いつの日か、あなたの帰りを

作者 ささはらゆき

物言わぬ雄弁の哀切

  • ★★★ Excellent!!!

遠い主人をひたすらに待つ、機械のお話。
元はただのルーチンから始まったものだとしても、与えられた命令を全うし続けているだけなのだとしても、時を経て、其処に佇み続けようとする健気さの存在を、否定することはできない。

瞑目しよう、豊かな実りの夢に眠る蜘蛛のために。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

神代 恭子さんの他のおすすめレビュー 26