星架ランナー

作者 一初ゆずこ

彼の夜は明けるのだろうか。

  • ★★★ Excellent!!!

“常夜”という世界に流れ着いた零一。
零一が“常夜”に来たのをきっかけに、“常夜”には色違いの隕石が降り、モンスターが現れます。
思い出せない記憶、曲名と歌手名、エリカとの関係……謎が謎を呼ぶ展開に目が離せません。
「テガミバチ」や「No.6」が好きなかたに特におすすめします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

紺藤 香純さんの他のおすすめレビュー 674