白豚貴族だったどうしようもない私に前世の記憶が生えた件

作者 やしろ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全71話

更新

  1. 第1話 前世の記憶が生えました
  2. 第2話 劇的!?before・after!
  3. 第3話 お勉強のお時間です
  4. 第4話 この世には逆らっちゃいけないひとがいる
  5. 第5話 何か生えた!?
  6. 第6話 煽てられたくらいで木に登れる豚は、そもそも普通の豚ではない
  7. 第7話 長いものには遠慮なく巻かれるべし
  8. 第8話 異世界における某四○元ポケットの作り方
  9. 第9話 きらびやかな花園について
  10. 第10話 菊乃井さんちの家庭の事情
  11. 第11話 針のむしろの座り心地
  12. 第12話 それは約束されたいつかの瞬間
  13. 第13話 知ってる天井
  14. 第14話 当事者が蚊帳の中とは限らない
  15. 第15話 『この紋所が~』は、されるとダメージが大きい
  16. 第16話 史上最も苛烈な戦いは、家庭内にこそ勃発する
  17. 第17話 白豚の弟はひよこらしい
  18. 第18話 食いしん坊、万歳!
  19. 第19話 ないのなら、造ってしまえホトトギス
  20. 第20話 学問のすすめ?
  21. 第21話 それも復讐と呼ぶのなら
  22. 第22話 白豚の体質とひよこの性質と
  23. 第23話 労働のオススメ
  24. 第24話 先生、とったどー!
  25. 第25話 メイドに必須の才能とは
  26. 第26話 また何か生えた!?
  27. 第27話 経済のパイの味と効能
  28. 第28話 明日への活力
  29. 第29話 何でそうなるの!?
  30. 第30話 地頭には勝てても泣くひよこには勝てない
  31. 第31話 晴天につき、オノボリさん!
  32. 第32話 帝都一の音楽家と歌手は握手するのか、しないのか
  33. 第33話 白豚歩けば市場に当たる
  34. 第34話 逆らっちゃいけないひと、再び
  35. 第35話 出来ること、したいこと
  36. 第36話 ど田舎は寧日ばかり……?
  37. 第37話 職人(?)の心意気
  38. 第38話 いつか来る、その時
  39. 第39話 我思う、故に
  40. 第40話 花は花なれ、人は人なれ
  41. 第41話 白豚、コンサートに行くってよ
  42. 第42話 死に至る病を覆すもの
  43. 第43話 不死鳥は薄氷の上から羽ばたく
  44. 第44話 祭の後
  45. 第45話 大人の領分、こどもの役得
  46. 第46話 生の先達と書く理由(前)
  47. 第47話 生の先達と書く理由(後)
  48. 第48話 今そこにある真心
  49. 第49話 食いしん坊、バンザイ
  50. 第50話 緩やかな変化
  51. 第51話 エルフが来たりて……
  52. 第52話 友あり、塩を贈られる?
  53. 第53話 おだてられなくても豚はおどる
  54. 第54話 目には目を歯には歯を理不尽には理不尽を
  55. 第55話 藁しべ長者的ななにか
  56. 第56話 冬仕度はチャンスを招く?
  57. 第57話 万病の元とはよく言った
  58. 第58話 商談はアフタヌーンティーの後で(前)
  59. 第59話 商談はアフタヌーンティーの後で(後)
  60. 第60話 Alea iacta est!
  61. 第61話 冬来たりなば
  62. 第62話 なぜなに期のこどもは無敵
  63. 第63話 一欠片の愛
  64. 第64話 沼へのご招待
  65. 第65話 良薬は口に苦し
  66. 第66話 何処の芝生も同じ色
  67. 第67話 箱の中の白豚は、寝ているのか目覚めたのか
  68. 第68話 雪がふるふる
  69. 第69話 新年の話をしても笑う鬼はいない
  70. 第70話 需要と供給の釣り合いとは
  71. 第71話 菊乃井さんちの家庭の事情、リターン!