あなたが見た情景

作者 ななくさつゆり

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全292話

更新

  1. 情景01【白雲】
  2. 情景02【夏空の下】
  3. 情景03【白い部屋にもたれかかる少女】
  4. 情景04【晴れゆく眼下の街】
  5. 情景05【朝、鏡の前に立つ男】
  6. 情景06【待合い】
  7. 情景07【朝焼け。橋が見えてくる】
  8. 情景08【風ひかる橋の上】
  9. 情景09【共依存体質】
  10. 情景10【カフェの壁を飾るもの】
  11. 情景11【教室の片隅で】
  12. 情景12【彼は太陽を背負っていた】
  13. 情景13【外へ誘う風】
  14. 情景14【彼はベンチに腰掛けたまま】
  15. 情景15【空を見てから、頬をつく】
  16. 情景16【黒耀・前編】
  17. 情景17【黒耀・後編】
  18. 情景18【耳をつく北風】
  19. 情景19【記憶のうるおい。祖母のこと】
  20. 情景20【記憶のうるおい。家と土地】
  21. 情景21【片隅に佇む店】
  22. 情景22【狭間の時間帯】
  23. 情景23【休日の朝を思う】
  24. 情景24【午前中の住宅街】
  25. 情景25【掃除機】
  26. 情景26【雨音を拾う】
  27. 情景27【遥か空の向こう】
  28. 情景28【空を見ずに空を知る】
  29. 情景29【春のきざし】
  30. 情景30【朝凪】
  31. 情景31【記憶のうるおい。学び舎のこと】
  32. 情景32【記憶のうるおい。放課後のこと】
  33. 情景33【晴れの国の雪】
  34. 情景34【紙障子の向こう】
  35. 情景35【車窓。夕の家並み】
  36. 情景36【車窓。薄い橙色の膜】
  37. 情景37【車窓。指で撫でる距離】
  38. 情景38【記憶のうるおい。星を指す】
  39. 情景39【帰路の天気雨】
  40. 情景40【夕立】
  41. 情景41【霧雨。】
  42. 情景42【オルタンシア】
  43. 情景43【早春】
  44. 情景44【記憶のうるおい。公園のこと】
  45. 情景45【記憶のうるおい。ひらけた代わりに】
  46. 情景46【人工の木漏れ灯】
  47. 情景47【枕元のスマートフォン】
  48. 情景48【女子には支度があるから】
  49. 情景49【送り雪・前編】
  50. 情景50【送り雪・後編】
  51. 情景51【降車駅とピアノ】
  52. 情景52【陽だまりとピアノ】
  53. 情景53【野良のピアノ弾きたち】
  54. 情景54【虹、出たかな】
  55. 情景55【半ドン】
  56. 情景56【ひとりで過ごす昼時】
  57. 情景57【足元を横切るそれは】
  58. 情景58【ふてぶてしい猫】
  59. 情景59【日の色】
  60. 情景60【狐の瞳】
  61. 情景61【「聴きたい」と「浴びたい」のあいだ】
  62. 情景62【「聴こえない」と「聴こえる」のあいだ】
  63. 情景63【乾いた記憶。野晒しの部屋】
  64. 情景64【思考を止めた先は】
  65. 情景65【記憶のうるおい。祖父のこと】
  66. 情景66【後ろ髪を引く夢】
  67. 情景67【朝の支度】
  68. 情景68【春のそよ風。花のこだま】
  69. 情景69【後ろの席から】
  70. 情景70【砂煙と風】
  71. 情景71【碧海の底】
  72. 情景72【薄く伸びる雲の筋】
  73. 情景73【雲上をゆく】
  74. 情景74【土と草の道】
  75. 情景75【初夏。陽光と青嵐】
  76. 情景76【またたく間の影】
  77. 情景77【記憶のうるおい。無言で佇む我が家】
  78. 情景78【記憶のうるおい。はじめての料理】
  79. 情景79【記憶のうるおい。ラーメンは父の得意技】
  80. 情景80【朝の気忙しさ】
  81. 情景81【雪の窓】
  82. 情景82【雪明かり】
  83. 情景83【薄暮れ】
  84. 情景84【外の喧騒】
  85. 情景85【本の匂い】
  86. 情景86【夜陰の風】
  87. 情景87【湿気ったアスファルト】
  88. 情景88【光明の中で塵を掴む】
  89. 情景89【カランッて音】
  90. 情景90【男子ってやつか】
  91. 情景91【かさなる雲】
  92. 情景92【天井にある黒い点】
  93. 情景93【昨夜の雨のあと】
  94. 情景94【豪雨の音】
  95. 情景95【雲ってやつは】
  96. 情景96【夕陽の切れ目】
  97. 情景97【半透明でおぼろげな】
  98. 情景98【そういえば夏だった】
  99. 情景99【静かな白い部屋】
  100. 情景100【晴れていく】
  101. 情景101【空港のカーテンウォール】
  102. 情景102【後ろの同級生男子】
