リストラされる少女

作者 naka-motoo

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全12話

更新

  1. 第1話 クソみたいな世の中のクソみたいな輩達のクソみたいな駄々にわたしの人生が引き摺り回されてわたしは女子高生であることをやめざるを得なかった
  2. 第2話 轟音と雑音《ノイズ》と金属の歪む音とでわたしの気分はますます荒んでいくけど、わたしのせいだって決して言わないでね、死にたくなるから
  3. 第3話 ロックバンドであってそれからは程遠い彼ら・彼女らのルックスと演奏とに、わたしの脳は侵されてしまった
  4. 第4話 今時時給850円のバイトなんてどうかと思うけど、わたしにとっては身に余る厚待遇かもしれないから取り敢えず受けとこう
  5. 第5話 中学校というか学校そのものへあまり行きたくはないけど、社会人ぽい振りして行ってみるか、仕事だし
  6. 第6話 カーストってなんなんだよ、いつの間に日本はインドになったんだよ、ていうかインドでだってこんな訳のわかんない使い方してないだろ、クソが!
  7. 第7話 コスト、ってもんの本当の意味がわからないような子供は、せいぜいスクールカースト程度の世界でままごとでもしてりゃあいいんだよ!
  8. 第8話 人生におけるターニングポイントっていくつもあるけど、人様に言えるような恥ずかしくない決断したいもんだよね、お互いにね
  9. 第9話 音楽に殺されることってあるのかな? 随分昔にそんなようなタイトルの楽曲があったと記憶してはいるけど
  10. 第10話 カースト上位の中学生たちの人生が再開するうようにと願ってたわたし自身の人生はどうすればいいんだろうね?
  11. 第11話 カースト上位女子が来たから一旦身構えたけれども、この子もそれなりに悩んでるんだな、って感じだね
  12. 第12話 人生はいつかは終わるけれどもとりあえずは続くよ、まあ、やってこうよ