碧天のアドヴァーサ(旧:最強とは身体改造のことかもしれない)

作者 ヨルムンガンド

科学と魔法の混じった独特の世界観で展開するスピーディな物語。

  • ★★★ Excellent!!!

【面白かった点】
・展開が早く、退屈せずにサクサクと読み進める事ができた。
・驚くような展開があり、その回収もきちんとされている。
・戦闘シーンも力押しではなく、勝つべき理由が描かれている。

【気になった点】
・魔導(魔法?)と科学が入り混じった世界観だと思うが、どのような世界なのかが読者の想像に負うものが多い。もう少し、街並みや科学レベルなどの描写が欲しい。
・主人公の性格がクール系だと思うが、ヒロインのためにいきなり怒ったりと、心理の展開が読み取りにくい。ヒロインが主人公にひかれる点も、もう少し描写の積み重ねが欲しい。
・ハンター制度について、この世界でどのような役割を果たし、上級の前の中級・初級ハンターがあるなら、上級との違いが知りたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー