さわる

作者 呉 那須

意味深長・奇々怪々。理解が容易ならざるは超自然であるが故か

  • ★★★ Excellent!!!

不気味なストーリーであり、なおかつ、どこかメタファーを感じさせたりもする深い闇に包まれた物語。
題名にいたってもなかなかに意味深長で、決して子供騙しのお化け屋敷的ホラーではない。

もはやホラーというより、シュルレアリスム的な奇想天外さに読者は圧倒される。
それらの描写には無駄がなく、しっかりと読み手は自身の中で想像・映像化出来るにもかかわらず、理解は容易でない。
その点にこそ、奇々怪々たる響きがあり、ピカソの『ゲルニカ』の如き静かなる叫びを感じさせられる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾波 宗水さんの他のおすすめレビュー 144