参加作品数

77

参加受付期間

  • 終了

企画内容

はい、今回はこういう企画を立ち上げます。

『とある一つの短いプロットを共有し色んな作家がお話を作ったら、きっと各々の文体の個性が見えてくる!』

どうですか、楽しそうですか?
他者の小説のワンシーンを別の作家が書くと、書いた人も書いて貰った人もその文体の違いに良い刺激を受けるという話を知り、今回プロット共有という形でやってみても面白そうだと思い付きました。

既にツイッターでは楽しそうだと参加表明くださった方が居られます!

先ずは今回使用するプロットをご覧下さいませ。

仮タイトル『とある夫婦のお茶漬けの話』
【 アキオは仕事が終わって家に帰ってきた。
 妻のミカが出迎える。

 ミカはおかえりの挨拶をしてから、何かして欲しいかをアキオに聞く。
 アキオは手早く食べられる物を用意してと答える。

 ミカは分かったと台所に行く。
 アキオはミカの顔を見た事で安心したけど、気が抜けた事で疲れが一気に出てきてしまう。

 アキオはゆっくりと歩いて、台所の手前のリビングまで進む。
 そして服装を少し楽な感じにしつつ、テーブルにつく。

 台所でミカが食べ物を支度する。アキオはその音を聞くと、気持ちが楽になった。

 ミカが台所からリビングに戻ってきた。お茶漬けを作ってきてくれていた。
 アキオは食べ易くて良いと喜ぶ。

 少しの間お茶漬けの見た目を愉しんでから、アキオは食べ始める。
 アキオがお茶漬けを食べる。その様子をミカはアキオの向かいに座って見ていた。
 幸せな空気が、二人を包んでいた。】

……どうですか? 各作家様の文体の個性が出易いように、プロット自体はありふれたワンシーン、という感じにしました。(ジャンルは現代ドラマを想定しています)

ルール
・今挙げたプロットの話の流れを踏襲した短編を書く

・発表する際のタイトルは各自自由に付けてOK

・話や登場する夫婦(アキオとミカ)の心情の流れを守っていれば地の文はお好きに変えてOK

・同様に、基本の流れを守っていればある程度文章を盛ってもOK

・台詞文は完全自由に付け加えてOK(この方がきっと話が作り易いと思いました)

・アキオの職業、アキオとミカの背景(どの都道府県生まれかなど)は奇抜になり過ぎない範囲で各自に設定してOK

・アキオとミカ以外に人物を実際に登場させるのはNG(ただし、二人の会話で上司や親などの存在を示唆するのはOK)

・お茶漬けの具材や味の設定は各自自由でOK

・長くても3000字以内には収める(短い分には幾ら短くても問題なし)

・この企画にエントリーする

・『文体見せ合い・お茶漬け』のタグを使用

・あくまで楽しい見せ合いなので、参加作品内で文体について優劣を付けるような発言は控える(これかなり重要)

・評価の星やレビューを目的とせず、欲しがりさんにならない

以上が想定しているルールです。

企画としての期限は9月3日(日)までにします。まあ夏だぜ! って事で。

それでは皆様のご参加をお待ちしております!

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「夏だよ 一つのプロットで文体見せ合いっこ!」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。

このイベントに参加する

このイベントの参加受付は終了しました。ありがとうございました。

主催者

自分の作品達の大きな特徴は、強き男と強き女の掛け合いかなと思っています。ハラハラドキドキワクワクと三拍子揃った展開を用意しているので皆様お楽しみ下さいませ! 作品紹介 サクラ・ラジカル…現代を舞…もっと見る

近況ノート

参加者 68