なんちゃって神父さんー(^ω^)そうだったのか『神との対話』

伊能言天(いのうげんてん)

Ⅰ 編 教えて!『神との対話』

プロローグ

 『神との対話』は、アメリカ人ニール・ドナルド・ ウォルシュ(Neale Donald Walsch)さんの著書です。


 なぜこのような作品を掲載する気になったのか、そのモチベーションについて、一言説明させてください。


 姉妹作品『医者も人間 第29話 変なお医者』にも書きましたが、医学生時代、私は医学より宗教に熱心で、いちじは、医者をやめて、キリスト教の聖職者(神父や牧師)になろうと思ったほどでした。


 教会の牧師に相談すると、素質がないから医者になった方がいいとさとされ、あきらめたのです。(←(^ω^)その牧師さんは目利きだね)


 それほどまでに宗教、とりわけキリスト教には関心を持っておりましたが、宗教組織に入るのが嫌で、なんちゃってクリスチャンと自称して今日に至ったのであります。


 そしてやっとのこと医者になって、働き盛りの40代に、関東地方の2か所にホスピスを開設しました。


 両施設とも今も運営されていますが、当時、ホスピスを目指したのはいいですが、厚労省の認可は簡単にはおりませんでした。


 何しろ、経費が一般病棟の数倍かかったので、認可されるまでは、病院経営は大赤字だったのです。


 挙げ句の果て、ホスピスの認可がおりた翌月に、他法人に経営移譲される羽目になりました。


 赤字のためにできた5億の個人的な借金返済に、追われる日々と私はあいなったのです。


 絶望の淵に立たされ、人間をやめようかとも思ったこともありました。


 途方に暮れ、自分探しの旅をしていた時に、この書『神との対話』に出会ったのです。


 著者のニールさんは、私と似たような人生を歩んでおられたので、強く共感を覚えました。


 この書は、私が今までに出会った本の中でも最も秀逸な作品の一つでした。


 一人でも多くの人に読んでもらいたい一心で、3000ページを越える本書をまとめてみました。


「みんな、ぼくの神さまを見においで」


 著者ニールさんはそう言っています。


 神の話しともなると、堅苦しくなってしまいがちですが、私もニールさんにならって、なるべく軟らかい文章で『神との対話』を紹介してみたいと思います。


 話は、高校生の〈よむ子〉さん(←(^ω^)へんな名前)の質問に、伊能〈A〉が答えるという対話形式で進めていきます。


 『神との対話』という対話本を、対話で解説するという風変わりな手法です。


 では、さっそく始めますね。


--―--―--―--―

参考文献:ニール・ドナルド・ウォルシュ著/吉田利子訳 サンマーク出版

 神との対話①②③:1997年

 神との友情上下:2000年

 神とひとつになること:2001年

 新しき啓示:2003年

 明日の神:2006年

 神へ帰る:2007年

--―--―--―--―


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー