神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

漂う正統派ファンタジーの香りをお愉しみ下さい

  • ★★★ Excellent!!!

22話、第一章まで読了。
物語や出てくるアイテムのモチーフなどに昔ながらのファンタジーが潜んでいます。
飄々とした魔法使いの青年に導かれ、謎多き少年であるマルコが『ある物』を運ぶ旅に出る……とこれだけでわかる人には堪らないでしょう。特に魔法の扱い、描写が慎重に控えめになされているのが古典風味です。
それでいてキャラクターは主人公のちょっとトボけた雰囲気や、魔法使いアルのわりと軽い性格など馴染みあるテイストです。それと主人公意外に強い! 笑

古典と現代のファンタジーを織り交ぜた物語、一度手にとってみてはいかがでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

しびれくらげさんの他のおすすめレビュー 80