第15話 プロポーズ

4月17日は未希の両親の命日だ。この日は二人とも休暇をとって多摩川へ墓参りに行った。あの父親の散骨の場所だ。


日差しが温かくてよい天気だ。公園に日向ぼっこに来ている母子が何組かいる。持ってきた花束を俺ができるだけ遠くへ投げ入れる。それから二人で手を合わせる。


「俺は3年ぶりだが、未希は?」


「去年は結婚式や披露宴の準備が忙しくて来られなかった。彼にここにお墓参りに来ようと言う訳にもいかなかったから」


「そうか、俺はここへ来ると未希の父親のことを思い出す」


「山内さんには迷惑をかけました」


「4年前の6月の散骨の時に、未希から両親の話を聞いてから、俺は未希が抱けなくなった。未希の父親と俺の行く末がダブって見えて、俺は絶望感に見舞われた。それが俺を不能にした。俺は未希とどう対峙していっていいのか分からなくなったんだ。このままではきっと未希の父親の二の舞になると思った」


「あの時、私の話を聞いた山内さんは尋常ではなかった。帰りも何か考え事をしていて身震いしていた。確かに私の両親と私たちの境遇は似ています。でも山内さんはお父さんとは違います。私たちはそうはならないと思います」


「俺は未希を自分のものにしておきたいと思っていた。俺の持ち物のように思っていたからだ。未希がどう思っているかなんて考えていなかった。俺は自分のことしか考えていなかった。未希を大事にしていなかったんだ。きっと親父さんもお母さんのことをそう思っていたのではないかと思った。そしてお母さんを失った後、それに気づいて、お母さんの気持ちをもっと思ってやらなかったことを後悔したのだと思った。失ってから初めて本当に大事な人だったことが分かったのだと思う。そんな自分への失望が自暴自虐な生活に陥らせた。そして失意のうちに亡くなった」


「山内さんの私への気持ちは分かっていました。それに私をとても大事にしてくれていました。山内さんはお父さんとは違います。お父さんがお母さんをどう思っていたかはよく分かりませんが、お母さんが心の支えになっていたのは、間違いありません。過労死したのは自分のせいだと思い詰めて、自分を責めていたみたいです」


「俺はあれから未希を手放すまでの1年半近く、未希にどうしてやればいいのか考えた。未希の幸せを思って、自分の元から離れさせる決心をした。今度は未希を大事にし過ぎたのかもしれない。未希にあんなひどい仕打ちをしてきたのだから、未希を自分から離れさせることは間違っていないと思っていた。でも俺はやはり間違っていた。未希は幸せになれずに俺のところへ戻ってきた。俺はただ未希を幸せにする責任を放棄していたのだと気づいた。自分の気持ちに素直になれていなかったとも気づいた。そして、別れる時に未希の気持ちを聞いて確かめるべきだったと思った」


「私は一緒に居たかった。自立した方が良いと言われて、しかたなく出て行ったのです。私の幸せを考えてのことだとは思いませんでした。それに出て行ってからは一度も会ってくれませんでした。私は心の支えを失ってとても寂しかった。お母さんを失ったお父さんの気持ちが分かります」


「未希が戻ってきてから、俺はどれほど自分のものにしたいと思ったことだろう。それを我慢して、未希とは一歩離れて付き合うようにしてきた。それは未希の気持ちを確かめたかったこともあるが、俺自身の気持ちを確かめるためでもあった」


「私の戻るところは山内さんのところしかありませんでした。やはり受け入れてくれて大事にしてもらいました。ようやくまた心を支えてくれる人のところへ戻れました。今は心がとても穏やかです」


「もう俺の気持ちは固まっている。それで未希の両親の前で未希の気持ちを確かめたい。未希、俺と結婚してほしい。俺は未希とずっと一緒にいたい。未希を幸せにしたいし、俺も幸せになりたい」


「私を守ると約束してください。そして私をどんなことがあっても、もう離さないと約束して下さい」


「未希を守ると約束する。もう絶対に未希を離さないし、離れないと約束する」


「山内さんは約束を守る人だから、結婚の申し込みをお受けします。私ももうそばを離れません」


「ありがとう」


未希が抱きついてくる。俺は未希を抱き締めた。キスをしてまた抱き合う。


どれくらい抱き合っていただろう。二人の気持ちが治まってきた時、離れたところから俺たちを見ている人が何人もいることに気づいた。それで急いでその場を離れた。


アパートに帰る途中、俺は沸き立つ欲望を感じていた。未希を抱きたい! 俺のものにしたい! 未希も同じ思いなのか、手を強く握ってくる。俺はそれに応えて手を強く握り返す。


俺の部屋に戻ってくると、未希は「無茶苦茶にして下さい」と抱きついて来た。俺は昔のように未希をやりたい放題に可愛がった。その間、未希は「無茶苦茶にして」と言いながら、ずっとしがみついて泣き続けていた。


その日、二人はベッドの上で愛し合うことをやめなかった。そして、疲れ果てて、抱き合って、死んだように朝まで眠り続けた。


朝、未希が俺を揺り起こした。6時だった。未希は目を覚ました俺をじっと見ている。こんな安らかな幸せそうな顔を見たことがなかった。俺もきっとそんな顔をしていただろう。


未希は微笑んでおでこをくっつけてキスしてくれた。そして「今日も夕飯を用意しておきます」と言って身繕いをして自分の部屋に戻って行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます