さわる

作者 呉 那須

色々な人に読ませて各々の解釈を聞いてみたい

  • ★★★ Excellent!!!

一回読んで、「うん?」と首を傾げ、
さながら読者が反復横跳びでもしているかの如く繰り返し熟読することで
見えてくる何かがある……と、実感しました。

最初はこういう意味合いかなぁと思いつつ読み進めていたら、
それをあざ笑うかのように魚ではない魚が投入されたり、良い意味で予想を裏切られたり。
多面的に読み込める小説であります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

来星馬玲さんの他のおすすめレビュー 11