  103. 情景103【後ろの同級生女子】
  104. 情景104【夕陽と影】
  105. 情景105【夏の音。鳴き声】
  106. 情景106【夏の匂い。道端の】
  107. 情景107【休みの日にここあを淹れよう】
  108. 情景108【帰りを待つ人の光】
  109. 情景109【二個のマグカップ】
  110. 情景110【夕の海でふたり。海を見に来た】
  111. 情景111【夕の海でふたり。空と海と砂と匂い】
  112. 情景112【夕の海でふたり。私の背中を押して】
  113. 情景113【夕の海でふたり。半端な距離感、無言の背中】
  114. 情景114【夕の海でふたり。風が背中を押してくれる】
  115. 情景115【夏の凪】
  116. 情景116【夜の底を歩く】
  117. 情景117【記憶のうるおい。ラーメン屋夜話】
  118. 情景118【迎え火】
  119. 情景119【送り火】
  120. 情景120【夏野。風の踊り場】
  121. 情景121【草莽と夏風】
  122. 情景122【袖を笠にして】
  123. 情景123【夏夜に伸びる白線の光】
  124. 情景124【青空に浮かぶ月】
  125. 情景125【カラン、カランと鳴る】
  126. 情景126【空を切る高速船】
  127. 情景127【昼日中、田舎の匂い】
  128. 情景128【田舎の夕景】
  129. 情景129【デートのあと】
  130. 情景130【お化け屋敷デート・前編】
  131. 情景131【お化け屋敷デート・後編】
  132. 情景132【松風。或る寺を訪ねて】
  133. 情景133【光の溜まる場所】
  134. 情景134【朝の支度。土曜日出勤】
  135. 情景135【機上をゆく路】
  136. 情景136【異郷、天の鏡】
  137. 情景137【お化け屋敷のあと。なにその喋り方】
  138. 情景138【お化け屋敷のあと。二時間前は幽霊】
  139. 情景139【目覚まし風時計】
  140. 情景140【廃線跡を通る】
  141. 情景141【この子は笑いの沸点が低い】
  142. 情景142【掃く音。澄み切る朝のこと】
  143. 情景143【張り詰める姿への羨み】
  144. 情景144【夕の県道をゆく】
  145. 情景145【日曜日のココア。日曜日の朝】
  146. 情景146【日曜日のココア。秘密は抱えるもの】
  147. 情景147【鳴り止まない音】
  148. 情景148【リンゴをひとくち】
  149. 情景149【せめてまだもうちょっとくらい】
  150. 情景150【一歩先が遠かった】
  151. 情景151【雨風と軋む窓】
  152. 情景152【陽が昇る前の雪山】
  153. 情景153【暁に赤狼を見た】
  154. 情景154【肌をさすって、袖を通して】
  155. 情景155【月明りのさやけさ】
  156. 情景156【死者はそこにいる】
  157. 情景157【飛行船と見張り台】
  158. 情景158【夜景、見晴らし】
  159. 情景159【季節は移りゆく】
  160. 情景160【部屋の片隅で、静かに明滅する】
  161. 情景161【一本の煙草、湿った吸い口】
  162. 情景162【坪庭に降る寂光】
  163. 情景163【行き交う歩廊でゆったりと待つ】
  164. 情景164【風に混じる郷愁】
  165. 情景165【冬の夜空は透いて高い】
  166. 情景166【金網の向こうのピッチ】
  167. 情景167【口元に添えたとき】
  168. 情景168【寒いけど漕ぐ。連なって漕ぐ。】
  169. 情景169【その返事、わりと好き】
  170. 情景170【今日もまた、こうして過ごしてる】
  171. 情景171【あいつの匂い】
  172. 情景172【看病する兄】
  173. 情景173【木枯らしが掃く】
  174. 情景174【晩秋、瞬く間に夜】
  175. 情景175【キミのそっと吐く息は】
  176. 情景176【紅茶と静かな時間】
  177. 情景177【雲が速い】
  178. 情景178【彼は私よりも——・前編】
  179. 情景179【彼は私よりも——・中編】
  180. 情景180【彼は私よりも——・後編】
  181. 情景181【田舎の夜の帳】
  182. 情景182【師走のささやかなこと】
  183. 情景183【師走のささやかなこと・午前】
  184. 情景184【此の稿を】
  185. 情景185【ちょっと肘を曲げて】
  186. 情景186【すでにもう帰りたい】
  187. 情景187【冬、玄関を開けたら】
  188. 情景188【居間の石油ストーブ】
  189. 情景189【大濠公園】
  190. 情景190【氷の張る上に】
  191. 情景191【ジングル・レール】
  192. 情景192【十二月二五日の長男】
  193. 情景193【格子窓を開ける】
