残悔のリベラル -under the "in the sun"-

作者 睡蓮たしぎ

珠玉の言葉があふれる物語の奥にあるものは――

  • ★★★ Excellent!!!

 命すら消耗する世界。
 もはや、あり得ないとは言い切れない現実。

 類まれな言葉の響きが美しいからこそ、世界が抱えた矛盾が浮き彫りにされている。

 本当に不思議なことだけど、この物語そのものが矛盾を抱えている。


 語り手となる主人公【ホムラ】が連ねる珠玉の言葉たちの奥にあるものは、決して美しいものなんかではない。
 はじめは無機質な冷たさすら感じた物語が、気がつけばすぐ側に感じられるような矛盾。

 困ったことに、どんな結末が待っていようと、受け入れなくてはいけない気持ちにさせられている。

 きっと、そう思う読者は私だけではないはずだ。
 ぜひ、まだ読んでいない方も、騙されたと思って魅了されてほしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

世界が滅びて60年後の、全てを政府に管理された新たな世界。主人公である雪白ホムラは、「講義」に間に合うようにと朝の身支度を急いでいる。まだ若干二十一歳の彼女は、実は講義を受ける側ではなく行う側の人間… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

臓器提供させるためにつくられた子供たちと、彼らに最大限の人権をあたえるためにつくられた楽園、そして彼らをすこやかにそだてるという職業についているヒロイン。みっつの要素をならべただけでも、作中にうまれ… 続きを読む

笛吹ヒサコ。さんの他のおすすめレビュー 404