神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

「神の悪意」とは一体何か?

  • ★★ Very Good!!

最初は、エキセントリックなタイトルかと思われるかも知れません。

だが、プロローグが終わり最初に綴られるのは牧歌的な田舎での生活です。
もちろんファンタジー世界なので、単純に鄙びている、というものでは無く、どちらかというと童話のような雰囲気を漂わせ始めます。

しかし、そのまま読み進めれば牧歌的な雰囲気はそのままに、文章の間から剣呑な雰囲気を漂わせ始めていることに気付くことになるでしょう。

そして世界の理をより深く知るであろうキャラクターほど、その危険に対して敏感で、牧歌的な雰囲気が真実ではないこと否が応でも理解していくことになります。

そして「神の悪意」についても語られることになります。

……ですが、本当にそれが真実でしょうか?

そんな得体の知れない「神の悪意」と向き合うマルコ。
そのさだめを――何と説明すれば良いのでしょうか。

その“関係性”にも作者の深謀が垣間見えるではありませんか。

外国のファンタジーにも似た、骨太の世界観。
お勧めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

神の善意の石と悪意の石が主軸となった物語。主人公のマルコは神の善意の石グリーによって、魔術師アルに召喚されこの世界に来ます。この世界には神の悪意の石、マリスも存在し、それが世界に様々な悪影響を及ぼし… 続きを読む

司弐紘さんの他のおすすめレビュー 12