カクヨムで読まれる方法

作者 井上みなと

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全54話

更新

  1. 第1話 ○○ものは強い
  2. 第2話 キャラクターの大切さ
  3. 第3話 入口を増やすといいらしい1……短編、番外編を書いてみる
  4. 第4話 読者さんの動線を知る1……スマホやタブレットからどう見えるか確認する
  5. 第5話 投稿する時間はやっぱり大事
  6. 第6話 自主企画に参加してみる
  7. 第7話 入口を増やすといいらしい2……Twitter以外のSNSを使ってみる
  8. 第8話 予約投稿はぴったりの時間で激戦かもしれない
  9. 第9話 1話が長すぎると読まれないかもしれない
  10. 第10話 読者さんは新着がお好き
  11. 第11話 入口を増やすといいらしい3……無料本を作ってみる
  12. 第12話 ○○を書く人というイメージがあるとフォローされやすいらしい
  13. 第13話 動線を作っておく
  14. 第14話 偽の検索順位のご注意を
  15. 第15話 肩の力を抜いた方がいいときもある
  16. 第16話 Twitter芸人になってはいけない
  17. 第17話 「更新しました」はダメな宣伝
  18. 第18話 読者は世界観や設定集を読みたいのではありません
  19. 第19話 誰も私の話なんて読んでくれない
  20. 第20話 カクヨムは小説を世に出すには向いていないかもしれない
  21. 第21話 入口を増やすといいらしい4……普段と違うSNSを作ってみる
  22. 第22話 「ニッチなものを書けば受ける」は危険
  23. 第23話 仲が良いことと、作品を読むかは別
  24. 第24話 読者さんの動線を知る2……「更新しました」には必ず作品リンクを貼る
  25. 第25話 SNSの固定に作品を置いてください
  26. 第26話 悔しいと思う気持ちは大事
  27. 第27話 大量RT相互宣伝は効果があるか
  28. 第28話 自主企画、マメに再参加してますか?
  29. 第29話 「定期更新が一番読まれる!」は真実だけど……
  30. 第30話 本を熟成させる人というのがいます
  31. 第31話 自分で本を作る方法
  32. 第32話 投稿する天気。雨の日は頑張って!!
  33. 第33話 小説に依存しすぎない、『自己救済』にしない
  34. 第34話 ☆1でもいいから入れて行って!という根気
  35. 第35話 いつも宣伝してウザいと思われないか心配な時の対処法
  36. 第36話 紹介文はきちんと書く
  37. 第37話「人付き合いが苦手だから小説家になる」時代ではない?
  38. 第38話 「マメ」であることの大事さ
  39. 第39話 今の時代に必要なのは宣伝力
  40. 第40話 有名にならないといけない深刻な理由
  41. 第41話 書くことと宣伝することは両輪
  42. 第42話 感謝する。とにかく感謝する。感謝する。
  43. 第43話 ランキングに載りました! は積極的に言う
  44. 第44話 宣伝文は書き換える、複数持つ
  45. 第45話 リアリティの必要性
  46. 第49話 同ジャンルじゃない人も意外に見てくれる
  47. 第52話 本当になりたいのは小説家なのか?
  48. 第46話 タイトルを変えてみる
  49. 第47話 人に絡めないと思ったらやること
  50. 第48話 宣伝も「見る側がどう思うか」を考える
  51. 第50話 読者さんの見たいものを見せる
  52. 第51話 宣伝に絵をつけてみる
  53. 第52話 「読まれるための努力」の大事さ
  54. 第53話「評価します!」という人が実際の審査員ではない