碧天のアドヴァーサ(旧:最強とは身体改造のことかもしれない)

作者 ヨルムンガンド

真っ直ぐな心でぶつかる王道ファンタジー

  • ★★ Very Good!!

 一人の少年は、はるか空から降り立ち、冒険を始める。
 その身に宿した力が、どれだけ異端かも考えずに――。

 有り余る力を持つ少年、ルクの行く先々に現れる、多彩な人々。
 時にぶつかり、時に笑い合いながら、ルクと彼らは絆を育んでいく。彼らもまた、ルクの無邪気で真っ直ぐな一面に惹かれ、行動を共にする者も。
 その一方で、ルクは己の身体に宿った力について知り始める。
 彼が宿した、力の真実とは?

 全般的な描写が大味ではあるものの、そこで描かれる展開はまさに王道。
 懸命にぶつかり、努力し、刺激し合って成長する人物たちの姿がある。
 そんな生き生きとした彼らとの冒険を、楽しんでみてはいかがだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夢見隼(アレセイアの魔境)さんの他のおすすめレビュー 54