第27話 ここへきて1年が経った!

今日は12月1日、丁度1年前に未希がアパートに来た日だ。8時に駅に着いたが、あの日とは違って晴れている。気温も低くない。改札口を出ると未希が待っていた。


「おかえり」


「どうした? 迎えに来てくれたのか?」


「うん。今日がどんなの日か覚えている?」


「未希が家へ来た日だ。丁度1年前だった」


「ここに私が立っていました」


「そうだったな、寒そうにしていた」


「連れ帰ってもらってほっとした」


「連れ帰ったのが、未希には良かったのか、悪かったのか、俺は分からない。俺じゃあなくて、もっといい人だったら良かったとは思わないか?」


「分からない。もっと悪い人だったかもしれなかったから」


「おじさんは私をだましたりしなかった。約束は守ってくれたから、まあ、よかったと思う」


「まあか?」


「良いほうだったと思います。学校にも行かせてもらっているし、今、私は安心して暮らしていられるから」


「それなら、言うことはない。結果オーライだ。帰るか?」


未希はなぜ迎えに来てくれたのだろう。去年のことを思い返したかったのだろうか? これで良かったのかと考えたのではないだろうか? 今のところ、未希には不自由な生活をさせているわけではない。学校へ行って、帰ってきて、アルバイトをして、夕食を食べて、勉強を見てもらって、一緒にお風呂に入って、俺の腕の中で眠る。


俺もこの生活がずっと続くとは思っていないが、今は一日一日が充実している感じがする。ただ、今年中に来年の4月以降のことを決めておかなければならない。俺としては未希を専門学校に通わせてもう1年は手元に置いておきたい。そのうちに回復するかもしれない期待もある。


アパートに戻ると買ってきた弁当を食べながら、未希とこれからの話をする。


「未希、来年の4月からどうするつもりだ? 専門学校を勧めたが、行きたい学校は見つかったか?」


「いろいろ考えてみたけど、私にぴったりの資格が分からなくて迷っています」


「例えば?」


「美容師さん、私にはセンスがないような気がして、それにお客さんとうまく話をする自信がありません」


「俺も元々人と話をするのが苦手だったが、やっているうちにできるようになった。そのうちに慣れると思うけど」


「自信がありません」


「理学療法士なんかいいじゃない?」


「調べてみましたが、授業料が結構高いです」


「介護士はどうかな?」


「私はお年寄りが苦手、今迄周りにいなかったし、それに細かい気遣いがうまくできません」


「慣れだと思うけど、それじゃあ、栄養士か調理師は?」


「食べ物が相手だから、無難かな? それに自分の生活にも役に立つと思う」


「人を相手にするよりやっぱり食い気か?」


「食べることは人間が生きていくうえで最も大切なことです」


「それなら、食い気で選んだらどうだ」


「栄養士と調理師ならやっぱり調理師かな、栄養よりもおいしいものが優先しますから」


「調理師にするか?」


「うーん、私、料理が得意でないけど、勉強してみたいと思います。おじさんにおいしいものを食べさせて上げたい。いつもお弁当ばかりでは身体にも良くないと思います」


「俺のために、将来の仕事を決める必要はない。未希がやりたいこと、手に付けたい資格にすべきだと思う」


「調理師にしようかなと思います」


「そうだな。花嫁修業にもなるからいいかもしれない。年内には決めておいた方がいい。調べて、いきたい学校を見つけるといい。授業料は前にも言ったとおり俺が半分出してあげるから」


「分かった。探してみる」


俺にうまいものを食べさせたいとか、泣かせることを言う。俺とずっと暮らすつもりでいるのか? それなら願ってもないことだが。でもやりたいことが曲りなりでも決まったのは何よりだ。


その晩、未希は俺の腕の中に入ってきた時に身体を撫でてほしいった。言われたとおりに撫でてやっていると、未希が俺の手を敏感なところへ導いた。未希が望むならと優しく可愛がってやった。


未希は何度も何度も俺の腕の中で昇りつめた。俺は力いっぱい抱き締めてやった。未希は「ありがとう」と言った。俺は嬉しかったが、俺の身体は反応しなかった。


◇◇◇


それから未希は調理師専門学校を調べていたようだった。12月の半ばに蒲田にある調理師学校へ行きたいと言ってきた。見学もしてきたようだった。通学にも便利だし、授業料も高くない。それで石田先生と相談して、ここに進学することに決めた。希望すればほとんど入学できるみたいでよかった。未希が一番安心していた。まあ、来年も1年間は未希と一緒に暮らせるのは良いことだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます