2-2 魂は何をするの?

よむ子:魂は何をするの?


A:神性を体験するのが、魂の仕事だといっていい。神は魂を通して、神性つまり自分自身を体験して知る。それが神の喜びとなるんだ。


よむ子:魂と人生はどうつながるの?


A:前に、人間は魂-精神-身体の3層からなっているといったよね。


よむ子:ええ。


A:魂は、神性を体験したがっている。魂が神性を体験するということは、人間が神性を体験するということと同じだよね。


よむ子:人間が魂-精神-身体からなっているなら、そうね。


A:だから、現実生活に起こるさまざまな出来事をツール(道具)として、人間(魂-精神-身体)が考え行動することによって、神性を体験していく、それが人生だといってるんだ。


よむ子:じゃあ、人生の目的は神性を体験することなんだ。


A:そのとおり。様々な出来事を利用してね。


よむ子:さまざまな出来事って?


A:日常生活で起きることはなんでも。朝起きて、顔を洗って、朝食を食べて学校や仕事に行く。1日で起きることは全て、神性を体験する材料なんだ。


よむ子:わあ、顔を洗うのだって、真剣でなくちゃいけないんだ。


A:(笑)そんなことはないよ。普通でいいんだよ。


よむ子:良かった、それじゃあ疲れちゃうものね。それで、魂が神性を体験すると、どうなるの?


A:魂は神に創られた時、つまり神から分かれた時に、いわば「神性の種(タネ)」(^_^ 原著では“概念としての知識”といっている)を持って生まれてきている。種は遺伝子DNAのようなものといってもいいかな。だから魂は神の分身(分霊)というんだね。


 魂が神性を体験するということは、この種を成長させて実にすることといってもいい。(^_^ 原著では、実を“体験としての知識”といっている)


よむ子:実にする……。


A:魂は人生の出来事という栄養をもらって成長し、その生まれ持った種が実として結実した時、母体である神に帰る。これが魂の目指していることなんだ。


よむ子:何か、宇宙を旅行してるみたい。


A:そうだよね。神から出て、また神に帰るんだ。


〈つづく〉

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー