いつの日か、あなたの帰りを

作者 ささはらゆき

10分ほどの心地よい物語を

  • ★★★ Excellent!!!

主人の帰りを待っている使用人の話です。
読み進めていくうちにこの使用人は人ではないのではないかと自然と考えさせられてしまいます。

しかし、予想した姿とは全く違うことに読み終えたあと理解させられました。

語り手の切替や切ない余韻は好みが分かれると思いますが宝箱にしまわれた綺麗な物語だと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

二村 三さんの他のおすすめレビュー 9