第30話 調理師専門学校に入学した

4月から未希は蒲田の調理師専門学校へ通い始めた。1年コースで9時から午後5時まで講義と実習があると言う。調理師になるための基礎的な技術を教えてくれる。講義が半分、実習が半分くらいだ。土日は休みなのでアルバイトはできる。未希には週1日はゆっくり休んで勉強するように言っておいた。


朝は6時に未希が起きて朝食の準備をする。高校の時と同じ手数のかからない献立にしている。6時過ぎに俺が起きて、身支度をして二人で朝食を食べる。それからそれぞれ、昨日の洗濯物を洗濯機から取り出して整理する。


未希は俺が8時前に出かけた後、8時半ごろに出かける。帰ってくるのは5時過ぎだが、帰りにスーパーで食材を買って、二人の夕食を作ってくれることになっている。料理の勉強や実習の復習にもなる。これは二人にとってもよいことだと思った。夕食の食材の費用は俺の負担とした。これでも未希の1000円の食事代と俺の夕飯の弁当代を考えればほとんど同じくらいだと思う。


俺は8時ごろに帰宅して未希と夕食を食べる。未希は俺が特別に遅くならなければ食べず待っていてくれる。後片付けは俺が手伝うことにしている。


土曜日は未希が朝から1日、下のコンビニでアルバイトをする。だから、夕食は俺が作ってやる。大体、献立はカレー、生姜焼き、野菜炒め、お好み焼、肉じゃが位でそのローテーションにしている。


日曜日、未希は丸1日休日としている。だから二人とも朝寝をする。9時ごろに起きて、朝昼兼用の食事を二人で作って食べる。気が向けば二人で外出する。そうでなければ、公園を散歩する。夕食も二人で作る。


学校での実習が進むと、夕食にそれを試して、俺に味付けや感想を聞いてくる。できるだけ真剣に味見をして意見を言うようにしている。少しずつではあるが、料理が上手くなってきている。


食事が終わると、二人で風呂に入る。背中を洗い合う。それから、11時には二人抱き合ってベッドで眠る。俺にとっても未希にとっても穏やかな生活だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます