ヨゾラとひとつの空ゆけば

作者 帆多 丁

旅は道連れ

  • ★★ Very Good!!

 そんなありきたりな当レビューコメントの題名が、本作ではありきたりではなくなる。それどころか、この上なく大切な言葉になる。
 主人公もさることながら、良き相棒の立ち居振舞い、一挙一動から作者の寄せる愛情が強く伝わってくる。そのお陰か、私にまで体温や手触りが感じられそうだ。
 愛情と申さば、本作の舞台設計、特に一語一語吟味された独自の用語には感心した。己が想像力をルツボさながらに煮詰め続けたのだろう。一歩でも他にない作品を目指し続ける情熱、もって学ばねばならぬ。
 一語一語を追う度に、主人公達の足跡がしっかりと読者に刻まれていく良作である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,358