あの忘れえぬ悲しみをやわらかに包み込む犬と青年の眼差し。

 時は昭和。太平洋戦争がまだ遠い過去でなかった時代のお話です。

 主人公の次郎の友人、京子は被爆により十三歳の時から右足が不自由で動かず杖をついています。と、くれば悲劇のヒロインのようになるのかと思いきや、どっこい彼女は夏目漱石のいわゆる「強火」のファンで講師を泣かせてしまうほどの変わり者。

 誰もが少し敬遠してしまう彼女を、けれど次郎はどこか面白がり、そんな彼を京子も気に入っているようで、周囲からは恋人かと思われていたようですが、あくまで二人の関係は友人のまま。

 やがて京子の飼い犬ヘクトーを引き取ることになった次郎が河原に散歩に出掛けて出会ったのは——。

 原爆という重いテーマが根底にありながら、どこか漱石とも重なる人間嫌いな京子と彼女を見守る眼差しは温かく、辛い時代や出来事の前にも人の絆や想いの大切さを改めて感じさせてくれます。

 誰もが忘れえなかった広島のあの悲劇を、少し不思議な出来事と穏やかな筆致で包み込む優しく温かな物語でした。

その他のおすすめレビュー

橘 紀里さんの他のおすすめレビュー938