なんちゃって神父さんー(^ω^)そうだったのか『神との対話』

作者 伊能言天(いのうげんてん)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全147話

更新

  1. Ⅰ 編 教えて!『神との対話』
  2. プロローグ
  3. 1-1 『神との対話』って何?
  4. 1-2 『神との対話』には何が書いてあるの?
  5. 2-1 人生って何なの?
  6. 2-2 魂は何をするの?
  7. 2-3 魂は人間の内に宿る
  8. 2-4 精神科医ブライアン・ワイス博士
  9. 2-5 生命はCD-ROMのようなもの
  10. 3-1 死ぬことはできない
  11. 3-2 人生を繰りかえす
  12. 3-3 真理は人間の成長レベルに応じて理解できる
  13. 4-1 2番目の質問は人間関係
  14. 4-2 経験をいちばん直接的に実践できるのが人間関係だ
  15. 4-3 人間関係で人間は成長する
  16. 4-4 他人の目ばかりを気にしていると他人のものになる
  17. 4-5 他人に経験させたことは、必ず自分が経験する
  18. 5-1 人間関係の基本は愛情
  19. 5-2 愛とは無条件、無際限で、何も必要としない
  20. 5-3 結婚は人間が造り出した社会システム
  21. 5-4 結婚という制度はうまくいっていない
  22. 5-5 失楽園の物語
  23. 5-6 セックスは自然な生命の営みだ
  24. 5-7 セックスは大いなる愛の表現である
  25. 5-8 何をするにしても、あなた全体として行いなさい
  26. 5-9 よくないのはセックスにおぼれること
  27. 5-10 セックスは生殖だけが目的ではない
  28. 6-1 宗教のことは忘れなさい
  29. 6-2 宗教は次々とルールを作った
  30. 6-3 すべてが神に通じている
  31. 6-4 神は礼拝してもらう必要などない
  32. 6-5 地獄に行く
  33. 6-6 善と悪
  34. 7-1 産む人間と育てる人間
  35. 7-2 知識でなく智恵を教える
  36. Ⅱ 編 『神との対話』は語る
  37. プロローグ
  38. 1章 『神との対話』が始まったいきさつ
  39.  (1) あなたはほんとうに、すべての質問の答えを知りたいのか
  40.  (2) さあさあ、思いつくままに、質問を並べてごらん
  41. 2章 神と宇宙
  42.  (1)神と神性
  43.   1) わたしは神である。わたしは至高の存在である。存在するすべてである
  44.   2) わたしにはあなたがたが理解できるかたちも姿もない
  45.   3)  あなたがたの限られた語彙では説明しきれない
  46.   4) 「わたし」には非常に複雑で、非常にたくさんの層、感覚、面がある
  47.   5) わたしのメッセージは何百ものかたちで、何千もの機会に、何百万年にもわたって送られる
  48.   6) これが神との対話であることがわかるはずだ
  49.   7) 「明日の神」は神を信じることを誰にも要求しない
  50.  (2)神の性格(ニールの視点)
  51.   1)ユーモアの神
  52.    ① ユーモアを編み出したのは神だよ
  53.    ② わたしにはすばらしいユーモアのセンスがある
  54.    ③ ユーモアは大好きだ
  55.    ④ 笑うことは魂のために良いんだよ
  56.    ⑤ なにしろ神だからね
  57.   2) 映画を作り見る神《神が映画をつくるんだよ》
  58.   3) 反対しても怒らない神《わたしに反対したいのならかまわないから反対しなさい 》
  59.   4) 壮大な神《この感覚があまりにも壮大だから》
  60.  (3)神の宇宙創造
  61.   1)創造目的と宇宙創造 《自らを体験したいと激しく望んだ》
  62.   2)魂の創造 《自分自身を分割した》
  63.   3)人間の創造と人間の構成要素 《魂があなたを包んでいる》
  64.  (4)地球外生命体
  65.   1) べつのところにも生命体がある
  66.   2) 地球外の生物が助けてくれている
  67.   3) 他のほとんどの文明があなたがたよりも進んでいる
  68.   4) すべてを分け合う
  69.   5) 所有という言葉や概念はない
  70.   6) 長生きする
  71.   7) 子育て
  72.   8) 罪悪感や恥を感じない
  73.   9) 競争しない
  74.   10) さまざまな生物がいる
  75.   11) 「役に立つ」から尊重する
  76.   12) 「もたざる者」はいない
  77.   13) 集落で暮らしている
  78.   14) 衣服を着る必要を感じない
  79.   15) 「テレパシーでコミュニケーション」する
