さわる

作者 呉 那須

うーんと、作者さんってダリ好きなの?(すっとぼけ)

  • Good!

 これは……難しい作品が企画に参戦されるとは思いませんでした。困惑を隠せません。
 禁止事項に触れていないのでセーフなんですけど、あまりに曖昧のため感想が思いつきません。
 
 文体に既視感を抱いたのですが、どうやら「私たちの踊り場でまた会おうね」の作者さんでしたか。
「踊り場で」の出来が良かっただけに(単に好みだった?)、「さわる」の漠然としたスタイルに戸惑っています。
 どちらも摩訶不思議な世界観なのですが「踊り場で」は奇抜さを日常に組み込んでいるからまだ脳みそが不条理を処理できました。
 「さわり」は……ごめんなさい。どんな作品でここがアピールポイントだと説明できません。だから自分は「わからない」以外の感想が思いつかないのです。せめて感情が伝わっていれば……。

 近況ノートにはテーマ性の強い作品と書いていました。出目金小僧や一つ目小僧を通して作者は何を伝えたかったのか? 自分にはいくら考えてもわかりませんでした。
 もしこのレビューを読んでくださるひとがいるのなら、自分の代わりに魅力を見つけ出してほしいのです。たとえ作者の用意していた回答と違っていても、真剣に向き合ってくれたあなたを作者は責めることはないでしょう。
 お願いします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

八幡西県研究室 さんの他のおすすめレビュー 818