第6話 ひらがなが苦手…。

私は小さい時、左利きでした。だからでしょうか?

ものすごく書きにくく、書くのが難しかったです。

その為、ひらがなを書くと鏡文字(字が反転していた)になっていました。

母は私に直そうとするのですが、あまり効果はありませんでした。

自分自身は〝これで合っているんだ!間違えてるってなんで言うんだろう?〟と思っていました。

しばらくたって、右利きにかえた時、鏡文字は直った気がします。

母や周りがずっと言ってくれたおかげだと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る