第19話 高校への復学

4月6日(木)が始業式だった。未希はクリーニングに出してあった制服を着て登校した。意外と制服が良く似合う。こんなに制服の似合うJKを毎晩弄んでいる。二人だけの秘密が続いている。


帰りが遅くなってアパートに着いたら9時を過ぎていた。未希が玄関まで迎えに出てくる。この時間、いつも未希は食事を済ませてテレビを見ている。買ってきた弁当を食べながら学校の話を聞く。


「クラスの担任は石田先生だった」


「よかったじゃないか」


「困ったことがあったら相談してねと言われた」


「クラスメートはどうなんだ」


「男女半々で知らない子ばかり、石田先生が美崎さんは事情があって去年1年お休みしたので、 一つ年上ですと紹介してくれた」


「クラブの後輩でもいるんじゃないか」


「私、高校ではクラブ活動しないで、ずっとアルバイトしていたから、後輩はいません」


「そうか、でもその方が気は楽だぞ、同級生から先輩先輩と言われなくて」


変な慰め方だ。未希は黙っていた。


「お金は大丈夫か。足りなければ貸すから」


「アルバイトで貯めたお金があるから大丈夫です」


「それと授業は大丈夫か? 分からないところがあれば教えてやるから遠慮なく聞いていい。これでも一応、大学は出ているから」


「私、お勉強が苦手だから、お願いします。せっかく行かせてもらったのだから卒業したい」


「あと1年だから頑張れ。土日にでも勉強を見てやる。安心していろ。それから困ったことがあったら何でも相談してくれ。俺は未希の保護者だから、出来るだけのことはしてやる。いじめにあったらすぐに言え。学校に怒鳴り込んでやるから、いいね」


未希は俺の顔を見てニコッと笑った。久し振りに笑顔を見た。


◇◇◇


復学してからの未希は休まずに学校に通っている。通学経路も決まったようで、決まった時間に出て、決まった時間に帰れるようになったと言っていた。帰りに蒲田の商店街を歩くのが楽しいと言っていた。定期代が思っていたよりも安いので、携帯代を払ってやっても当初の予算内に収まった。


未希はアパートに帰ると、コンビニで毎日アルバイトをする。学校から帰ると俺にメールを入れてくる。これから何時までバイトと知らせてくる。それで俺も安心する。スマホを買ってやってよかった。


身体は大丈夫かと聞くと「学校では授業を聞いているだけだから疲れない、心配しないで」と言っていた。だけど、疲れているように見える時は、夜は軽く可愛がって、週末に存分に可愛がっている。未希が身体を壊したら元も子もない。大切な俺のラブドールだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます