雲間の別鶴

作者 結城かおる

ぎっしりと詰め込まれている魅力

  • ★★★ Excellent!!!


三国志や水滸伝などで、メインストーリーとは別の挿話が描かれていることがしばしばある。この作品はそのような挿話のようで、この作品が組み込まれた作品を読んでみたい気持ちにさせられる。

それは作品世界、張り詰めた空気、新旧の愛憎、奇譚的なストーリーによって魅力的に仕上げられているから。

美しい描写で織られた不思議な世界を是非楽しんでいただきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湯煙さんの他のおすすめレビュー 325