神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

壮大な異世界冒険ファンタジー!

  • ★★★ Excellent!!!

 神の善意、神の悪意と呼ばれる二つの石が主軸の、壮大な世界観のファンタジー。

 独自性のある世界観ですが、無駄のない文章で描写される戦闘や日常シーンのおかげで、あっという間に魅せられてしまいます。特に自分は特訓シーンや儀式の描写が好きでした。
 伏線の張り方や回収も上手いため、読み終わった後に強い感動を覚えることでしょう。
 これから物語がどのように動いていくのか、主人公の成長は、二つの石は……続きがとても楽しみな作品です。

 今までファンタジーに触れたことのない人にもおススメです。

 是非、読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

群像劇フェチ(末下浩志)さんの他のおすすめレビュー 35