  194. 情景194【朝、土鍋で炊飯】
  195. 情景195【ささめく雨】
  196. 情景196【疲れに引きずられ】
  197. 情景197【篠突く雨の夜】
  198. 情景198【篝火と除夜の鐘】
  199. 情景199【元日の風気】
  200. 情景200【時津風、晴れた先】
  201. 情景201【雪上に響く音】
  202. 情景202【湯けむりに夜風】
  203. 情景203【夜十一時の静かな居間】
  204. 情景204【朝の里雪】
  205. 情景205【去るひと・前編】
  206. 情景206【去るひと・後編】
  207. 情景207【一月の縦長な思い出】
  208. 情景208【しぶきが触れる】
  209. 情景209【テレワーク余話】
  210. 情景210【ハイドアウト】
  211. 情景211【お昼どきのちょっと前】
  212. 情景212【記憶のうるおい。居室の古び】
  213. 情景213【珈琲、飲むかい。】
  214. 情景214【夕の座敷】
  215. 情景215【未明に灯る斜光】
  216. 情景216【教室の窓際の席】
  217. 情景217【仕事あがりの帰り道に】
  218. 情景218【スマホ画面。ふとしたときに】
  219. 情景219【春にはまだはやい】
  220. 情景220【遠出と葛根湯】
  221. 情景221【風の変遷】
  222. 情景222【待ち合わせ】
  223. 情景223【山間の道】
  224. 情景224【吸いついて消える白】
  225. 情景225【水の都】
  226. 情景226【テレワーク余話、追記】
  227. 情景227【春隣のうつろい】
  228. 情景228【虫は知らせない】
  229. 情景229【陽だまりを纏うように】
  230. 情景230【花粉症ではない】
  231. 情景231【川を遡って】
  232. 情景232【病室とラケット】
  233. 情景233【道ひとつ挟んだ向こう】
  234. 情景234【乳白色のレンガ】
  235. 情景235【早春の小昼】
  236. 情景236【けだるい静けさ】
  237. 情景237【バイトと桜雨】
  238. 情景238【雨中のキノコ】
  239. 情景239【風車村の朝支度】
  240. 情景240【風車村で音を聴いて】
  241. 情景241【ひだまり公園】
  242. 情景242【休日と浅緑の葉】
  243. 情景243【霧雨の日】
  244. 情景244【渇いた指に水滴を】
  245. 情景245【二度寝の朝】
  246. 情景246【土曜日のお昼】
  247. 情景247【海沿いの宿】
  248. 情景248【海風にふれて書きふける】
  249. 情景249【耽ったあとに】
  250. 情景250【背が高い雲】
  251. 情景251【朝月夜のホーム】
  252. 情景252【春に飛んでいく白】
  253. 情景253【たまたま居るかもしれない】
  254. 情景254【追いついてくれた日】
  255. 情景255【連休のはじめは雨】
  256. 情景256【風の出どころ】
  257. 情景257【海に碧を溶かした】
  258. 情景258【町の中華屋さん】
  259. 情景259【朝の感度】
  260. 情景260【微睡みながら進みゆく】
  261. 情景261【威勢よく登校】
  262. 情景262【シュパァっと走る】
  263. 情景263【夏の使い】
  264. 情景264【気安い時間帯】
  265. 情景265【夏が来たと思った】
  266. 情景266【四文字指令】
  267. 情景267【バイトと自動ドア】
  268. 情景268【離れたのか、追わないのか】
  269. 情景269【休日の朝、ほぐれていく】
  270. 情景270【横並びの傘】
  271. 情景271【傘をたたんで】
  272. 情景272【西日のなか】
  273. 情景273【鳥居に右手】
  274. 情景274【夏と帯とわんぱく坊主】
  275. 情景275【天境線】
  276. 情景276【空気の境目】
  277. 情景277【土曜日の匂い】
  278. 情景278【見慣れた景色。見慣れない景色】
  279. 情景279【夏の麦畑】
  280. 情景280【カマキリの目】
  281. 情景281【休日を知らせるもの】
  282. 情景282【お弁当屋さんと注文のこと】
  283. 情景283【雨上がり。なんぼかマシ】
  284. 情景284【湯けむりと夕の陽】
  285. 情景285【夏夜の灯り】
  286. 情景286【雨音を聴いた】
  287. 情景287【朝、黙想】
  288. 情景288【人差し指と中指にだけ】
  289. 情景289【自惚れと自省。それでも】
  290. 情景290【夏の音】
  291. 情景291【朝、起きようと】
  292. 情景292【朝の体育館】