碧天のアドヴァーサ(旧:最強とは身体改造のことかもしれない)

作者 ヨルムンガンド

彼に任せておけば間違いない

  • ★★ Very Good!!

 転生、転移なしのハイファンタジーで、主人公が最強という、お約束を踏まえた定番の物語です。

 自身の身体を様々に変化させる主人公は、読者に作者の強い拘りがある事を感じさせる象徴ではないでしょうか。

 衰退しつつある国、ヒロインとの関係、それに全てが定番、安心して読める展開なのだと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

玉椿 沢さんの他のおすすめレビュー 129