第18話 18歳の誕生祝い

今日は3月20日(月)春分の日で休日だ。未希が18歳になった。朝起きるとすぐに「誕生日おめでとう」と言った。未希はずっと休日もアルバイトをしている。働けば働くほど収入が増えるのが分かっているからだが、働き過ぎると身体を壊すのが心配だ。


今日のシフトは9時から5時までとのことで、終わったら外で食事をすることにした。ささやかな誕生日祝いだ。そう言うと未希は「ありがとう」と言った。


おいしいものを食べさせて元気をつけてやるのが一番だ。それにいつもならできない話もできる。昼過ぎに雪谷大塚の駅の近くのイタリアンレストランに電話して6時から2名の予約を入れた。誕生祝いだからとデザートに小さなケーキも頼んだ。


5時に未希が部屋に戻ってきた。少し休ませてから二人で出かけた。電車で2駅だから歩いても良かったが、未希はアルバイトの後なので電車にした。


店ではもう2組が食事をしていた。二人を窓際の席に案内してくれた。俺はビールを、未希はジンジャエールを頼んだ。料理が運ばれてくる。


「18歳の誕生日おめでとう」


「ありがとう」


「これで淫行にはならなくなる」


小声で言う。


「ごめんなさい。あの時、嘘をついて、どうしても住まわせてほしかったから」


「分かっているが、信用した俺が迂闊だった。つい目先のことばかりに囚われていたからだ。親父さんに脅されるとは思わなかった」


「身体で返します」


「今それを言うな」


「親父さんのことどう思っているんだ?」


「どうって」


「好きか?」


「おとうさんはお母さんがなくなってから変わったんです。それまで両親は仲が良くてお互いに頼りにしていました。お父さんは仕事がうまくいかなくてそれを悔やんでいました」


「お母さんが亡くなったことが、お父さんには相当に堪えたんだね」


「支えてくれる人がいなくなって、それは悲しんでいました」


「それからお父さんの生活がすさんでいった?」


未希は頷いた。


「私が傍にいるとお母さんを思い出すみたいで、私に辛く当ったんだと思います。私がそばにいるとお父さんは立ち直れないと思いました。それも家出の理由の一つです」


「そうか、何とか立ち直ってくれればいいけど」


そうは言ったが、あの状況からは期待できないと思った。話題を替えよう。


「4月から復学するけど、学校から連絡は来ているのか?」


「4月6日(木)が始業式だと手紙が届いています」


「教科書とか、準備できているのか、制服も大丈夫か?」


「私の荷物にすべて入っていたので、大丈夫です」


「この前も言ったとおり、授業料と定期代、それに食事代は俺が出す。文房具などは自分で買えるか?」


「アルバイトのお給料で買えますから大丈夫です。定期は通学経路を決めてからにします」


「決まったら言ってくれ」


「安い行き方を考えているところです」


「それから、18歳になったのでスマホをプレゼントしたい」


「スマホですか?」


「アパートには固定電話がないし、未希と連絡が取りづらいから格安スマホを買ってやろう。俺から連絡するためだから、機体代と基本料金は俺が払ってやる。それ以上の通話分は未希がアルバイト代で払ったらいい、引落は未希の口座からでいいね」


「分かった」


「今度の土日、未希の空いた時間に近くのショップに買いに行こう」


「はい」


未希は嬉しそうだった。


デザートに蝋燭を1本灯した誕生祝いの小さなケーキが出てきた。小さなチョコの字で「ミキ誕生日おめでとう」と書いてある。未希が吹き消してケーキを分けて二人で食べた。これで誕生会は終わった。


未希が帰りは歩きたいと言うので二人で手を繋いで歩いて帰ってきた。アパートに帰ると未希は何度も礼を言った。


お風呂に入ってから、俺は未希を存分に可愛がってやった。未希も俺に抱きついて来た。こんなことは始めてだった。誕生会が嬉しかったのだろうか? 少しずつ気持ちが通じ合っている?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます