった零一という大学生が主人公の物語です。
そこでとある少女に出会い、そこから様々な事柄に巻き込まれて行きま… 続きを読む

鉈手璃彩子(旧:鉈手ココ)さんの他のおすすめレビュー 155