  80.   16) 「学校制度」はない
  81.   17) 目を向ける場所のひとつが地球なのだ
  82. 3章 人 生
  83. (1)人生
  84.   1) それぞれが神の最も偉大な部分を体験しようとみんなで決めているんだ
  85.   2) 生命は多くの点でCD-ROMのようなものだ
  86.   3) 物質的な宇宙に入ったとき、あなたがたは記憶を捨てた》
  87.  (2) 魂と精神
  88.   1) 魂は、計画どおりの経験ができるようにと、正しい完璧な機会にあなたを導く
  89.   2) たくさんの魂が互いに絡み合い共同して創造行為を行っている
  90.  (3) 生と死
  91.   1) 死ぬことはできない。あなたがたは生命そのものだ
  92.   2) 死について充分に知ったら人生を充分に生きることができる
  93.   3) 地上に生きている間だけではなく、いつも三つの部分からなる存在である
  94.   4) 「死」の直後、あなたは最も愛情あふれる天使や道案内や、優しい霊に囲まれる
  95.   5) わたしはすべてのひとを迎える
  96.   6) 死は段階というか局面を追って経験される
  97.   7) あなたはその絵のなかで起こったすべてを経験する
  98.   8) 聖なる審問
  99.   9) 霊的な領域では魂が望むすべてが即座に実現する
  100.   10) それは物理的な世界でしかできない
  101.   11)  死とはあなたが自分のためにすることである
  102.   12) 自分と神がひとつであり、一緒にその決断をした
  103.   13) 全てについての信念を明確にしておくことが重要なのだ
  104.  (4) 前世・現世・来世と輪廻(りんね)
  105.   1-1) 魂の最大の望みは、自分自身のさらに高い側面を経験することだ
  106.   1-2) 1-1の補記 
  107.   2) 「因果(カルマ)の輪」などは存在しない
  108.   3) 人生は何度でもある
  109.  (5) 堕落・原罪・地獄
  110.   1) アダムとイヴの行為は原罪ではなく、じつは最初の祝福だった
  111.   2) 地獄はあなたがたが空想するような、永遠の業火に焼かれるとか、際限のない苦悶にさいなまれるとか、そういったものではない
  112. 4章 地球文明復興
  113.  (1) 社会改革
  114.   1) 社会が技術の産物になると自滅する
  115.   2) 宇宙は死んだものではない
  116.   3) 6ヤード・ラインから12ヤード・ラインまで進んだ
  117.   4) 社会がめざすという方向から考えれば、すべてが逆さまだ
  118.   5) そういう政府は長い目で見ればうまくいかなかった
  119.   6) 「公平」と「平等」との違いを理解することが重要だ
  120.  (2) 政治改革
  121.   1) 政治はあなたがたの霊性の現れだ
  122.   2) 新しい民主主義のシステム
  123.   3) 国際連合は無力で無能だ
  124.   4) 独裁体制は長く続かない
  125.   5) 高度に進化した統治システム
  126.  (3) 経済改革
  127.   1) そのシステムと制度は金持ちと権力者がつくったものだ
  128.   2) 社会がめざすという方向から考えれば、すべてが逆さまだ
  129.   3) ごくわずかな人びとが世界のお金と資源の大半を支配する時代は終わる
  130.   4) 資源は全人類の共有財産
  131.   5) 所有格は存在しない
  132.   6) 彼らは競争しない
  133.   7) 経済は透明になるだろう
  134.   8) 「利用と協力」の経済
  135.   9) 所得に下限があるように上限も設けられる
  136.  (4) 教育改革
  137.   1) 子供を育てるのは、よく発達した強い精神をもつ年長者の活動だ
  138.   2) 智恵とは応用された知識だよ
  139.   3) 子供たちが肉体に宿る霊的な存在であることを知らせようとしない
  140.   4) ルドルフ・シュタイナーというひとが書いたものを読んでごらん
  141.  (5) 新しい霊性をもたらすマスターとメッセンジャー
  142.   1) いま、その時機が来た
  143.   2-1) マスターとメッセンジャー
  144.   2-2) マスターは高次の意識をもつ
  145.   2-3) ホームレスの姿をした〈マスター〉に出会うかもしれない
  146.   2-4) 自分は救世主だとかいった大げさなことを言う者からは、さっさと逃げ出すことだ
  147.   2-5) メッセンジャー
  148.   3) 地球外の生物が助けてくれている
  149.   4) 神の言葉を世界の人々に伝えなさい