私と溝口君

作者 吉野奈津希(えのき)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全101話

更新

  1. ピグマリオン効果
  2. 代わりの痛み
  3. うすもやのなか、にげる
  4. 食べていいのに
  5. あなたのことがわからない
  6. あなたの今いる場所
  7. あなたの明日
  8. 夜の警告
  9. 普通の溝口君
  10. 火の用心
  11. 優しさの英雄
  12. 目覚めるまでの深呼吸
  13. 残像の彼
  14. 微睡みの合間に
  15. 悲しみ眼鏡
  16. 愛を食べる人
  17. 忘れていいのに
  18. マスクの下
  19. 彼の手
  20. 仮面
  21. 殴り愛コミュニケーション
  22. 溢れそうな憎しみ
  23. 迷宵道
  24. こぼれ落ちる
  25. 図書室日誌
  26. 私は離さない
  27. 歪みの修正
  28. 何も出来ない
  29. 世界の中心
  30. ヤドカリプス
  31. マリオネッツ
  32. ドッペル溝口君
  33. 優先順位
  34. 船守幽霊
  35. 優しさの彼岸
  36. コピーアンドペースト
  37. 魔女の家
  38. 寄り道もせずにまっすぐに
  39. そして私は話し出す
  40. レイニーハミング
  41. コンティニュー繭夢
  42. きっとあなたのためでもなくて
  43. 人を傷つけてはいけません
  44. 私の言葉は嘘ばかり
  45. 天地創造美術部私
  46. めちゃめちゃ死語めちゃめちゃ遺憾
  47. 辻褄合わせ
  48. 交換シンドローム
  49. 神様になんてならないで
  50. not invisible.
  51. 判定できないダイアログ
  52. 信じる規制中
  53. スケープゴートにもなりきれない
  54. プロット通りにならなくて
  55. 後世に残るかもしれない豚バラ六百グラム
  56. 食事の時間
  57. 透明なんかじゃない私たち
  58. 孤独と痛み
  59. ドリルホールインユアハート
  60. それは私のための繋がりなのに
  61. 幸福申請、あるいは道のりの話
  62. だって言葉は暴力だから
  63. おままごとみたいなものかもしれないけれど
  64. 半歩だけでも踏み出して
  65. ボタンを押す
  66. 同じ世界を見れたなら
  67. バイバイ感情
  68. 君をわかるよ、なんて嘘だけど
  69. たわいなくてかけがえのない日々
  70. 煌めく記憶にならないで
  71. 夢の隔たり
  72. 秘める想いは花よりも
  73. 最後まで走った夢リレー
  74. 願う未来は
  75. 川沿い散策日和
  76. 約240ページの永遠
  77. 「ごちそうさま」と君が言う。
  78. 祭りの後
  79. 継続
  80. せめて世界が終わるまで
  81. 白昼夢旅行記
  82. 誰かが色を奪っても
  83. ソーシャルディスタンス背後霊
  84. 世界の端から降りたなら
  85. 差し出すだけが全てじゃない
  86. 阻むものがあるとして
  87. 砂の世界に記憶を埋めて
  88. 正しさだけじゃ届かない
  89. どうせ中身はこんなもの
  90. 例えば君との昼下がり
  91. 世界の終わりを君と歩く
  92. たとえ貴方が欠片でも
  93. さよならも言わないで
  94. 校庭の少年
  95. 夜道を歩く、一人と一人で
  96. 忘れないようにしたいけど
  97. 離れられない痛みと私たち
  98. 誰かの夢の終わりに
  99. 何処までも続く《瞳》で見える世界
  100. 【           】
  101. あとがきにもならないプロローグ