乱歩のまなざし

作者 飯田太朗

日常に溢れている「まなざし」でもありました。

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルの通り、江戸川乱歩をテーマにした卒論に挑む女子大学生の「私」。

大学生活を経験したことのないですけど、とても読みやすかったです。
語り手の「私」の性格のおかげでしょうか。もちろん、作者の描写力があってこそですけども。
「私」のあけすけな本音や、行動力、観察力といったものが、リアリティをもって綴られているので、作中で「私」が覗き見する乱歩の小説の登場人物を介して小説の世界を覗き見しているように、読者のわたしたちも、彼女の奮闘を覗き見しているような読書体験を与ええくれます。
「私」の奮闘ぶりを見守っているうちに、彼女が向き合う「まなざし」は、乱歩の小説の中だけでなく日常のどこにでも溢れていることに気がつくでしょう。

最後まで読み終わってから、イケメンの名木橋先生からアドバイスを与えられる前から、「乱歩のまなざし」は「私」のためにある課題だったのだと静かな驚きとともに気がつかされました。

江戸川乱歩が好きな人はもちろん、名前だけしか知らないという人も、ぜひ読んでほしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

【物語は】
大学三年となり、主人公がスーツを必要とするところから始まっていく。その中で、主人公がスカートを好まないことや、少しおっとりした性格であることが分かって来る。友人とのやり取りの中では、少し… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

江戸川乱歩という作家を心理学的な視点で研究したら、いったい何が見えるのか。
この一見ミスマッチとも思えるテーマで卒論を書くことになった女子大生のお話です。

キーワードは、タイトルにもある『まなざし… 続きを読む

笛吹ヒサコさんの他のおすすめレビュー 562