第11話 娘の荷物が届いた

日曜日の午後になってすぐに、引越し屋に引取りを頼んであった未希の荷物が届いた。机、椅子、本箱とダンボール10個だった。思っていたより多かった。


引越し屋には父親の携帯の番号を教えて、都合を聞いて荷物を引取るように頼んでおいた。そして届け先のここの住所は絶対に教えないように何度も念を押しておいた。


アルバイトを終えた未希がダンボールを開けて整理している。横目でそれを見ている。1個には本が入っている、教科書だ。1個は食器、1個はぬいぐるみと雑貨、衣類、高校の制服などで3個、あと1個には靴、スニーカーなど、アルバムが入っている箱もあった。


「未希の荷物はそれで全部か?」


「そう、全部を搔き集めてくれたみたい。衣類はお母さんのものも入っている」


「とりあえず整理して、しまうところがないものはそこに積んでおいたらいい」


「少しずつ整理しますが、時間がかかります」


「未希に整理ダンスを買ってやろう」


「アルバイト代で買います」


「いいから、あとで近くの家具屋に行こう。安いものにするけど、段ボールだと出し入れがしにくいだろう」


「大丈夫です」


「遠慮するな、同居させるには家具も必要だ。積んでおかれると邪魔になるから」


注文した整理ダンスがすぐに届いた。未希の荷物は整理ダンス、机、本箱に大方収まって、ほとんど整理ができた。残りはダンボール一つに片付いた。机と本箱は真ん中の部屋に、整理ダンスは一番奥のベッドのある部屋に俺のものと並べて置いた。丁度高さが同じだった。未希が本箱の教科書を整理している。


「未希、学校はどうするつもりだ?」


「もう行かないつもりです」


「勉強はしたくないのか?」


「お勉強は嫌いではなかったけど、成績はあまり良くなかった。でももう無理だから」


「そうか、なんとかしてやりたいけど、いい考えが思い浮かばないな」


「もう諦めています」


「高校中退じゃあ、これから困るぞ」


「コンビニでアルバイトくらいはできますから」


「それでいいのか?」


未希は頷いた。


「何とかならないものかな」


「私のことを心配してくれてありがとう」


今夜は終わってから、未希は眠る時に俺の腕を掴んでいる。どうしてか分からないが、しっかり掴んで眠っている。


親父さんに会ってから未希のことが気にかかっている。金を払ってではあるが、保護者を引き継いだのだから当然かもしれない。できることなら、なんとかしてやりたい。未希の手が気になってしばらく眠れなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます